Oracle Technology Network License Agreement 【日本語参考訳】



下記は、Oracle Technology Network License Agreement の日本語参考訳となります。

Oracle Technology Network License Agreementは、Oracle Corporation米国本社と お客様との直接の契約となりますので、ライセンスの内容については英文の契約書が 正式となります。英語原文はこちらをご覧ください。


オラクルは、本ライセンス契約(以下「本契約」といいます)がお客様によるソフトウェアの使用に適用されることをお客様が承諾することのみを条件として、お客様が本契約に関連するソフトウェアにアクセスすることを許可します。「ライセンスに同意する」ボタン又はボックス(もしくは同等の項目)を選択するか、あるいは本プログラムをインストール又は使用することによって、お客様が本契約を承諾し、所属する企業や組織の正式代表者(事業体による使用目的の場合)又は個人として、ダウンロード及びアクセスすることを希望するソフトウェアに適用されるライセンス条項を遵守することに同意したことになります。お客様に本契約に拘束される意思がない場合は、「ライセンスに同意する」ボタン又はボックス(もしくは同等の項目)を選択せず、ソフトウェアをダウンロード、又はソフトウェアにアクセスしないでください。

定義
「オラクル」とは、Oracle America, Inc.をいいます。「お客様」とは、(a) 企業や組織(以下「事業体」といいます)を代表して本プログラムを使用する場合は、本プログラムにアクセスする事業体のことであり、(b) 事業体を代表して本プログラムを使用しない場合は、本プログラムにアクセスする個人をいいます。「請負業者」とは、お客様の代理人及び請負業者(外注先を含むがこれに限定されません)をいいます。「本プログラム」とは、本契約に従ってオラクルによって提供されるOracleソフトウェア、並びにオラクルによって提供される更新プログラム、エラー修正、及び/又はプログラム・ドキュメンテーションをいいます。「プログラム・ドキュメンテーション」とは、プログラムのユーザー・マニュアル及びプログラムのインストール・マニュアル(もしあれば)をいいます。プログラム・ドキュメンテーションが提供される場合は、プログラムと一緒に配布されるか、及び/又はwww.oracle.com/documentationから取得できます。「個別条件」とは、プログラム・ドキュメンテーション、Readme、又は通知ファイルに記載され、個別ライセンスによる第三者のテクノロジーに適用される個別のライセンス条項をいいます。「個別ライセンスによる第三者のテクノロジー」とは、本契約ではなく、個別条件に基づいてライセンス供与される第三者のテクノロジーをいいます。

ライセンスの権利及び制限
オラクルはお客様に、本契約に明示する制限に従うことを条件として、本プログラムを内部的に使用するための非独占的かつ譲渡不能の限定的なライセンスを供与します。ただし、お客様のアプリケーションの開発、テスト、プロトタイプ作成、及びデモンストレーションの目的に限られ、またお客様のアプリケーションが、データ処理、業務、商用、本番利用、その他のいかなる目的にも使用されたことがない場合に限られます。お客様は、お客様の請負業者に対して本プログラムの使用を許可できます。ただし、請負業者が本契約で供与されたライセンス 権限をお客様の代理で行使し、さらにかかる使用において請負業者が本契約に従うことにお客様が責任を持つことを条件とします。お客様においては、本プログラムを使用する権利を厳しく制限し、その他本契約と同じ程度までオラクルの知的財産権を保護する内容の契約書を請負業者と取り交わしてください。本プログラムの複製は、本契約で供与されたライセンスの権利を行使するのに合理的に必要となる場合に限定します。お客様は、バックアップ目的で本プログラムを一部だけ複製することができます。

さらに、お客様は、以下の行為をすることができません。

  • オラクル又はライセンサーの財産権に関する本プログラム内の表示や通知を削除又は変更すること。
  • 方法の如何を問わず、第三者に本プログラムを供与すること(請負業者がお客様の代理で本契約に定められた行為をする場合を除く)。
  • 本プログラムを第三者の教育目的に使用すること。
  • 本契約を第三者に譲渡するか、本プログラム又は関連する利益を第三者に配布、付与、又は移転すること。ただし、本契約で請負業者に対 して明示的に許可されている場合を除く(なお、本条項は、個別ライセンスによる第三者のテクノロジーに関してお客様が別途有する権利を制限するものではない)。
  • 本プログラムのリバース・エンジニアリング(相互運用性確保のために法律により要求される場合を除く)、逆アセンブルもしくは逆コンパイルを行わせ、又は許可すること。
  • オラクルの事前の同意を得ずに、本プログラムのベンチマーク・テストの結果を開示すること。

