Oracle VM ダウンロード


このページには、Oracle VM Server for x86およびOracle VM Server for SPARCのソフトウェア・ダウンロードのリンクがあります。新機能については、こちらをご覧ください。 

※ Oracle Software Delivery Cloud でご提供しているソフトウエアは、OTN開発者ライセンスではありません。ダウンロードの際に表示されるライセンス許諾文書をご確認ください。


Oracle VM Server for x86およびOracle VM Manager



Oracle VM Server for SPARC


次の主要コンポーネントは相互に連携して、Oracle VM Server for SPARCソリューションを実現します。

  • サポートされているOracle SPARCサーバー(必要なシステム・ファームウェアを搭載)
  • Oracle Solaris 10 OSまたはOracle Solaris 11 OS
  • Logical Domains Manager。サポート対象のOracle SPARCサーバーで論理ドメインを作成、管理するために使用

必要な最小のソフトウェアおよびサポート対象プラットフォームの詳細は、Oracle VM Server for SPARCリリース・ノートを参照してください。 

  • ダウンロード Oracle Solaris 11またはOracle Solaris 10、および事前構築済みのOracle VMテンプレート
  • ダウンロード Sunシステム・ファームウェア
  • ダウンロード Oracle VM Server for SPARCソフトウェア
    • 3.1.0.1(Solaris 11.1 SRU 14.5)と3.1(Solaris 11.1 SRU 10.5)の後継である3.1.1リリースは、SRU 17.5以降のOracle Solaris 11.1に統合されています。My Oracle Supportから、Oracle Solaris 11.1 Support Repository Updates(SRU)のインデックス[ID 1501435.1]を参照してください。 
    • 3.1リリースもOracle Solaris 10で利用できます(パッチID 17291713を検索)。3.1.1パッチは150817-02です。
    • Oracle VM Manager 3.2と併用するには、Oracle VM Agent 3.2 for SPARCをダウンロードしてください(パッチID16694949を検索)。 

 My Oracle Supportダウンロード手順

My Oracle Supportにアクセスして、"Patches & Updates"タブの"Product or Family (Advanced Search)"フィールドの「Oracle VM Server for SPARC」を選択するか、パッチ番号を検索します。

必要なシステム・ファームウェア・パッチ、Solaris OSパッチ、Oracle VM Server for SPARCソフトウェア・パッチを入手するには、Oracle Technology Network Patching Centerにアクセスしてください。

 
 Oracle Software Delivery Cloudのダウンロード手順 - Oracle VM Server for SPARC(2.0リリースのみ)

http://edelivery.oracle.com/にアクセスします。
登録情報(氏名、会社名、電子メール・アドレス、国名)を入力して、ダウンロードの同意事項をクリックします。
Select a Product Packプルダウン・メニューから「Oracle Solaris Virtualization Products」を選択します。
Platformプルダウン・メニューから「Oracle Solaris on SPARC (64-bit)」を選択します。
Go」をクリックし、ソフトウェアでOracle VM Server for SPARC 2.0を選択します。
READMEを参照し、ファイルをダウンロードして解凍します。

Virtual Compute Appliance

  • ダウンロード Virtual Compute Appliance 2.0.1 は My Oracle Supportからダウンロードしてください。(パッチID: 19555021