Oracle WebLogic Server 12c:アプリケーションのデプロイとアンデプロイ

<このテキストを削除しないでください。これは、ブラウザ実行時に生成される"主要"なトピック一覧のプレースホルダです。>

目的

このチュートリアルでは、Oracle WebLogic Server 12cの管理コンソールを使用して、Java Enterprise EditionのWebアプリケーションをデプロイする方法について説明します。

所要時間

約20分

概要

Java Webアプリケーションは、その他のJava Enterprise Editionアプリケーションと同じように、アーカイブ・ファイルとしてアプリケーション・サーバーにデプロイできます。 Webアプリケーションのアーカイブには、.war拡張子が使用されます。

このチュートリアルでは、Oracle WebLogic Server 12c(12.1.1)の管理コンソールを使用して、 Java Enterprise Editionの簡単なWebアプリケーションをデプロイする方法について説明します。 また、アプリケーションの開始方法と実行方法を紹介します。 さらに、更新バージョンのアプリケーションを再デプロイする方法とアプリケーションをアンデプロイする方法について説明します。

ソフトウェア要件

ソフトウェア要件は、以下のとおりです。

前提条件

このチュートリアルを始める前に、Oracle by ExampleチュートリアルのOracle WebLogic Server 12c: Installing WebLogic Server and Creating a DomainOracle WebLogic Server 12c:管理対象サーバーの構成を完了している必要があります。

アプリケーションのデプロイと開始

管理コンソールを使用してJava Webアプリケーションをデプロイし、開始するには、以下の手順を実行します。

.

WebLogic Serverのドメインとサーバーが配置されたマシン上にbenefits.warファイルをダウンロードします。 これは、サンプルとしてデプロイするためのJava Webアプリケーションのアーカイブです。

 

.

ドメインの管理サーバーがまだ稼働していない場合、これを起動する必要があります。 ターミナル・ウィンドウでドメイン・ディレクトリに移動し、次のコマンドを入力します。

$ ./startWebLogic.sh

 

ユーザー名パスワードの入力を求められたら、ドメイン管理者の資格証明を入力します。

 

.

管理対象サーバーdizzy1も実行中である必要があります。 まだ稼働していない場合は、これを起動します。 別のターミナル・ウィンドウでドメイン・ディレクトリに移動し、cdからbinサブディレクトリに移動します。 次のコマンドを入力します。

$ ./startManagedWebLogic.sh dizzy1 http://host01.example.com:8001

これによって、管理対象サーバーdizzy1の起動スクリプトが実行されます。 ドメインの管理サーバーを示す次のURLが引数として渡されている点に注意してください。
http://host01.example.com:8001.

注:使用するドメイン内の管理サーバーに対するホスト名とポートで置き換えてください。

 

ユーザー名パスワードの入力を求められたら、ドメイン管理者の資格証明を入力します。

 

.

サーバーが実行中になったら、WebLogic Server管理コンソールにアクセスします。 Webブラウザを開いてドメインの管理コンソールのURLを入力します。
http://hostname:port/console

このチュートリアルでは、http://host01.example.com:8001/consoleが使用されます。

注:使用するドメイン内の管理サーバーに対するホスト名とポートで置き換えてください。

Welcome画面で、サーバー起動時に入力したユーザー名パスワードを使用してログインします。

 

.

アプリケーションのデプロイはドメイン構成の変更になるため、まず構成をロックする必要があります。 Change Centerで、「Lock & Edit」ボタンをクリックします。

 

.

Domain Structureセクションで、「Deployments」をクリックします。

 

.

右側のDeploymentsセクションで、「Install」ボタンをクリックします。

 

.

Current Locationフィールドを探します。 このリンクを使用して、ダウンロードしたbenefits.warファイルの置かれた場所を参照します。 benefits.warの横にラジオ・ボタンが表示されたら、 これを選択します。 リンクとラジオ・ボタンを使用すると、コンソールによってPathフィールドが自動的に入力されます。

または、手動でPathフィールドにパスとファイル名を入力することもできます。

Next」をクリックします。

 

.

次の画面でInstall this deployment as an applicationが選択されていることを確認します。

Next」をクリックします。

 

.

次の画面で「dizzy1」を選択します。

Next」をクリックします。

 

.

次の画面ですべてのデフォルト値をそのままにして、「Next」をクリックします。

 

.

次の画面で「No, I will review the configuration later.」を選択し、「Finish」をクリックします。

 

.