本プログラムにはソース・コードが含まれる場合があります。ただし、そうしたソース・コードは、本契約で他の目的のために明示的にライセンス供与(オープンソース・ライセンスに基づくライセンス供与など)された場合でない限り、本契約の条項に従って参照目的のためだけに提供され、これを変更することはできません。

本契約で明示的に供与されていないすべての権利はオラクルが留保します。お客様が本契約で明示的に許可されていない目的で本プログラム又はお客様のアプリケーションを使用することを希望する場合は、オラクル又はオラクルの再販業者から、かかる使用を許可する別の契約に基づきその本プログラムの有効なライセンスを取得しなければなりません。ただし、お客様は、本プログラムが本番使用を意図しておらず、オラクルは本プログラムのバージョンを本番用又は他目的で提供できないことを了解します。お客様が本プログラムを用いて実施する開発やその他の作業は、お客様自身の危険負担で行うものとします。

所有権
本プログラムに関わる所有権及び知的財産権はすべてオラクル又はそのライセンサーに帰属します。

第三者のテクノロジー
本プログラムは、本プログラムと一緒に提供される第三者のテクノロジーが含まれるか、又はそうしたテクノロジーの使用が必要になる場合があります。オラクルは、かかる第三者のテクノロジーに関する通知を、プログラム・ドキュメン テーション、Readme、又は通知ファイルに表示する場合があります。第三者のテクノロジーは、本契約の条項又は個別条件(プログラム・ドキュメン テーション、Readme、又は通知ファイルに記載がある場合)に基づいて、お客様にライセンス供与されます。個別条件に基づき、個別ライセンスにより第三者のテクノロジーを使用するお客様の権利は、いかなる方法によっても、本契約により制限されることはありません。ただし、通知の存在にかかわらず、個別ライセンスによる第三者のテクノロジーではない第三者のテクノロジーは、本プログラムの一部とみなされ、本契約の条項に基づいてお客様にライセンス供与されることをここで明確に定めます。

オープンソース・ソフトウェアのソース・コード
オラクルからバイナリ形式で受け取ったソフトウェアが、そのバイナリのソース・コードを受け取る権利がお客様に付与されるオープンソース・ライセンスに基づいてライセンス供与されている場合には、 https://oss.oracle.com/sources/ 又は http://www.oracle.com/goto/opensourcecode. から該当するソース・コードを取得できます。かかるソフトウェアのソース・コードがバイナリで提供されなかった場合、後者 のサイトにある"Written Offer for Source Code"セクションの説明に従って書面による依頼を送付することにより、ソース・コードの複製を物理メディアで受け取ることもできます。

輸出管理
本プログラムには、アメリカ合衆国その他該当地域の輸出関連法規が適用されます。お客様は、かかる輸出管理法規がお客様による(技術データを含む)本プログラムの使用や、本契約に基づいて提供されるサービス成果物に適用されることに同意し、また(「みなし輸出」及び「みなし再輸出」に関する規制を含め)かかる輸出関連法規をすべて遵守することに同意します。お客様は、本プログラム又はサービス(若しくはその直接的成果)から生じるデータ、情報、プログラム、及び/又は資料を、直接的にも間接的にもかかる輸出管理法規に違反して輸出しないこと、またかかる輸出管理法規によって禁止されているいかなる目的(核兵器、化学兵器もしくは生物兵器の拡散、又はミサイル技術の開発等を含むが、それらに限定しない)にも使用しないことに同意します。因って、お客様は以下の点を確認するものとします。

  • お客様は、直接的にも間接的にも、関連法規によって禁止されている国又はそうした国の市民、国民若しくは居住者に対して、本プログラムのダウンロード、提供、供与、輸出もしくは再輸出を行わないこと。
  • お客様は、アメリカ合衆国財務省の“Specially Designated Nationals and Blocked Persons、Specially Designated Terrorists”、及び“Specially Designated Narcotic Traffickers”のリストに掲載されていないこと、又はアメリカ合衆国商務省の“Table of Denial Orders”に掲載されていないこと。
  • お客様は、直接的にも間接的にも、上記リスト掲載者に対して、本プログラムをダウンロードし、輸出もしくは再輸出しないこと。
  • お客様は、法律により禁止される目的(大量破壊兵器である核兵器、化学兵器、生物兵器の開発、設計、製造を含むがこれに限定されません)のために本プログラムを使用せず、使用させないこと。

