Oracle Linux のローカル Yum リポジトリの作成方法

Jared Greenwald著

ローカル Yum リポジトリを作成し、up2date または yum を構成して、リポジトリからパッケージをインストールおよび更新する方法

2012年6月公開

前提条件

ローカル・リポジトリをホストするシステムの要件は次のとおりです。

  • i386 または x86_64 用の Oracle Linux 5 、または Oracle Linux 6 を実行している
  • 有効なカスタマ・サポート識別子(CSI)がある

サーバーの設定

以下の手順では、Unbreakable Linux Network から最新パッケージをダウンロードし、ローカル Yum サーバーでパッケージを使用可能にする方法について説明します。 単一マシン上に、i386、x86_64、および ia64 のレポジトリを作成およびホストできます。

  1. linux.oracle.com でマシンを登録します。

    Oracle Linux 5 の場合:

    1. RPM GPG key をインポートします。
      rpm --import /usr/share/rhn/RPM-GPG-KEY
      
    2. up2date をテキスト・モードで実行します。
      up2date-nox --register
      
    3. マシンを登録します。 ユーザー名、パスワード、および有効な CSI を入力します。
       

    Oracle Linux 6 の場合:

    1. uln_register コマンドを実行します。
      uln_register
      
    2. マシンを登録します。 ユーザー名、パスワード、および有効な CSI を入力します。

  2. 利用可能なチャネルすべてにマシンをサブスクライブします。 (後で、以下の 手順 4b に記載されている指定されたチャネルにもサブスクライブします。)

    1. Webブラウザを開いて、linux.oracle.com の Unbreakable Linux Network に移動します。
    2. マシンを登録する際に使用したユーザー名およびパスワードでログインします。
    3. 右上にある「Systems」タブをクリックします。
    4. リストから登録したマシンを探し、クリックします。
    5. EDIT」ボタンをクリックします。
    6. Yum Server」チェック・ボックスを選択し、「Apply Changes」ボタンをクリックします。
    7. Yum リポジトリを作成するチャネルをすべて選択し、「Subscribe」をクリックします。 次の表に使用可能なチャネルが記載されています。

      表1:Oracle Linux 5
      i386チャネル x86_64チャネル IA64チャネル 説明
      el5_i386_latest el5_x86_64_latest el5_ia64_latest Oracle Linux 5の最新の更新プログラム
      el5_i386_addons el5_x86_64_addons N/A Oracle Linux 5アドオン・パッケージ
      el5_i386_oracle el5_x86_64_oracle N/A Oracle Linux 5のエンタープライズ・ソフトウェア
      el5_ga_i386_base el5_ga_x86_64_base N/A Oracle Linux 5 GAベース・パッケージ
      el5_u1_i386_base el5_u1_x86_64_base N/A Oracle Linux 5 Update 1ベース・パッケージ
      el5_u2_i386_base el5_u2_x86_64_base N/A Oracle Linux 5 Update 2ベース・パッケージ
      el5_u3_i386_base el5_u3_x86_64_base N/A Oracle Linux 5 Update 3ベース・パッケージ
      el5_u4_i386_base el5_u4_x86_64_base el5_u4_ia64_base Oracle Linux 5 Update 3ベース・パッケージ
      el5_u5_i386_base el5_u5_x86_64_base el5_u5_ia64_base Oracle Linux 5 Update 3ベース・パッケージ
      el5_ga_i386_patch el5_ga_x86_64_patch N/A Oracle Linux 5 GAパッチ
      el5_u1_i386_patch el5_u1_x86_64_patch N/A Oracle Linux 5 Update 1パッチ
      el5_u2_i386_patch el5_u2_x86_64_patch N/A Oracle Linux 5 Update 2パッチ
      el5_u3_i386_patch el5_u3_x86_64_patch N/A Oracle Linux 5 Update 3パッチ
      el5_u4_i386_patch el5_u4_x86_64_patch el5_u4_ia64_patch Oracle Linux 5 Update 4パッチ
      el5_u5_i386_patch el5_u5_x86_64_patch el5_u5_ia64_patch Oracle Linux 5 Update 5パッチ
      ol5_i386_latest ol5_x86_64_latest ol5_ia64_latest Oracle Linux 5の最新の更新プログラム
      N/A ol5_u5_x86_64_base N/A Oracle Linux 5 Update 5ベース・パッケージ
      ol5_u6_i386_base ol5_u6_x86_64_base ol5_u6_ia64_base Oracle Linux 5 Update 6ベース・パッケージ
      ol5_u7_i386_base ol5_u7_x86_64_base ol5_u7_ia64_base Oracle Linux 5 Update 7ベース・パッケージ
      ol5_u8_i386_base ol5_u8_x86_64_base ol5_u8_ia64_base Oracle Linux 5 Update 8ベース・パッケージ
      N/A ol5_u5_x86_64_patch N/A Oracle Linux 5 Update 5パッチ
      ol5_u6_i386_patch ol5_u6_x86_64_patch ol5_u6_ia64_patch Oracle Linux 5 Update 6パッチ
      ol5_u7_i386_patch ol5_u7_x86_64_patch ol5_u7_ia64_patch Oracle Linux 5 Update 7パッチ
      ol5_u8_i386_patch ol5_u8_x86_64_patch ol5_u8_ia64_patch Oracle Linux 5 Update 8パッチ

