新機能および更新内容 - Oracle Application Testing Suite 9.01

このバージョンでは後に説明する新機能とともに、既存の機能に対する保守改良がなされています。

  • OpenScript (機能テストサポート)
    Oracle Application Testing Suite 9.0 の OpenScript には機能テストのモジュールが加わりました。OpenScript は Oracle Application Testing Suite 8.50 のリリースにて新しく加わった自動化テスト スクリプトを作成するためのプラットフォームで、 GUI による直感的で容易に使える Eclipse ベースの Java 開発環境を備えた自動化スクリプトを作成するための強力なプラットフォームです。
    Oracle Application Testing Suite 9.0 リリースの OpenScript では Web/HTTP、Siebel、Oracle EBS/Forms および Web サービス アプリケーションに対する機能テストと負荷テストをサポートします。
    OpenScript は Oracle Functional Testing の構成コンポーネントとして扱われ、別途ライセンスは必要ありません。
     
  • Oracle E-Business Suite テスト アクセラレータ
    Oracle Application Testing Suite 9.0 リリースには Oracle E-Business Suite のための機能テスト、負荷テスト アクセラレータを含み、これらは Oracle E-Business Suite の機能テストおよび負荷テストの自動化を有効にします。 このアクセラレータは Web および Oracle Forms アプリケーション インタフェースの両方をサポートします。
     
  • Oracle WebLogic Server サポート
    Oracle Application Testing Suite は現在 Oracle Load Testing および Oracle Test Manager のためのアプリケーション サーバーとして Oracle WebLogic Server が認証されています。Oracle Load Testing および Oracle Test Manager のユーザーは、 これらの製品の利用のために使用できる Oracle WebLogic Server の制限されたライセンスが提供されます。
     
  • Oracle Database 11g Enterprise Edition サポート
    Oracle Application Testing Suite では正式に Oracle Database 11g Enterprise Edition を Oracle Load Testing および Oracle Test Manager のリポジトリ データベースとしてサポートします。 Oracle Load Testing および Oracle Test Manager のユーザーはこれらの製品での使用に限り、Oracle Database 11g Enterprise Edition をご利用いただけるライセンスを取得することができます。 Oracle Application Testing Suite は Oracle Database 10g をもリポジトリ データベースとしてサポートします。デモを目的とした ATS 使用のために Oracle 10g Express Edition (XE) データベースがインストールでき、自動的に構成されます。