Java SE 一般的なFAQ


概要

ライセンシ
 

一般的な FAQ
 

機能
 

Java Platform, Standard Editionに関する一般的なFAQのページでは、このテクノロジーに関してもっともよくある質問に対して簡潔に回答します。また、より詳しい情報に対するリンクを提供します。


概要


Oracle Java SE Advanced Desktop、Oracle Java SE Advanced、Oracle Java SE Suiteはオラクルのみが提供する商用バイナリであり、JavaベースのIT環境の導入および保守コストを最小化するエンタープライズ機能をユーザーに提供します。これらの商用バイナリは無料のJava Platform, Standard Edition(Java SE)をベースとしており、Java SE 5から最新リリースのJava SE 8までのJava SEリリースに対応します。


よくある質問


Javaは引き続き無料で利用できますか。

最新JavaバージョンのJava SE 8は無料であり、汎用コンピューティング向けに再配布できます。Java SEは引き続きOracleバイナリ・コード・ライセンス(BCL)に従って無料で使用できます。組込みデバイスやその他のコンピューティング環境でJREを使用するには、オラクルからライセンスを購入する必要があります。Java SEの組込み利用について詳しくはこちらを参照してください。ライセンスを取得するには、オラクルの営業担当にお問い合わせください。


現在利用できるJavaテクノロジーのリリースを教えてください。

Java Platform, Standard Edition(Java SE)と、Oracle Java SE AdvancedおよびOracle Java SE Suite製品は現在、Java Development Kit(JDK)とJava Runtime Environment(JRE)の形式でオラクルから出荷されています。これらのソフトウェアの最新リリースと古いバージョンへのリンクについては、Java SEのダウンロード・ページを参照してください。


Java SE Supportが提供するサポートについて教えてください。

Java SE Supportは、受賞歴を誇るオラクルのサポート・プログラムに加えて次のサポートを提供します。
  • オラクルによる標準的なJava SE(JavaFXを含む)のサポート
    • 電子メールおよび電話による27か国語での24時間365日のサポート
    • ミッション・クリティカル・アプリケーションに対する即時サポート
  • My Oracle Support(MOS)を介した更新への直接アクセス
  • EOLバージョンのJava SEに対する更新


Oracle Java SE Advanced、Oracle Java SE Advanced Desktop、Oracle Java SE Suiteの各製品と無料のJava SEとの相違点を教えてください。

Oracle Java SE AdvancedとOracle Java SE Suiteには、無料バージョンでは利用できない機能がいくつか搭載されています。詳しくは、Java SE Productsを参照してください。


サポートされるJavaバージョンと提供されるサービス・レベルについて教えてください。

OTNで公開されているOracle Java SE サポート・ロードマップを参照してください。


Java SE Supportの価格設定について教えてください。

Java SE Supportの価格はNUP(Named User Plus)またはプロセッサ単位で設定されています。詳しくは、オラクルの担当者にお問い合わせください。Java SE向けのサポートは個別に購入するか、または商用製品(Oracle Java SE AdvancedまたはOracle Java SE Suite)のサポート・オプションとして購入できます。詳しくは、Oracle Technology Global Price Listを参照してください。


JavaFX向けに個別のサポート契約が必要ですか。

いいえ。JavaFXはOracle Java SE Supportの対象テクノロジーに含まれています。JDK 7u6では、JavaFXは標準のJDKバンドルとJREバンドルに含まれています。


サポートされるシステム構成

Oracle Java SE AdvancedおよびOracle Java SE Suiteの各リリースでは、それぞれに対応するJava SEリリースと同じシステム構成がサポートされています。ユーザーの要件に基づいて、その他のサポートされるシステム構成が追加されます。サポートされる最新のシステム構成(オペレーティング・システムのバージョン、ハードウェア・プラットフォーム、デスクトップ・マネージャ、ブラウザを含む)については、次の情報を参照してください。


主要製品のライフ・サイクル期間

それぞれのJavaリリースに想定されるライフ・サイクルは、初期リリースから約3年間です。この期間中、オラクルはJavaダウンロード・サイトで製品の更新を提供します。3年後以降は、Java SE Supportプログラムを介して継続中のリリースを入手できます。詳しくはオラクルのサポート・ポリシーを参照してください。また、Oracle Java SE サポート・ロードマップも併せて参照してください。


バグや機能拡張要求(RFE)の登録方法を教えてください。

製品ファミリーの更新や改訂によって以前の動作からのリグレッションが発生した場合は、速やかにオラクルまでお知らせください。問題解決に向けて最善を尽くします。Java SE Supportを利用しているお客様はMy Oracle Supportからバグを報告してください。オラクルは問題の解決を目指して努力します。


ライセンスに関する情報はどこで入手できますか。

Java SEは引き続きバイナリ・コード・ライセンス(BCL)の下で利用可能であり、使用するために追加費用は発生しません。Java SEの商用バイナリは同様の個別ライセンス条件に従って提供されています。製品のライセンスと条件、Read MeファイルなどについてはOracle Technology Networkを参照してください。


Java SEテクノロジーの製品チームにコメントを送信する方法を教えてください。

製品固有のコメントをフィードバックするには、フォーラムWebサイトをご利用ください。


**詳しくは、Java SE ProductsのTable 1-1 - Commercial Features in Java SE Product Editionsを参照してください。


トップに戻る 

  

 


 

 

  


Java技術者必読! Java Magazine 最新号公開中

Left Curve
Java SDKとツール
Right Curve
Left Curve
Javaリソース
Right Curve