      表2:Oracle Linux 6
      i386チャネル x86_64チャネル IA64チャネル 説明
      ol6_i386_latest ol6_x86_64_latest N/A Oracle Linux 6の最新の更新プログラム
      ol6_i386_addons ol6_x86_64_addons N/A Oracle Linux 6のOracleアドオン
      ol6_i386_oracle ol6_x86_64_oracle N/A Oracle Linux 6のOracleソフトウェア
      ol6_ga_i386_base ol6_ga_x86_64_base N/A Oracle Linux 6 GAベース・パッケージ
      ol6_u1_i386_base ol6_u1_x86_64_base N/A Oracle Linux 6 Update 1ベース・パッケージ
      ol6_u2_i386_base ol6_u2_x86_64_base N/A Oracle Linux 6 Update 2ベース・パッケージ
      ol6_ga_i386_patch ol6_ga_x86_64_patch N/A Oracle Linux 6 GAパッチ
      ol6_u1_i386_patch ol6_u1_x86_64_patch N/A Oracle Linux 6 Update 1パッチ
      ol6_u2_i386_patch ol6_u2_x86_64_patch N/A Oracle Linux 6 Update 2パッチ

      表3:Oracle VM 2.1
      チャネル 説明
      ovm2_i386_latest Oracle VM 2の最新の更新プログラム
      ovm2_2.1.0_i386_base Oracle VM 2.1.0ベース・パッケージ
      ovm2_2.1.1_i386_base Oracle VM 2.1.1ベース・パッケージ
      ovm2_2.1.2_i386_base Oracle VM 2.1.2ベース・パッケージ
      ovm2_2.1.5_i386_base Oracle VM 2.1.5ベース・パッケージ
      ovm2_2.1.0_i386_patch Oracle VM 2.1.0パッチ
      ovm2_2.1.1_i386_patch Oracle VM 2.1.1パッチ
      ovm2_2.1.2_i386_patch Oracle VM 2.1.2パッチ
      ovm2_2.1.5_i386_patch Oracle VM 2.1.5パッチ

      表4:Oracle VM 2.2
      チャネル 説明
      ovm22_i386_latest Oracle VM 2.2の最新の更新プログラム
      ovm22_i386_oracle Oracle VM 2.2のOracleソフトウェア
      ovm22_2.2.0_i386_base Oracle VM 2.2.0ベース・パッケージ
      ovm22_2.2.1_i386_base Oracle VM 2.2.1ベース・パッケージ
      ovm22_2.2.2_i386_base Oracle VM 2.2.2ベース・パッケージ
      ovm22_2.2.0_i386_patch Oracle VM 2.2パッチ
      ovm22_2.2.1_i386_patch Oracle VM 2.2パッチ
      ovm22_2.2.2_i386_patch Oracle VM 2.2パッチ

