Oracle Logo
2020 August OTN Japan Newsletter
2020 September Oracle Technology Newsletter

編集部より
Oracle Technology Network(OTN)ニュースレターは、今号より「Oracle Technology Newsletter」に名称を変更いたしました。月に1回程度、オラクル製品に関する最新情報や技術者のスキルアップに役立つ情報、各種キャンペーン情報を皆様にお届けします。引き続きご愛読のほどよろしくお願いいたします。
注目トピックス
Oracle Cloud VMware Solutionの一般的な移行ユースケース
データセンターの移行を行う場合、既存のインフラストラクチャを効率的に移行させるにはどうすればよいかというのが、重要な検討課題になりま す。 VMware では、仮想マシン(VM)をインフラストラクチャ間で移行させるための手段が数多く提供されていますが、 Oracle Cloud VMware Solution ではそのすべてを利用できます。この記事では、先日発表となった業界初のベアメタルでカスタマーマネージドの VMware ソリューション「Oracle Cloud VMware Solution」のユースケースをご紹介します。

※本記事は、Clive D'Souzaによる"Common Migration Use Cases for Oracle Cloud VMware Solution"を翻訳したものです。
連載記事
Keys to the Oracle Cloud
Keys to the Oracle Cloud
Oracle ACE 株式会社野村総合研究所 大塚 紳一郎 氏
BIG DATA編、データベース環境の整備、Autonomous Data Warehouseへのリアルタイムでのデータ集約へと進みます。
第18回:【BIG DATA編】データベース環境の整備(ソースDBおよびターゲットDB)
第19回:【BIG DATA編】Autonomous Data Warehouseへのリアルタイムでのデータ集約
技術記事・資料
Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト - 2020/09/09
「Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト」では2週間分のOracle Cloud Infrastructureの主な新機能をご紹介していきます。2020/09/09では、8月下旬から更新された新機能のハイライトをまとめています。
Oracle DBのバックアップをクラウドへ:Oracle Database Backup Serviceを試そう
バックアップを遠隔地へ保管したい、長期間保存しておきたい、といったニーズは多いと思います。しかし、テープに2次保管を行い、それを遠隔地に運搬するといった運用は、ハードウェアや保管先の準備が必要で、容易には実現できません。
Oracle Database Backup Serviceは、遠隔地に、長期間、安く、バックアップを保管したい、というお客様に最適なサービスです。この記事ではOracle Database Backup Serviceの仕組みを中心に解説します。
Megaport Cloud Routerを使用したOracle Cloud InfrastructureとAmazon VPCの接続
Megaport Cloud Router(MCR)を使用して、物理インフラストラクチャをデプロイせずに、Oracle Cloud Infrastructureの仮想クラウド・ネットワーク(VCN)とAmazon Virtual Private Cloud(VPC)間のマルチクラウド接続を可能にする方法について説明します。

※本記事は、Vittorio Garbuglioの"Connecting Oracle Cloud Infrastructure to Amazon VPC with Megaport Cloud Router"の翻訳になります。
アプリケーション開発者のためのOracle Autonomous JSON Database
シンプルなNoSQL APIを備えた、使いやすくコスト効果の高いJSONデータベースを探している開発者向けに、新しいクラウド・サービスとして、Oracle Autonomous JSON Databaseの提供開始を発表しました。本記事では、この新しいサービスについて解説します。

※本記事は、Beda Hammerschmidtによる"Introducing Oracle Autonomous JSON Database for application developers"を翻訳したものです。
Oracle Data Safeにて、オンプレミスにあるオラクル・データベースのセキュリティをシンプルに
Oracle Data Safeがオンプレミスのデータベースに対応するようになりました。この記事では、Oracle Data Safeにオンプレミスのデータベースを接続し、登録する方法について説明します。

※本記事は、Bettina Schaeumerによる"Simplify Security for your on-premises Oracle Databases with Oracle Data Safe"を翻訳したものです。
Javaの最新版「Java 15」を正式にリリース、テキストブロックやZGCなどの新機能
9月15日(米国時間)、Javaの最新バージョンである、Java 15が正式にリリースされました。今年はJava誕生から25年目という節目の年でもあります。最新版で提供された新機能をご確認ください。
イベント・セミナー
10/15 無償セミナー! 黒本著者が解説 ORACLE MASTER Bronze DBA 試験対策
オンライン限定の特別企画です。「オラクルマスター教科書 Bronze DBA Oracle Database Fundamentals」 (2020年9月17日発売) の出版を記念して、著者である株式会社コーソル 渡部 亮太氏が同書籍を基に Bronze DBA 試験の重要トピック、および事前にいただいた質問に関連するトピックを解説します。
Oracle Learning Explorer リリース:無償トレーニングと履修証明バッジ
Oracleのクラウド・ソリューションに関する知識を効率的に習得するための無償プログラム、Oracle Learning Explorer をリリースしました。今すぐ無料で学習を開始してみませんか。そして履修証明となる Explorerバッジを取得してください。
ウェビナーシリーズ|毎週水/木、約1時間でわかるOracle Cloud
オラクルのクラウド製品(特に、IaaS/PaaS)やOracle Databaseについての最新情報や技術情報をオラクル・クラウドのスペシャリストからご紹介するだけでなく、クラウド・テクノロジーを活用され成功をおさめられた客様の声を事例を通じてお届けしています。毎回、約1時間にまとたさまざまなテーマや理解度レベル別(初心者レベルから、中級、上級者向けまで)のコンテンツ、業務部門からIT部門/ITエンジニアの方々まで、幅広いみなさまにお楽しみいただける内容を取り揃えています。当日はQ&Aもお受付しておりますので、日々の課題など、直接お聞かせください。

【期間限定特別編】オラクルの開発責任者が語る、データマネジメントの未来
社会インフラ、エンタープライズ企業のビジネス基幹システムを支援し続けるOracle Database。その製品開発責任者がデータマネジメントのこれからや、トレンド、企業においてのデータ活用についてのヒントをご紹介します。

10月1日(木)15:00-16:00
The Modern Data Warehouse 〜 次世代データウェアハウス基盤で広がるデータ相乗効果の加速 ~

10月14日(水)15:00-16:00
Lowering Costs with Database Consolidation 〜 コスト削減へ! データベース集約による統合・合理化 ~

【エントリーシリーズ】【ファンデーションシリーズ】【プロフェッショナルシリーズ】も順次開催予定。詳しい内容は特設ページをご覧ください。
【オンデマンド・ウェビナー】Oracle Cloud ウェビナーシリーズ動画
Oracle Cloud ウェビナーシリーズの見逃したセッションもご覧いただけます。
書籍
新 Bronze DBA のオラクルマスター教科書(黒本)
「オラクルマスター教科書 Bronze DBA Oracle Database Fundamentals」(翔泳社出版) が9月17日に刊行されました。出題範囲を網羅し、かつ「試験に出るところ」を一冊に凝縮された日本オラクル株式会社監修の書籍です。
Java Magazine
Java Magazineは、JavaとJVMについて深く掘り下げています。
Java開発チームの専門家やメンバーによって書かれた言語とプラットフォームについての詳細な説明を見つけてください。

JAVA MAGAZINEはこちら