Oracle Solaris Studio

オラクル・システム向けの最適な開発プラットフォーム

オラクルによるC、C++、およびFortranの高度な開発ツール・スイートであるOracle Solaris Studio 12.3は、Oracle Solaris、Oracle Linux、およびRed Hat Enterprise Linuxオペレーティング・システム上の最適なアプリケーション・パフォーマンスと信頼性を実現するための、最新のコンパイラの最適化、マルチスレッド・パフォーマンス、および強力な分析ツールを提供します。 

最新情報
Oracle Solaris Studio開発チームは、Oracle OpenWorldおよびJavaOne 2013に参加します。詳細は、Focus on Oracle Solaris documentを確認してください。

SPARC M5、SPARC T5およびFujitsu M10 systems向けのサポートを備えたOracle Solaris Studio 12.3, 1/13 Platform Specific Enhancementは、サポート契約を結んでいるユーザーがMy Oracle Supportで入手できます。詳細は、MOSのKnowledge ZoneでArticle ID 1519949.1を検索してください。
 
 
   アプリケーション・パフォーマンスの高速化
Oracle Solaris Studio C、C++、およびFortranのコンパイラとライブラリにより、SPARC T4などのSPARCやx86ベースのアプリケーションが最大で3倍高速化します。
 
   アプリケーションの可観測性の向上
高度なパフォーマンス、メモリ、およびスレッド分析ツールにより、アプリケーションに最高の可観測性が得られます。新しいコード・アナライザは、コード・カバレッジを増やすための生産性の高い手順をハイライトする一方で、カバーされているコード上のメモリ・リークなどの一般的なコーディング・エラーを特定します。 
 
   開発者の生産性の向上
リモート開発機能により、Oracle Solaris、Linux、Microsoft WindowsまたはMac OSのあらゆるオペレーティング・システムから、サーバー・アプリケーションの編集、コンパイル、デバッグおよび分析機能が有効化されます。新しいツールにより、Oracle Database向けのCおよびC++のデータベース・アプリケーション開発が軽減されます。また、Oracle Solaris Studioにより、コンパイル時間が最大で20パーセント短縮されます。
 



Stay connected:
              



Oracle Solaris Studio 12.3 Webキャストを表示

 

以下についての詳細は、Oracle Solaris Studio データシートおよびProduct Briefsを参照してください。デバッガパフォーマンス・ライブラリパフォーマンス・アナライザコード・アナライザスレッド・アナライザIDE


最新情報

機能

システム要件

よくある質問

メディア
Left Curve
More Systems Downloads
Right Curve