思考遅延時間 - OpenScript (負荷テスト)

 

  1. 概要
    OpenScriptで作成したスクリプトには、コンテンツを閲覧したりキー入力を行ったりした時間が「思考遅延時間(シンクタイム)」として記録されています。
    この思考遅延時間を使ってOracle Load Testingで再生することにより、より人の操作に近い状態での負荷テストを行うことができます。
    なお、思考遅延時間はページ(リクエスト)単位で記録されています。
    思考遅延時間 - OpenScript (負荷テスト) - Oracle Wiki
     
  2. 操作ガイド
    • 自動記録された思考遅延時間の編集
      1. 編集するステップグループ(ページ)ノードを右クリックし、 [プロパティ] を選択します。
        思考遅延時間 - OpenScript (負荷テスト) - Oracle Wiki
         
      2. 遅延時間を入力します。
      3. [OK] ボタンをクリックします。
    • 思考遅延時間の追加
      1. 思考遅延時間を設定したいステップグループ(ページ)ノードを右クリックし、[追加]-[その他] を選択します。
        思考遅延時間 - OpenScript (負荷テスト) - Oracle Wiki
         
      2. [一般]-[思考遅延時間] を選択します。
      3. [OK] ボタンをクリックします。
      4. 遅延時間を入力します。
      5. [OK] ボタンをクリックします。
    • 再生時のオプション
      本設定はOpenScriptでの再生時のみ有効であり、Oracle Load Testing には引き継がれません。
      Oracle Load Testing での設定は 「思考遅延時間 - Oracle Load Testing」 を参照してください。


      記録された思考遅延時間をどのように使用するか設定します。
       * 思考遅延時間の種類については、「3. 再生時のオプション」を参照してください
      1. OpenScriptのメニューより、[表示]-[OpenScript詳細設定] を選択します。
      2. 左側のノードより、[再生] を選択します。
        思考遅延時間 - OpenScript (負荷テスト) - Oracle Wiki
         
      3. [一般] セクションの [VUペーシング(シンクタイム)] から使用するオプションを選択します。
      4. 選択したオプション応じて表示される [最小/最大] あるいは [下限/上限] を入力します。
      5. [OK] ボタンをクリックします。
  3. 再生時のオプション
    • 記録済み時間
      スクリプトに記録された遅延時間が使用されます。 [最小] および [最大] 編集ボックスに、スクリプト遅延時間をオーバーライドする最小と最大の遅延時間を設定できます。
      思考遅延時間 - OpenScript (負荷テスト) - Oracle Wiki
       
    • 記録済/ランダム
      記 録済のユーザー遅延に基づいたランダム遅延時間が使用されます。ランダムの下限は、実際に記録済のユーザー遅延から [下限] 割合設定を引いたものです。ランダムの上限は、実際に記録済のユーザー遅延に [上限] 割合設定を足したものです。たとえば、実際に記録された遅延時間が100秒で、 [下限] および [上限] 設定がそれぞれ10%と25%の場合、90から125秒の間のランダム遅延時間が使用されます。
      思考遅延時間 - OpenScript (負荷テスト) - Oracle Wiki
       
    • ランダム
      仮想ユーザー・ペーシングのランダム時間が使用されます。 [最小] および [最大] 編集ボックスに、ランダム遅延の最小と最大の遅延時間を設定できます。
      思考遅延時間 - OpenScript (負荷テスト) - Oracle Wiki
       
    • 遅延なし
      ページ・リクエスト間に時間を空けず、可能なかぎり速いスピードでスクリプトが再生されます。
      思考遅延時間 - OpenScript (負荷テスト) - Oracle Wiki
本ページは Oracle Application Testing Suite 9.20 の機能を元に記述しています