What You See Is What You Get Element

oracle-db12c-logoOracle Multitenant

Oracle Database 12c Enterprise Editionの新しいオプションであるOracle Multitenantは、統合、プロビジョニング、アップグレードなど、さまざまな作業を簡素化することでITコスト削減を支援します。 Oracle Database 12cを支える新たなアーキテクチャによって、マルチテナント・コンテナ・データベースに多くのプラガブル・データベースを収容することが可能になります。 また、Oracle Real Application ClustersやOracle Active Data Guardなど、他のオプションを完全に補完します。 既存のデータベースは、なにも変更すること無くプラガブル・データベースとして簡単に導入でき、アプリケーションの他の層を変更する必要もありません。 純粋なデプロイメント選択肢を使うことにより、 Oracle Multitenantのメリットがもたらされます。 その中でも特に重要なメリットの例を以下に示します。
bullet 高密度の統合
多くのプラガブル・データベースが、1つのマルチテナント・コンテナ・データベース内でメモリやバックグラウンド・プロセスを共有します。これにより、古いアーキテクチャを使用する単一のデータベースよりも多くのプラガブル・データベースを特定のプラットフォームで稼働させることができます。 これはスキーマベースの統合によるメリットと同じものです。 しかし、スキーマベースの統合を導入するには大きな障壁があり、運用の問題が継続的に発生することになります。 新たなアーキテクチャによって、こうした導入の障壁や運用上の問題を排除することができるのです。
bullet SQLによる迅速なプロビジョニングとクローニング
プラガブル・データベースは、1つのマルチテナント・コンテナ・データベースから取り外して別のマルチテナント・コンテナ・データベースに接続することができます。 また、同じマルチテナント・コンテナ・データベース内でクローニングすることも、別のマルチテナント・コンテナ・データベースにクローニングすることも可能です。 こうした操作やプラガブル・データベースの作成は新しいSQLコマンドで行われ、わずか数秒で完了します。 基盤となるファイル・システムがシン・プロビジョニングに対応している場合は、SQLコマンドのキーワードを使用するだけで、数テラバイトものデータをほぼ一瞬でクローニングすることができます。
bullet 高速のパッチ適用とアップグレードの新たなパラダイム
1つのマルチテナント・コンテナ・データベースのパッチ適用にかける時間と労力で、その中の多数のプラガブル・データベースすべてにパッチを適用することができます。 プラガブル・データベースにパッチを適用するには、異なるOracle Databaseソフトウェア・バージョン間で、マルチテナント・コンテナ・データベースから取り外す(そして接続する)だけです。
bullet 多数のデータベースを一元管理
既存のデータベースをプラガブル・データベースに統合することで、管理者は多くのデータベースを一元管理することができます。 たとえば、バックアップやディザスタ・リカバリといったタスクは、マルチテナント・コンテナ・データベース・レベルで実行されます。
bullet プラガブル・データベース間での動的なリソース管理
Oracle Database 12cでは、Resource Managerが専用の機能で拡張され、マルチテナント・コンテナ・データベース内のプラガブル・データベース間のリソース競合を制御できるようになりました。

技術概要(US)

bullet ホワイト・ペーパー: Oracle Multitenant
bullet データシート: Oracle Multitenant

技術セミナーの資料・動画はこちら

技術者限定マガジン OTN Newsletter ご登録はこちら!

製品システム要件