Oracle Java SE AdvancedとOracle Java SE Suite

ミッションクリティカルJavaアプリケーション用の高度な監視/管理機能

オラクルのJava Platform, Standard Edition(Java SE)のバイナリには、JavaベースのIT環境のデプロイメント、監視、メンテナンスにかかるコストを最小化する、エンタープライズ機能が用意されています。

  • Oracle Java SE Advanced and Oracle Java SE Suite
  • Oracle Java SE Advanced and Oracle Java SE Suite
  • Oracle Java SE Advanced and Oracle Java SE Suite
 
最新情報をフォロー:
  • Javaアプリケーションを、パフォーマンス・オーバーヘッドなく監視、管理、およびプロファイリングできます。
  • 「タイムマシン」を利用し、時間を遡っての根本原因分析やプロファイリングがおこなえます。
  • 1つのライセンスで、2つの主要VM(HotSpotとJRockit)からVMを選択できます。
  • エンタープライズ用のJRE管理機能を利用できます。
  • JRockit Real Timeによる、業界トップクラスのリアルタイム・インフラ機能が利用できます。
h4>最新情報
Java logo

プレスリリース

オラクル、JavaOne 2013でJava SEの推進を強調

ニュースを読む
Java

プレスリリース

オラクル、Java SE 7の新しい機能(診断、監視、セキュリティ、デプロイ)をリリース

ニュースを読む
Java

IDC:Javaの動向

オラクル統合後2年半を経過して

レポートを読む(PDF)
ビデオ: Java SE 7 Update 40 Diagnostic and Security Features (5:43)

関連ソリューション

    E-mail this page E-mail this page    Printer View Printer View