      表5:Oracle VM 3
      チャネル 説明
      ovm3_x86_64_latest Oracle VM 3の最新の更新プログラム
      ovm3_3.0_x86_64_base Oracle VM 3.0.1ベース・パッケージ
      ovm3_3.0.2_x86_64_base Oracle VM 3.0.2ベース・パッケージ
      ovm3_3.0.3_x86_64_base Oracle VM 3.0.3ベース・パッケージ
      ovm3_3.0_x86_64_patch Oracle VM 3.0.1パッチ
      ovm3_3.0.3_x86_64_patch Oracle VM 3.0.3パッチ
      ovm3_3.1.1_x86_64_base Oracle VM 3.1.1ベース・パッケージ
      ovm3_3.1.1_x86_64_patches Oracle VM 3.1.1パッチ


  3. /var/www/html に Yum リポジトリ・ベース・ディレクトリを作成します。 このディレクトリに、リポジトリが保持されます。 Yum リポジトリ所有者が、このディレクトリへの読取り/書込み権限を持っていることを確認します。
    mkdir -p /var/www/html/yum
    
    表6:各チャネルのおおよその領域要件
    チャネル バイナリのみ バイナリとソース
    el*/ol*_latest 3~10GB 5~15GB
    el*/ol*_addons 600MB 1GB
    el*/ol*_oracle 1GB N/A
    el*/ol*_base 3GB 5.5GB
    el*/ol*_patch 1GB 2GB
    ovm*_latest 500MB 1GB
    ovm*_base 400MB 800MB
    ovm*_patch 100MB 200MB


  4. リポジトリを設定します。

    1. 167283.sh をダウンロードします。 スクリプト内のリポジトリのロケーションが異なる場合は編集します。
    2. マシンを正しい最新のアドオン・チャネルに登録します。 指定されたチャネルは、マシンで実行されているOSのバージョンとアーキテクチャによって異なります。 これにより、167283.shuln-yum-proxy パッケージをインストールできます。続けて、Yum リポジトリの作成に必要なパッケージがインストールされます。

      表7:指定されたチャネル
      OS アーキテクチャ 指定されたチャネル
      Oracle Linux 5 i386 el5_i386_latest el5_i386_addons
      Oracle Linux 5 x86_64 el5_x86_64_latest el5_x86_64_addons
      Oracle Linux 5 i386 ol5_i386_latest el5_i386_addons
      Oracle Linux 5 x86_64 ol5_x86_64_latest el5_x86_64_addons
      Oracle Linux 6 i386 ol6_i386_latest ol6_i386_addons
      Oracle Linux 6 x86_64 ol6_x86_64_latest ol6_x86_64_addons

    3. 167283.sh を実行します。 これにより、登録したチャネルの Yum リポジトリが作成されます。

      • バイナリ RPM のみをダウンロードするには、スクリプトをオプションなしで実行します。
        sh 167283.sh
        
        
      • バイナリとソースの両方の RPM をダウンロードするには、オプション src を指定してスクリプトを実行します。
        sh 167283.sh src
        
  5. Web サーバーを起動します。
    chkconfig httpd on
    /etc/init.d/httpd start
    
  6. 167283.sh を実行して、リポジトリを定期的に更新してください。 1日に1回または2回実行することを推奨します。

クライアントの設定

リポジトリ・サーバーを設定したら、設定したリポジトリを使用できるようクライアントを構成する必要があります。

  1. GPG key をインポートします。
    rpm --import /usr/share/rhn/RPM-GPG-KEY
    
  2. Oracle Linux 5のみの場合、以下の手順を実行します。

    1. /etc/sysconfig/rhn/sources を編集して up2date default の行を次のようにコメント・アウトし、Yum リポジトリを使用できるよう up2date を構成します。
      # up2date default
      
      
    2. 次の行を追加して、<repository_server> を Yum リポジトリをホストしているマシンのホスト名に置き換えます。 必要に応じて、個別のリポジトリをコメント・アウトします。

