Java SE 8 認定資格

概要

2015年5月下旬より「Java SE 8」に対応した新しい認定資格試験を順次開始します。「Java SE 8」は、冗長的なコードの削減、コレクションやアノテーションの改善、並列処理プログラミング・モデルの簡素化、最新のマルチコア・プロセッサの効率的な活用により、企業システムやクラウド・サービス、スマート・デバイスなどで活用されるアプリケーション開発を加速させます。この資格を取得することで、業界標準に準拠した高度なスキルを証明します。


Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 7 / 8 認定資格は、言語未経験者向けの入門資格で Java 言語を使用したオブジェクト指向プログラミングの基本的な知識を有すること を評価することを目的としています。Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 7/8 認定資格を取得するためには、Java SE 7 / 8 Bronze (1Z0-814-JPN) 試験 の合格が必要です(認定パス)。なお Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 7 認定資格を既にお持ちの方は自動的に Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 7 / 8 認定資格者として認定されます。


Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 8 認定資格は、Javaアプリケーション開発に必要とされる基本的なプログラミング知識を有し、上級者の指導のもとで開発作業を行うことができる開発初心者向け資格です。日常的なプログラミング・スキルだけでなく、さまざまなプロジェクトで発生する状況への対応能力も評価することを目的としています。Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 8 認定資格を取得するためには、Java SE 8 Programmer I (1Z0-808-JPN) 試験の合格が必要です(認定パス)。


Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 8 認定資格は、設計者の意図を正しく理解して独力で機能実装が行える中上級者向け資格です。Javaアプリケーション開発に必要とされる汎用的なプログラミング知識を有し、設計者の意図を正しく理解して独力で機能実装が行える能力評価することを目的としています。Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 8 認定資格を取得するためには、Java SE 8 Programmer II (1Z0-809-JPN) 試験の合格が必要です(認定パス)。


Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 7 認定資格を保有している場合は、移行試験 Upgrade to Java SE 8 Programmer (1Z0-810-JPN)に合格すれば、Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 8 認定資格にアップグレードできます。資格の移行については、認定パスをご覧ください。また、Java SE 7 よりも前のバージョンの Sun認定Javaプログラマ(SJC-P)の任意のエディション)を保有している場合は、移行試験 Upgrade to Java SE 8 OCP ( Java SE 6 and all prior versions) (1Z0-813-JPN) に合格すれば、Java SE 8 認定資格にアップグレードできます。資格の移行については、認定パスをご覧ください。


ページ先頭へ

資格の認定パス

                         
認定資格名前提資格試験合格
Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 7 / 8 認定資格なし1Z0-814-JPN
Java SE 7 / 8 Bronze 試験
Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 8 認定資格 なし 1Z0-808-JPN
Java SE 8 Programmer I 試験
Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 8 認定資格Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 8 認定資格 1Z0-809-JPN
Java SE 8 Programmer II 試験
Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 7 認定資格1Z0-810-JPN
Upgrade to Java SE 8 Programmer 試験

資格の移行:
Java SE 7 よりも前のバージョンの Sun認定Javaプログラマ(SJC-P)(Editionは問わない)

1Z0-813-JPN
Upgrade to Java SE 8 OCP ( Java SE 6 and all prior versions) 試験

ページ先頭へ

主な日程

試験名および試験番号

リリース日(日本語版)

1Z0-814-JPN
Java SE 7 / 8 Bronze

2015年5月28日 リリース

1Z0-808-JPN
Java SE 8 Programmer I

2015年7月9日 リリース

1Z0-809-JPN
Java SE 8 Programmer II

2015年12月3日 リリース

1Z0-810-JPN
Upgrade to Java SE 8 Programmer

2015年11月5日 リリース

1Z0-813-JPN
Upgrade to Java SE 8 OCP ( Java SE 6 and all prior versions)

2015年12月10日 リリース

ページ先頭へ

ページ先頭へ

よくあるお問合せ(FAQ)

※ 本FAQ において、「Java SE 7 認定資格よりも前のバージョンの Javaプログラマ認定資格」は、Oracle認定JavaプログラマSE 6 (OCJ-P)、 Oracle認定JavaプログラマSE 5 (OCJ-P)、 Sun認定Javaプログラマ(SJC-P)の任意のエディション)のいずれかを指します。

Java SE 7 Bronze 試験 (1Z0-802-JPN) と Java SE 7/8 Bronze 試験 (1Z0-814-JPN) に違いはありますか?再受験の必要はありますか?  
Java SE 8 認定資格よりも前のバージョンの Java プログラマ認定資格を Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 8 認定資格にアップグレードするには、どうすればよいですか?  
学習内容やお勧めの研修を確認するにはどうすればよいですか?  

ページ先頭へ