Java Platform, Standard Edition(Java SE)

No.1の開発プラットフォーム

アプリケーションの異種環境での利用が可能になることで、エンドユーザーの生産性やコミュニケーション、コラボレーションが強化され、エンタープライズ・アプリケーションとエンドユーザー向けアプリケーションの大幅なコスト削減につながります。

  • Java Platform, Standard Edition (Java SE)
  • Java Platform, Standard Edition (Java SE)
  • Java Platform, Standard Edition (Java SE)
 
最新情報をフォロー:
  • エンド・ツー・エンドの機能を提供 ― クライアントとサーバーで同じテクノロジーを利用可能
  • デスクトップからWeb、エンタープライズ、モバイルまでの各種アプリケーションで豊かなユーザー体験を実現
  • Javaの専門技術や知識をすぐに利用できる形で商品化 ― Java開発者の数は世界中で900万以上
  • エンドユーザー向けアプリケーションにもエンタープライズ・アプリケーションにもJavaを導入可能
  • Javaは比類のないセキュリティを備え、重要なデータを盗難や消失、破損から保護

最新情報

Java logo

プレスリリース

オラクル、JavaOne 2013でJava SEの推進を強調

ニュースを読む
Java

プレスリリース

オラクル、Java SE 7の新しい機能(診断、監視、セキュリティ、デプロイ)をリリース

ニュースを読む
Java

IDC:Javaの動向

オラクル統合後2年半を経過して

ビデオ: Java SE 7 Update 40 Diagnostic and Security Features (5:43)
    E-mail this page E-mail this page    Printer View Printer View