Oracle Cloud
Managed Service Provider

Knowledge Zone

パートナー・サービスと
業界をリードするオラクルのクラウド・プラットフォームを組み合わせましょう。

業界では、現在、データ・センターの変革がトレンドとなっています。そのトレンドの一環として、データ・センターをパブリック・クラウド・プロバイダに委託したいと考える顧客も多くなっています。それらの顧客は、クラウドでのワークロードの軽減、実行および管理を支援してくれるパートナーを探しています。Oracle Cloud Managed Service Provider(MSP)プログラムでは、オラクルおよびオラクル以外のワークロードをOracle Cloud Platformに構築、導入、実行、および管理するのに必要なスキル、ツール、およびプロセスを保有しているパートナーを識別および認定しています。


 

Managed Service Providerになるには

このプログラムへの参加を希望するパートナーは、以下に要約されている一連の手順を実行する必要があります。

OPNメンバーシップおよびコンピテンシー面の要件を満たす

パートナーは、Cloud Designationを取得している有効なOPNメンバーで、Oracle Cloud MSPのCriteria(基準)表に規定されているトレーニングおよびアセスメントを完了している必要があります。詳細を見る

セルフアセスメント技術チェックリストを完了する

入力したOracle Cloud MSPセルフアセスメント技術チェックリストを提出して、オラクルに検証および承認してもらいます。詳細を見る

契約を締結し、取引を開始する

契約(Oracle Cloud Services契約のManaged Services Provider修正条項、またはOracle Master販売契約のOracle Cloud Services追加条項のManaged Services Providerスケジュールのいずれか)を締結し、取引を開始します。詳細を見る

特典を申請および活用する

すべての基準を満たしているパートナーは、Oracle MSPプログラムに申し込むことができます。プログラムへの参加が承認されたら、特典一覧表を参照して、利用可能な重要な特典やブランディングを活用します。詳細を見る

サード・パーティによる監査を完了する

技術チェックリストの承認を受け、Cloud MSP顧客を確保したら、オラクルが指定したサード・パーティによる監査のスケジュールを設定できます。監査が完了したら、未処理のアクションの概要が提供され、最終的なレビューと承認のために完全な監査レポートがオラクルに送られます。詳細を見る

モメンタム期間中に、収益、顧客および監査の基準を満たす

Oracle Cloud Managed Service Providerには、収益、顧客リファレンスおよび監査に関する追加的な基準を満たすことができるように、9か月の"モメンタム期間"が付与されます。詳細を見る



続きを読む


Integrated Cloud Applications & Platform Services