情報収集
本プログラムのインストール処理及び/又は自動更新処理が実行される際に、オラクルによる理解や最適化に役立たせる目的で、オラクル又はオラクルのサービス・プロバイダに対して限られた量のデータが送信されることがあります。オラクルはそのデータを個人を特定できる情報と関連付けることはしません。オラクルのプライバシー・ポリシーwww.oracle.com/privacyを参照してください。

保証の排除及び責任の制限
本プログラムは現状有姿で保証なしで提供されるものとします。オラクルはさらに、明示であると黙示であるとを問わず、一切の保証責任(市販性、特定目的への適合性、侵害の不存在に関する黙示の保証を含むがこれに限定されません)を負いません。

オラクルは、お客様又は第三者が被った間接損害、付随的損害、特別損害、懲罰的損害又は結果的損害について、あるいは、逸失利益、売上の喪失、データ又はデータの使用機会の喪失について、契約責任に基づくものであると不法行為責任に基づくものであるとを問わず、また、お客様から損害発生の可能性を通知されていた場合であっても、何ら責任を負わないものとします。本契約に基づくオラクルの損害賠償責任の上限は1000米ドルとします。 .

テクニカル・サポート
本プログラムのOracleサポートがお客様と別途締結した最新のサポート契約に明示的に含まれていない限り、オラクルのテクニカル・サポート組織は、本契約に基づいて提供されるプログラムに関するテクニカル・サポート、電話によるサポート、又は更新プログラムをお客様に提供しません。

監査及び契約の終了
オラクルは、お客様による本プログラムの使用を監査することができます。お客様は、本契約に基づいて提供された本プログラムの複製をすべて消去することによって、本契約を終了することができます。お客様が本契約の条件を遵守しなかった場合、本契約は通知なしに自動的に終了します。この場合、お客様は速やかに本プログラムの複製をすべて消去するものとします。

当事者の関係
オラクルは独立コントラクターであり、オラクルとお客様は、当事者間にパートナーシップ、共同事業関係、又は代理関係がないことに同意します。オラクルとお客様は、各々の従業員への支払い(従業員関連の納税や保険料の支払いを含む)について責任を持つものとします。本契約は、相手方当事者が権利を有する情報がソフトウェアに含まれていない限り、当事者が相手方当事者の製品と類似の機能を有するソフトウェアの開発及び頒布を独自に行う権利を制限するものと解釈されません。

完全合意及び準拠法
お客様は、本契約が本プログラムに関する完全合意であり、本契約がクリックラップ、シュリンクラップ、もしくは同様のライセンスを含む本契約以前又は同時期のすべての合意及び表明、又は本プログラムの以前のバージョンに関するライセンス契約に優先することに同意します。お客様とオラクルの正式代表者の署名付き書面に定める場合を除き、本契約を変更することはできず、権利及び制限を変更又は放棄することはできません。本条件の一部が無効又は執行不能であると認められたとしても、それ以外の条項は有効に存続するものとします。

本契約は米国カリフォルニア州の実体法及び手続法に準拠し、本契約に関わる紛争の一切は、サン・フランシスコ又はサンタ・クララの裁判所を専属管轄裁判所とします。

通知
本契約についてのご質問、お問い合わせは、以下宛に書面でご連絡ください。

Oracle America, Inc.
500 Oracle Parkway
Redwood City, CA 94065

オラクルの従業員の場合 :オラクルの従業員は、いかなる場合においても、顧客に頒布するために、ソフトウェアをダウンロードする権限を付与されていません。オラクル製品をオラクル従業員が使用することができるのは、社内での使用又はデモンストレーション目的の場合のみです。アメリカ合衆国その他の国々の適用法令を遵守するにあたり、上記ポリシーに反する行為は、解雇を含む懲戒処分の対象となる場合があります。

最終更新日:2014年9月9日

OTN Japan FAQページはこちら