しばちょう先生の試して納得!DBAへの道

はじめまして、こんにちは。この連載を担当する"しばちょう"こと柴田長(しばた つかさ)と申します。


データベース・スペシャリスト として、Oracle GRID Centerの設立当初からOracleの持つ最新技術をパートナー各社と共同で検証し、これまでにリアルなパフォーマンスに裏付けられた数多くのWhite Paperを執筆してきました。現在は大規模案件の現場を訪問し、お客様のシステムに最適なソリューション・デザインの提案やパフォーマンス・トラブルの問題解決に従事しております。

これらの提案やトラブル解決を行う上で痛感していることは、SIer時代の開発現場やOracle GRID Centerでの実機検証の経験が確実に生かされているということです。経験しているからこそ、マニュアル棒読みの機能紹介では留まらず、瞬時にその機能の適用シナリオも含めて自信を持って自分の言葉(お客様に合わせた言葉)でお客様に提案できますし、早期にトラブル原因の当たりを付けたり解決のアイディアを閃いたりすることが可能になっていると思っています。

今回の連載は、正に体験して頂くことが主軸となります。単純な機能紹介ではなく手を動かして理解を深めて頂けるような連載にしていきたいと考えております。内容としては私が新人をDBAに育てる際に使用する課題をカスタマイズしたものであり、レベルとしては初級~中級を想定しております。これからDBAを目指される方、実機での作業から数年間離れられている方等々、多くの方にご活用頂ければ幸いです。

【最新記事】

第28回 UNDO表領域の管理~保存期間の自動チューニング~

最近ではUNDO表領域のサイズとUNDOの保存期間だけを指定する自動UNDO管理が主流であり、Oracle Databaseが内部的にUNDOの保存期間を自動チューニングする機能により、ORA-1555(読取一貫性エラー)の発生が抑制されています。このような背景もあり、UNDO表領域はDBAのチューニング対象から外れているケースがあるかもしれませんが、ORA-1555が発生しなくとも実はパフォーマンスの問題が発生しているかもしれません。と言う事を、複数回にわたり体験して頂きたいと思います。今回は保存期間の自動チューニングの動作について、いくつかのV$ビューを活用しながら確認していきましょう。

【しばちょう先生のビデオ講座】


高可用性システムに適した管理性と性能を向上させる ASM と RMANの魅力

Oracle Databaseが提供する高可用性ソリューションは可用性を高めるだけにとどまらず、性能および管理性の向上も実現します。本セッションでは、Oracle Automatic Storage Management (ASM)やOracle Recovery Manager(RMAN)、Flashback機能につい て、概要レベルから一歩踏み込むことで見えてくる魅力について紹介します。

MP4WMVプレゼン資料