Oracle Functional Testing


概要 Oracle Functional Testing
Oracle Functional Testingは、Webアプリケーションの品質を確実にするための最速の方法です。Oracle Functional Testingは、強力で使いやすい機能テストおよびリグレッション・テスト・ツールで、テスト・プロセスの自動化を可能にします。機能テストおよび負荷テスト用の統合スクリプト・プラットフォームであるOpenScriptによって、スクリプティング時間が半分に減り、プロジェクトのテスト・スケジュールが数週間短縮されます。

OracleFunctional Testingは、パッケージ化されたアプリケーション、Webアプリケーション、サービス指向アーキテクチャをベースにしたアプリケーションを包括的にテストするためのOracle Enterprise Managerのソリューション中核製品であるOracle Application Testing Suiteのコンポーネントです。

おもな機能

  • Webアプリケーションのテストの自動化
  • GUIベースの直感的なビジュアル・スクリプト・インタフェースによるテスト・スクリプトの作成
  • 統合スクリプト・プラットフォームによる機能テストと負荷テストの自動化
  • 組込みテスト・ケースを使用したアプリケーションの検証
  • Oracle Real User Experience Insightからの負荷テストのスクリプト生成を自動化

おもな利点

  • テスト・スクリプトの作成時間を半減し、プロジェクトのテスト・スケジュールを数週間短縮
  • リリースごとに必要な手動テストの量を減少
  • テスト・スクリプトの開発ではなく、アプリケーション・テストへの集中が可能
  • テストの種類に合わせて、複数のツールやスクリプト言語を習得する必要性を排除
  • より広範なテスト範囲と質の高い検証により、アプリケーション品質を向上