Oracle JHeadstart 11g for ADF


Oracle JHeadstart 11g for ADFは、Oracle Application Development Framework(ADF)の開発者の生産性を劇的に向上させます。IT組織は、複雑なトランザクションJEEアプリケーションを構築するためにJEEのエキスパートを集めることなく、Java EEを素早く導入できます。

高機能のメタデータを介してアプリケーションを宣言的に指定し、シンプルなプロパティ・エディタとJHeadstart Application Generatorを使用することにより、JHeadstartでは、ViewとしてRich ADF Facesを、ControllerとしてADF Task Flowsを、Business ServiceレイヤーとしてADF Business Componentsをそれぞれ使用して、非常に洗練されたADFアプリケーションを作成します。特徴としては、ツリー、(複数選択ができる)LOV、クイック検索と高度検索、ウィザード、シャトル、ディープ・リンキング、動的なブレッドクラム、条件付きの依存アイテム、ファイングレイン・セキュリティ、実行時に定義されるフレックス・アイテム、メニュー構造の実行時カスタマイズ、包括的な多言語サポートなどがあります。

JHeadstartではADF 11の新機能に関連したADF 11のベストプラクティスのホストが自動実装されます。ADF 11の新機能には、バウンド(アンバウンド)タスク・フロー、ページ・フラグメント、ページ・テンプレート、(動的な)領域、XML Menu Modelとモデル駆動型のLOVなどがあります。また、Oracle JDeveloper IDEとシームレスに統合するJHeadstartは、Oracle Consultingの世界規模のベストプラクティスに基づいています。

JHeadstartにはJHeadstart Forms2ADF Generatorが含まれており、Oracle FormsアプリケーションをADFアプリケーションに直接変換できます。それによって、JEE(Java Enterprise Edition)開発プラットフォームへの移動に関する投資が保護されます。


Oracle JHeadstart 11g
Forms2ADF
 Fact Sheet  Overview Presentation
 Overview Presentation  Forms2ADF Assessment Service 
 End-to-end Tutorial (PDF) Online Demonstrations
 Developer's Guide  Demo 1 - The Forms Application
 Feature List  Demo 2 - Generation Process
 Support Matrix  Demo 3 - ADF application
 JEE Pilot Service     
 Frequently Asked Questions