Oracle
Multitenant

Oracle Database 12cの新しいオプションであるOracle Multitenantは、統合、プロビジョニング、アップグレードなど、さまざまな作業を簡素化することでITコスト削減を支援します。

アーキテクチャの概要

Oracle Database 12cの新しいオプションであるOracle Multitenantは、マルチテナント・コンテナ・データベースによる多数のプラガブル・データベースの保持を可能にする新しいアーキテクチャを提供します。既存のデータベースも、アプリケーションを変更することなく簡単に使用できます。また、Oracle Multitenantでは、Oracle Real Application ClustersやOracle Active Data Guardなど、他のオプションも完全に補完されています。

高密度の統合

多数のプラガブル・データベースが、1つのマルチテナント・コンテナ・データベース内でメモリやバックグラウンド・プロセスを共有します。これにより、古いアーキテクチャよりもはるかに多くのプラガブル・データベースの統合が可能になり、スキーマベースの統合と同様のメリットを提供します。この方法では、アプリケーションを大きく変更する必要はありません。

SQLによる迅速なプロビジョニングとクローニング

プラガブル・データベースの作成、プラガブル・データベースのコンテナ間の移動、およびプラガブル・データベースのクローニングは、新しいSQLコマンドによって実行され、わずか数秒で完了します。基盤となるファイル・システムがシン・プロビジョニングに対応している場合は、SQLコマンドのキーワード “snapshot copy”を使用するだけで、数テラバイトものデータをほぼ一瞬でクローニングすることができます。

高速のパッチ適用とアップグレードの新たなパラダイム

1つのマルチテナント・コンテナ・データベースのパッチ適用にかける時間と労力で、その中の多数のプラガブル・データベースすべてにパッチを適用することができます。1つのプラガブル・データベースにパッチを適用するには、さまざまなOracle Databaseソフトウェア・バージョンで、マルチテナント・コンテナ・データベースから取り外す(あるいは接続する)だけです。

多数のデータベースを一元管理

既存のデータベースをプラガブル・データベースに統合することで、管理者は多くのデータベースを一元管理することができます。たとえば、バックアップやディザスタ・リカバリといったタスクは、マルチテナント・コンテナ・データベース・レベルで実行されます。

プラガブル・データベースのリソース管理

Oracle Database 12cでは、Resource Managerが専用の機能で拡張され、マルチテナント・コンテナ・データベース内のプラガブル・データベース間のリソース競合を制御できるようになりました。

技術セミナーの資料・動画はこちら

技術者限定マガジン OTN Newsletter ご登録はこちら!

製品システム要件