Oracle Hyperion Smart View, Fusion Edition Release 11.1.2における重複メンバー名の表示

<このテキストを削除しないでください。これは、ブラウザ実行時に生成される"主要"なトピック一覧のプレースホルダです。>

目的

このチュートリアルでは、Smart Viewで重複メンバー名を表示する方法を説明します。

所要時間

約20分

概要

Oracle Essbaseでは、重複メンバー名をキューブ・アウトラインに含めて、Smart Viewユーザーがレポートに表示させることができるため、スプレッドシート分析での現実度が増します。 このチュートリアルでは、Smart Viewで完全修飾メンバー名を表示する方法を説明します。

シナリオ

BigcorpのSalesキューブには、Customerディメンションに重複メンバー名が含まれているため、OEMチャネルとRetailチャネルの両方で同じ企業名が表示される場合があります。 Smart Viewユーザーとして、これら両方のチャネルに属する企業の完全修飾名を表示する方法を学びます。 また、Smart ViewによってSalesキューブ内のすべての重複メンバーの修飾名を表示する方法を学びます。

ソフトウェアおよびハードウェア要件

ソフトウェア要件は、以下のとおりです。

前提条件

このチュートリアルを始める前に以下のことを確認してください。

.

Smart Viewにアクセスできるか、またはインストール済みであること。

.

重複名を含むEssbaseデータベースにアクセスできること。

.

重複名を含むSmart Viewレポートを作成できること。

.

ユーザーのSmart ViewレポートからEssbaseデータベースへのアクティブ接続があること。

.

Smart Viewオプションで、メンバー名表示がMember Name Onlyであること。

修飾メンバー名の表示

単一のメンバーの修飾名を表示するには、以下の手順を実行します。

.

メンバー名を含むセルを選択します。

 

.

メンバー名を右クリックし、「Smart View」を選択してから View Qualified Name」を選択します。

ダイアログ・ボックスに修飾メンバー名が表示されます。


.

OK」をクリックして、レポートに戻ります。

 

すべての重複メンバーの修飾名の表示

レポートのすべての重複メンバーの修飾名を表示するには、以下の手順を実行します。

.

Smart View」を選択し、「Options」、そして「Member Options」を選択します。

Options ダイアログ・ボックスが表示されます。

 

.

Generalセクションで、Member Name Displayドロップダウン・リストから「Distinct Member Name Only」を選択します。


Member Name DisplayオプションがDistinct Member Name Onlyに設定されます。


.

OK」をクリックして、レポートに戻ります。

注: オプション表示への変更は、レポートをリフレッシュする際に適用されます。

 

.

Smart Viewツールバーで、「Refresh」をクリックします。

 

.

レポートのすべての重複メンバーの修飾名が表示されます。

 

まとめ

このチュートリアルで学習した内容は、以下のとおりです。

参考資料

Hardware and Software Engineered to Work Together 会社情報 |オラクルとサン | Oracle RSS Feeds | 採用情報 | お問い合わせ | サイトマップ | 情報保護基本方針 | ウェブサイトのご使用条件 | 個人情報保護基本方針