Oracle Price 2003

シンプルで柔軟なライセンス価格

オラクルでは、製品のバージョンや稼動するオペレーティン グシステムによる価格差が原則無いシンプルで柔軟なライセンス体系を採用しています。各製品のライセンスは、使用ユーザー数が少ない場合に有利な 「Named User Plusライセンス」とユーザー数が多い場合に有利な、使用するサーバーのプロセッサ数に比例した「Processorライセンス」のいずれかを選択して 購入いただけます。

Named User Plusライセンス Processorライセンス
使用するユーザー(人など)の数に比例したラ イセンスです。一般的にユーザー数が少ない場合に有利です。 サーバーのプロセッサ数に比例したライセンス です。使用ユーザー数が多い場合や不特定多数が利用するためユーザー数を数えられない場合にはこちらを適用ください。
使用するユーザー数に応じて、価格が決まります。
ライセンスにより最少ユーザー数が異なりますので詳細につきましては、各ライセンス価格をご覧ください。
使用するサーバーに搭載されるプロセッサ数に 応じ価格が決まります。


Processor定義によるライセンスカウント方法

ライセンスが必要なプロセッサ数をカウントする場合、オラクル製品がインストール、若しくは稼動 する全ての「物理的」なプロセッサをカウントします。但し、ひとつのチップ上に複数のコアをもつ「マルチコア・プロセッサ」が搭載されているハードウェア でご利用いただく場合には、総コア数に係数を乗じた数(小数点以下端数切り上げ)が必要ライセンス数となります。
ただし、製品の名称の中にStandard Edition One又は, Standard Edition 2 又は, Standard Edition(WebCenter Enterprise Capture Standard Edition、Java SE Support、Java SE Advanced、及びJava SE Suiteを除く)を含む対象プログラムが使用権許諾される場合、プロセッサの数は、プロセッサが搭載されたソケットの数に相当します。
尚、これらの計算を適用できるライセンス単位はProcessor/プロセッサ/Named User Plusとなります。
※ 更にコアの適用係数の詳細は「マルチコアプロセッサ利用時の必要ライセンス例Oracle Processor Core Factor Table(PDF)」をご覧ください。

例)

  • 8コアのUltraSPARC T1プロセッサを1CPU搭載したSUN Fire T2000サーバーで使用
    8コア × 1CPU × 0.25 = 2 … 2プロセッサ分のライセンスが必要
  • 4コアのUltraSPARC T1プロセッサを1CPU搭載したSUN Fire T2000サーバーで使用
    4コア × 1CPU × 0.25 = 1 … 1プロセッサ分のライセンスが必要
  • 2コアのAMD Opteronプロセッサを2CPU搭載したサーバーで使用
    2コア × 2CPU × 0.50 = 2 … 2プロセッサ分のライセンスが必要
  • 4コアのIBM Power6プロセッサを2CPU搭載したサーバーで使用
    4コア × 2CPU × 1.0 = 8 … 8プロセッサ分のライセンスが必要


CD/Media Pack(製品メディア)

  • 従来出荷されていた 「Media Pack」 の製造および出荷運用は、2015年10月01日にて終了となりました。
    製品プログラムの入手先は、現在稼働しています『Oracle Software Delivery Cloud(OSDC)』をご利用ください。
    詳細につきましては、こちらをご覧ください。


サポート・サービス

24時間365日の技術問い合わせの受け付けのほか、製品情報のご提供、バージョンアップ製品のご提供、製品パッチのダウンロードなどのサービスがご利用いただけます。
なお、「ライセンス価格」にはサポート・サービスが含まれておりませんが、「サー ビス・レベルの一致」ポリシーの観点からもライセンスとの同時購入を推奨いたします。サポート契約に関しては、ライセンスご購入先の当社 代理店にお問い合わせください。



段階的な投資に対応

2003年8月1日より、「Named User Plus」から「Processor」ライセンスへ各々のマイグレーション費用をお支払いただくことにより、アップグレードが可能になりました。例えば、システム開発段階では必要なユーザー数の「Named User Plus」ライセンスを購入し、本稼動時に「Processor」ライセンスへアップグレードするという段階的な投資が可能です。


▲ ページトップへ戻る