デプロイメントが完了しており、変更を有効化する必要があるというメッセージが表示されています。 また、Deployments表にbenefitsアプリケーションが表示されていることを確認します。

 

.

Change Centerで、「Activate Changes」ボタンをクリックします。

 

.

変更が有効化されたことを示すメッセージが表示されます。 また、Deployments表に表示されたbenefitsアプリケーションの状態が"Prepared"になっていることを確認します。

 

.

Deployments表で、benefitsアプリケーションの左側にあるチェック・ボックスを選択します。 Startドロップダウン・リストを使用して、「Servicing all requests」を選択します。

 

.

Yes」をクリックして処理を続行します。

 

.

開始リクエストが送信されたことを示すメッセージが表示されます。 すぐに、benefitsアプリケーションのState欄が"Active"に変わります。 これによって、サーバーにアクセスできるユーザーからアプリケーションが使用できることが分かります。

 

アプリケーションのテスト

新しくデプロイしたWebアプリケーションをテストするには、以下の手順を実行します。

.

別のWebブラウザで管理対象サーバーdizzy1のホスト名とポートを入力し、最後に/benefitsを付加します。

このチュートリアルで使用されたURLは、
http://host01.example.com:8003/benefitsです。

 

.

1つ以上のチェック・ボックスを選択し、「Get Information」ボタンをクリックします。

 

.

Back to Home Page」リンクをクリックします。

 

アプリケーションの更新

デプロイしたWebアプリケーションを新しいバージョンで更新するには、以下の手順を実行します。

.

更新バージョンのWebアプリケーションが含まれたbenefits2.warファイルをダウンロードします。 Webアプリケーションのデプロイメント・ディスクリプタが変更されているため、アプリケーションへのアクセスに異なるコンテキスト・ルート(パス)が使用されます。

ダウンロードが完了したら、benefits2.warの名前をbenefits.warに変更し、benefits.warファイルをこの新しいファイルで置き換えます。

 

.

管理コンソールのDeploymentsページに戻ります。

必要に応じて、Change Centerで「Lock & Edit」ボタンをクリックします。

Deployments表で、benefitsアプリケーションの左側にあるチェック・ボックスを選択します。

Update」ボタンをクリックします。

 

.

次の画面で「Finish」ボタンをクリックします。

 

.

Change Centerで、「Activate Changes」ボタンをクリックします。

 

.

別のWebブラウザで管理対象サーバーdizzy1のホスト名とポートを入力します(URLの末尾に/benefitsを付加しないでください)。

この例で使用したURLは、以下のとおりです。
http://host01.example.com:8003

新しいバージョンのbenefitsアプリケーションでは、コンテキスト・ルートが以前のバージョンのbenefitsから/に変わっています。 言い換えると、benefitsアプリケーションがdizzy1サーバーのデフォルト・アプリケーションになっています。

 

アプリケーションのアンデプロイ

アプリケーションのアンデプロイとは、アプリケーションを停止した後で、デプロイ先のサーバー構成からアプリケーションを削除することを意味します。 アプリケーションのアーカイブ・ファイル自体を削除する必要はありません。

Webアプリケーションをアンデプロイするには、以下の手順を実行します。

.

管理コンソールのDeploymentsページに戻ります。

Deployments表で、benefitsアプリケーションの左側にあるチェック・ボックスを選択します。 Stopドロップダウン・リストを使用して、「Force Stop Now」を選択します。

 

.

Yes」をクリックして処理を続行します。

 

.

benefitsアプリケーションが停止され、利用できない状態になっています。 WebブラウザにアプリケーションのURLを入力すると、サーバーから404エラーが返されます。

注:Webブラウザにはページがキャッシュされている場合があります。 benefitsアプリケーションが表示される場合は、Webブラウザの更新ボタンをクリックしてください。

 

.

管理コンソールのDeploymentsページに戻ります。

必要に応じて、Change Centerで「Lock & Edit」ボタンをクリックします。

Deployments表で、benefitsアプリケーションの左側にあるチェック・ボックスを選択します。

Delete」ボタンをクリックします。

 

.

Yes」をクリックして処理を続行します。

 

.

デプロイメントが削除されており、変更を有効化する必要があるというメッセージが表示されます。 Change Centerで、「Activate Changes」ボタンをクリックします。

 

benefitsアプリケーションがドメイン構成から削除されました。 ただし、アーカイブ・ファイルは残っているため、アプリケーションを再デプロイすることができます。

 

まとめ

このチュートリアルで学習した内容は、次のとおりです。

関連情報

著者

Hardware and Software Engineered to Work Together Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved