Enterprise Manager
Cloud Managementソリューション

Enterprise Managerは、一元化されたポリシーベースのリソース管理に対してバランスのとれたセルフサービス・プロビジョニング、統合されたチャージバックおよび容量計画、さらにアプリケーションからディスクまでの物理環境および仮想環境の完全な可視性を備えた、業界初の完全なクラウド・ソリューションです。

 

ソリューションの概要

Oracle Enterprise Manager for Oracle Cloud Platformは、オンプレミス、プライベート・クラウド、およびOracle Cloudでのアプリケーション環境の構築、デプロイメント、運用を可能にするソリューションです。Oracleベースのサービスの可視性と制御性が最大限に向上し、包括的な監視ソリューションとレポート作成ソリューションによってIT標準や企業ポリシーに確実に準拠できます。

Database as a Service

Oracle Cloud Management Pack for Oracle Databaseは、データベース・クラウド・サービスを管理して卓越したデータベース統合を行うための新しい機能とサポートを提供します。スナップ・クローンまたはRecovery Managerバックアップを使用したデータベース・クローニングにより、開発リソースやデータベース・リソースの利用率を最適化します。詳細情報 →

Middleware as a Service

Oracle Cloud Management Pack for Middlewareは、ミドルウェア中心のPlatform as a Service(PaaS)クラウドを企業内でデプロイおよび管理するために必要なすべての機能を提供します。詳細情報 →

Infrastructure as a Service

1回のクリックで、アセンブリにより多層アプリケーションをプロビジョニングします。ポリシーに基づくスケールアップ、スケールダウン、ライブ・マイグレーション、電源管理が可能です。

ic-Clock-red.png

ハイブリッド・クラウド管理

Oracle Enterprise Manager 12cは、既存のIT運用管理のスキルと手法を100%再利用しながら、ハイブリッド・クラウド全体にわたる管理、移行、テストおよびデプロイを実行する包括的な機能を提供します。 詳細情報 →