Oracle VM ダウンロード


このページには、Oracle VM Server for x86およびOracle VM Server for SPARCのソフトウェア・ダウンロードのリンクがあります。新機能については、こちらをご覧ください。 

Oracle VM Server for x86およびOracle VM Manager

  • ダウンロード 最新のOracle VM 3.4
    • Oracle VM Server ISO、パッチID22902487を検索
    • Oracle VM Managerのインストール/アップグレードISOについては、パッチID22902502を検索
    • Oracle VM Agent for SPARCについては、パッチID22902518を検索
    • VNCやシリアル・コンソールで仮想マシンにアクセスできるようにするには、Oracle VM Manager 3.3を実行しているサーバーにovmcore-consoleパッケージをインストールしてください。
  • ダウンロード Windows PV Drivers 3.2については、パッチID16863114を検索
  • ダウンロード Oracle VM Server for x86およびOracle VM ManagerをOracle Software Delivery Cloudからダウンロード
  • ダウンロード Oracle VM Server UpdateをOracle Unbreakable Linux Networkおよびオラクルの公開Yumリポジトリからダウンロード
  • ダウンロード Oracle VM用仮想アプライアンスをハンズオン・ラボからダウンロード
  • ダウンロード Oracle VM 3.2は、Oracle Software Delivery CloudからだけでなくMy Oracle Supportからもダウンロードできます 
    • Oracle VM Server for x86:最新の3.2サーバーISOについては、パッチID16410428を検索
    • Oracle VM Manager:最新の3.2 アップグレードについては、パッチID16410417を検索
    • Oracle VM Agent for SPARC:最新の3.2アップデートについては、パッチID16694949を検索
  • ダウンロード Oracle VM 3ユーティリティ(現状のまま提供され、SAPのお客様用のovm_vmhostd以外は正式なサポートの対象外)をMy Oracle Supportからダウンロード(パッチID13602094)。手順については、READMEを確認してください。 
  • ダウンロード Oracle VMのテンプレート
  • ダウンロード Oracle LinuxおよびOracle Linux JeOS

Oracle VM Server for SPARC

次の主要なコンポーネントが連動してOracle VM Server for SPARCソリューションとなります。

  • サポートされているSPARCサーバー(必要なシステム・ファームウェアを搭載)
  • Oracle Solaris 10 OSまたはOracle Solaris 11 OS
  • Logical Domains Manager(サポート対象のOracle SPARCサーバーで論理ドメインを作成、管理するために使用)

必要な最小ソフトウェアおよびサポート対象プラットフォームの詳細は、Oracle VM Server for SPARCリリース・ノートを参照してください。 

  • ダウンロード Oracle Solaris 11またはOracle Solaris 10、および事前構築済みのOracle VMテンプレート
  • ダウンロード Sunシステム・ファームウェア
  • ダウンロード Oracle VM Server for SPARCソフトウェア
    • 3.3.0.1リリースは、SRU 4.5以降のSolaris 11.3に統合されています。3.3リリースはOracle Solaris 11.3に統合されています。。Oracle Solaris 11.3 Support Repository Updates(SRU)のインデックス[ID 2045311.1] を参照してください。
    • 3.2.0.1リリースはSRU 11.5以降のOracle Solaris 11.2に統合されています。3.2リリースはSRU 8.4以降のOracle Solaris 11.2に統合されています。Oracle Solaris 11.2 Support Repository Updates(SRU)のインデックス[ID 1672221.1]を参照してください。
    • 3.1.1.2リリースはSRU 5.5以降のOracle Solaris 11.2に統合されています。Oracle Solaris 11.2 Support Repository Updates(SRU)のインデックス[ID 1672221.1]を参照してください。
    • 3.1.0.1(Solaris 11.1 SRU 14.5)と3.1(Solaris 11.1 SRU 10.5)の後継である3.1.1リリースは、SRU 17.5以降のOracle Solaris 11.1に統合されています。Oracle Solaris 11.1 Support Repository Updates(SRU)のインデックス[ID1501435.1]を参照してください。
    • 3.2リリースもOracle Solaris 10で利用できます(パッチID 20997186を検索)。3.2.0.1パッチは151934-01です。
    • 3.1リリースもOracle Solaris 10で利用できます(パッチID 17291713を検索)。3.1.1.2パッチは150817-04です。
    • Oracle VM Manager 3.3と併用する場合はこちらからソフトウェアをダウンロードしてください。Oracle VM Agentをインストールするために、制御ドメインでSolaris 11.1が実行されていることを確認してください。詳細はドキュメントを参照してください。
    • Oracle VMテンプレート・ユーティリティは、SPARCシステム用Oracle VMテンプレートを作成デプロイおよび構成するために必要なコマンドライン・ツールです。このツールをダウンロードするには、パッチID 21210110を検索してください。
 My Oracle Supportからのダウンロード手順
My Oracle Supportにアクセスして、"Patches & Updates"タブの"Product or Family (Advanced Search)"フィールドの「Oracle VM Server for SPARC」を選択するか、パッチ番号を検索します。

必要なシステム・ファームウェア・パッチ、Solaris OSパッチ、Oracle VM Server for SPARCソフトウェア・パッチを入手するには、Oracle Technology Network Patching Centerにアクセスしてください。
  • Oracle VM Server for SPARC 3.0ソフトウェアは、Oracle Solaris 11.1 SRUに統合されています。My Oracle Supportから、Oracle Solaris 11.1 Support Repository Updates(SRU)のインデックス[ID1501435.1]を参照してください。Oracle VM Manager 3.2と併用するには、Oracle VM Agent 3.2 for SPARCをダウンロードしてください(パッチID16694949を検索)。Solaris 10の場合は、パッチID15682381を検索し、最新のldmdパッチ150011-03を適用します

Oracle Private Cloud Appliance

  • ダウンロード Oracle Private Cloud Appliance Softwareリリース2.1.1をMy Oracle Supportからダウンロード(パッチID22185511を検索)。
  • ダウンロード Oracle Private Cloud Appliance Softwareリリース2.0.5をMy Oracle Supportからダウンロード(パッチID21288160を検索)。