新機能および更新内容 - Oracle Application Testing Suite 9.31

このバージョンでは、次に説明する新機能が提供されるとともに、既存の機能に対する保守改善が行われています。

  • OpenScript オブジェクト テスト
    OpenScript の Web 機能テストにおけるオブジェクト テストは値リストの利用可能なすべての属性を取得します。複数選択リスト: selectedText, allItems, selectedIndices, selectedItemsCount。単一選択リスト: allItems.
  • OpenScript Oracle 機能テスト API
    OpenScript Oracle 機能テスト API は exists メソッドにおいてタイムアウト値をサポートします。タイムアウト単位は TimeUnit を使用して指定することができます。
  • OpenScript Oracle EBS/Forms API
    OpenScript Oracle EBS/Forms 機能テスト API は getRowCount(), getColumnCount(), getCell() および doubleClick() について、forms.otsHGrid API によって OtsHGridContainer をサポートします。
  • OpenScript Oracle Fusion/ADF 記録
    Oracle Fusion/ADF 機能テストの OpenScript レコーダは ADF コンポーネントの記録時に id に代わり、記録するデフォルトの属性として absoluteLocator 属性を使用します。
  • OpenScript Oracle Fusion/ADF 記録
    Oracle Fusion/ADF 機能テストの OpenScript レコーダは ADF コンテナ コンポーネント自身ではなく、その内部の HTML エレメントを記録します。ADFPanelSplitter, ADFPage, ADFMessage, ADFMessages, ADFNoteWindow, ADFPanelAccordion, ADFPanelBox, ADFPanelList および ADFPanelTabbed コンポーネントに適用されます。
  • OpenScript RUEI セッション インポート
    OpenScript は Forms/Socket モード通信を含む RUEI セッション ログのインポートをサポートします。
  • Oracle Test Manager テスト ステップ インポート
    インポート機能は既存のテスト ケースに対して新規のテスト ステップをインポートします。
  • Oracle Load Testing カスタム グラフ
    実行時のグラフ参照の概要タブに新しいカスタム グラフ オプションのコンボ ボックスが追加されました。このカスタム グラフ オプションはユーザーが先に新規グラフを作成していた場合に使用可能です。選択すると、カスタム グラフ オプションはユーザーが作成したすべてのカスタム グラフに自動更新ビューを提供します。カスタム グラフの動作はデフォルト グラフに共通しています。