Oracle PeopleSoftアプリケーション

PeopleSoft 9.2がもたらすまったく新しいユーザー・エクスペリエンス

最新情報をフォロー:

オラクルのPeopleSoftアプリケーションは、複雑なビジネス要件にも適合するように設計されています。包括的なビジネス・ソリューションと業種別ソリューションにより、企業は生産性の向上、業績の拡大、保有コストの削減を実現できます。

オラクルが選ばれる理由

オラクルは、PeopleSoftへのコミットメントを今後も継続します。PeopleSoft 9.2は、クラス最高のソリューションとしての25年の歴史をベースとしつつ、ユーザー・エクスペリエンスの改善により、ユーザーとPeopleSoftのやりとりを根本的に変え、革新的なイノベーションをもたらします。続きを読む

PeopleSoft 9.2では1,000以上の新機能や機能拡張でソリューションの強化と総保有コスト軽減に寄与するだけでなく、消費者のインターネット体験を取り込んだ、より直感的で使いやすいインタフェースを通じて、さらに進化したユーザー・エクスペリエンスを提供します。


Human Capital Management
Human Capital Management

オラクルのPeopleSoft Human Capital Managementは、人事管理データとビジネスプロセス向上のためのグローバルな基盤の構築を可能にします。PeopleSoft HCMはクラス最高の強力な人事管理機能を備えており、生産性の向上、業績の拡大、保有コストの削減を実現します。


Financial Management
Financial Management

オラクルのPeopleSoft Financial Managementは、ベストプラクティスを活用することで、世界クラスの財務プロセスを実現し、財務面の要件や法的要件を遵守するとともに、ビジネスクリティカルな情報の可視性を効率的に向上させます。


Supplier Relationship Management
Supplier Relationship Management

オラクルのPeopleSoft Supplier Relationship Managementは、供給管理のあらゆるコストを大幅に削減する調達アプリケーションの統合スイートです。PeopleSoft Supplier Relationship Managementは、商品およびサービスに関する支出の削減、調達から支払いまでのプロセスの合理化、コンプライアンスの実現を支援します。


PeopleSoft Enterprise Services Automation
エンタープライズ・サービス・オートメーション

 

オラクルのPeopleSoft Enterprise Services Automationアプリケーションは、プロジェクト中心型の組織や部門に向けて、プロジェクトの選択やプランニング、スタッフ配置から実施、コスト管理、分析に至るまでのプロジェクト・ライフサイクル管理全般を業務、財務の両面で支えるコア業務プロセスの確立を支援します。PeopleSoft Enterprise Services Automationアプリケーションを使用すれば、すべてのプロジェクト関連活動を1カ所から正確に把握できるので、適切なプロジェクトを選択して優先順位付けし、適切なリソースを割り当て、事前に遂行を効率化するとともに、正確な予算編成、予測、請求/配賦によって収益性を追跡することが可能になります。

 


Supply Chain Management
Supply Chain Management

オラクルのPeopleSoft Supply Chain Management(SCM)は、同期されたサプライチェーン実現のために一体化された柔軟なソリューションを提供し、計画から生産まで、受注から入金までのビジネスプロセスを含むサプライチェーン全体の省コスト化を促進します。


PeopleSoft PeopleTools – Tools and Technology
PeopleTools ― ツールおよびテクノロジー

PeopleSoft PeopleToolsは、PeopleSoftアプリケーションの開発と実行をサポートする包括的な開発ツールセットです。メタデータとツールセット内のその他の効率的機能を活用し、アプリケーション開発者はPeopleSoftアプリケーションの開発やカスタマイズをすばやく簡単に実行できます。PeopleSoft PeopleToolsは、提供されている強力なミドルウェア・オプションとPeopleSoft Integration Brokerを使用することで、新たな開発標準であるサービス指向アーキテクチャ(SOA)にも独自に対応できます。


    E-mail this page E-mail this page    Printer View Printer View