OTNセミナーオンデマンドTOPへ


▲OTNセミナーオンデマンドのイベント資料Index


Oracle DBA & Database Day 2015

2016年4月13日に実施されたセミナーの資料をご提供します。この資料に記載されている内容は、イベント時点のものであり、製品の仕様・ 機能 などについては今後、変更の可能性があります。

本セミナーでは、現場経験の豊かなオラクルコンサルタントや製品エキスパートより、今回は、予防保守をテーマに、トラブルを未然に防ぐ効率的 な データベース運用管理のベスト・プラクティスやTIPS集を、お客様の導入事例を交えてご紹介いたします。

 

 

 

[1] 予防保守を実践したいリーダーが考えるべきポイントとは?

資料PDFのダウンロードプレゼン資料(1.8MB)

「データベース運用」と聞いて、何が最初に思い浮かびますか?このセッションでは、システムにおける「データベース運用」の位置付けから、担当者が日々向き合う予防保守で必要なスキルを解説し、データベース運用の担当者として第一歩を踏み出すために知っておきたい知識や心構えを紹介します。

日本オラクル株式会社
コンサルティングサービス事業統括
クラウド・テクノロジーコンサルティング統括本部
DBソリューション部
コンサルティングマネジャー 
内村 友亮 

▲ページトップへ戻る

[2] 何から始めるべき?どこまでやるべき?予防保守と運用設計のススメ

資料PDFのダウンロードプレゼン資料(4.9MB)

データベースの安定稼働のためにはどうすればよいのか。このセッションでは、トラブル未然防止のための予防保守運用から、運用設計と運用標準化について、どのような項目に対して、何を考慮すべきなのか、多くのプロジェクト経験から得られたノウハウを交えて紹介します。

日本オラクル株式会社
コンサルティングサービス事業統括
クラウド・テクノロジーコンサルティング統括本部
DBアーキテクト部
プリンシパルコンサルタント 
池田 大地

▲ページトップへ戻る

[3] バージョン戦略とライフサイクル管理から見るトラブル予防の考え方

資料PDFのダウンロードプレゼン資料(1.9MB)

Oracle Databaseのバージョン選定やパッチレベル管理にどのような戦略をお持ちですか?なんとなく決まっていたり、漠然とリリース2のほうが安定していそう、と考えていませんか?本セッションでは、予防的な保守と密接な関係にあるデータベースライフサイクル管理の考え方についてご紹介します。

日本オラクル株式会社
クラウド・テクノロジー事業統括
データベースエンジニアリング本部
シニアエンジニア
小幡 創

▲ページトップへ戻る

[4] 運用ヘルスチェックでトラブル発生を予防しよう!

資料PDFのダウンロードプレゼン資料(2.6MB)

みなさまは、運用しているシステムの「ヘルスチェック」を実施していますか?ヘルスチェックにより、データ量増加やトランザクション量増加による性能劣化や領域増加の傾向を察知し、トラブル発生を予防することができます。人間に例えるなら、健康診断のようなものです。このセッションでは、データベースの診断情報を利用したヘルスチェックの手法を、実際のプロジェクトの事例に基づいて紹介します。

日本オラクル株式会社
コンサルティングサービス事業統括
クラウド・テクノロジーコンサルティング統括本部
DBソリューション部
スタッフコンサルタント
今西 由人
 

▲ページトップへ戻る

[5] トラブルを防ぐ!DBAチームの立ち上げとタスクの実践方法

資料PDFのダウンロードプレゼン資料(2MB)

DBAチームを立ち上げて予防保守を行うことで、システムトラブルを減らすことができます。本セッションでは、オラクルコンサルタントがDBAチームをゼロベースから立ち上げた事例に基づいて、トラブルを起こさない、見過ごさないための予防保守タスクの実践方法をご紹介します。

日本オラクル株式会社
コンサルティングサービス事業統括
クラウド・テクノロジーコンサルティング統括本部
DBアーキテクト部
アソシエイトコンサルタント
田中 彰人

▲ページトップへ戻る