      Oracle Linux 5:

      yum el5_$ARCH_latest http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/latest/$ARCH/
      #yum el5_$ARCH_addons http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/addons/$ARCH/
      #yum el5_$ARCH_oracle http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/oracle/$ARCH/
      #
      #yum el5_ga_$ARCH_base http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/ga/base/$ARCH/
      #yum el5_u1_$ARCH_base http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/1/base/$ARCH/
      #yum el5_u2_$ARCH_base http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/2/base/$ARCH/
      #yum el5_u3_$ARCH_base http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/3/base/$ARCH/
      #yum el5_u4_$ARCH_base http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/4/base/$ARCH/
      #yum el5_u5_$ARCH_base http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/5/base/$ARCH/
      #
      #yum el5_ga_$ARCH_patch http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/ga/patch/$ARCH/
      #yum el5_u1_$ARCH_patch http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/1/patch/$ARCH/
      #yum el5_u2_$ARCH_patch http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/2/patch/$ARCH/
      #yum el5_u3_$ARCH_patch http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/3/patch/$ARCH/
      #yum el5_u4_$ARCH_patch http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/4/patch/$ARCH/
      #yum el5_u5_$ARCH_patch http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/5/patch/$ARCH/
      
      yum ol5_$ARCH_latest http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL5/latest/$ARCH/
      #yum ol5_u5_$ARCH_base http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL5/1/base/$ARCH/
      #yum ol5_u6_$ARCH_base http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL5/1/base/$ARCH/
      #yum ol5_u7_$ARCH_base http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL5/1/base/$ARCH/
      #yum ol5_u8_$ARCH_base http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL5/1/base/$ARCH/
      #
      #yum ol5_u5_$ARCH_patch http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL5/1/patch/$ARCH/
      #yum ol5_u6_$ARCH_patch http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL5/1/patch/$ARCH/
      #yum ol5_u7_$ARCH_patch http://<repository_server>/yum/OracleLinux/EL5/1/patch/$ARCH/
      #yum ol5_u8_$ARCH_patch http://<repository_server>/yum/OracleLinux/EL5/1/patch/$ARCH/
      
      

      Oracle VM 2.1:

      yum ovm2_i386_latest http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM2/latest/i386/
      #yum ovm2_2.1.0_i386_base http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM2/2.1.0/base/i386/
      #yum ovm2_2.1.1_i386_base http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM2/2.1.1/base/i386/
      #yum ovm2_2.1.2_i386_base http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM2/2.1.2/base/i386/
      #yum ovm2_2.1.5_i386_base http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM2/2.1.5/base/i386/
      #
      #yum ovm2_2.1.0_i386_patch http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM2/2.1.0/patch/i386/
      #yum ovm2_2.1.1_i386_patch http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM2/2.1.1/patch/i386/
      #yum ovm2_2.1.2_i386_patch http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM2/2.1.2/patch/i386/
      #yum ovm2_2.1.5_i386_patch http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM2/2.1.5/patch/i386/
      
      

      Oracle VM 2.2:

      yum ovm22_i386_latest http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM22/latest/i386/
      #yum ovm22_i386_oracle http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM22/oracle/i386/
      #
      #yum ovm22_2.2.0_i386_base http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM22/2.2.0/base/i386/
      #yum ovm22_2.2.1_i386_base http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM22/2.2.1/base/i386/
      #yum ovm22_2.2.2_i386_base http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM22/2.2.2/base/i386/
      #
      #yum ovm22_2.2.0_i386_patch http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM22/2.2.0/patch/i386/
      #yum ovm22_2.2.1_i386_patch http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM22/2.2.1/patch/i386/
      #yum ovm22_2.2.2_i386_patch http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM22/2.2.2/patch/i386/
      
      
  3. Yum クライアントを使用している場合は、次の必要な手順を実行します。

    1. /etc/yum.repos.d/ULN-Base.repo を以下に置き換えます。 最新のチャネルのみがデフォルトで有効になっていることを確認してください。 <repository_server> を、Yum リポジトリをホストしているマシンのホスト名または IP アドレスに置き換えます。

      Oracle Linux 5:

      [el5_latest]
      name=Oracle Linux $releasever - $basearch - latest
      baseurl=http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/latest/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=1
      
      [el5_addons]
      name=Oracle Linux $releasever - $basearch - addons
      baseurl=http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/addons/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [el5_oracle]
      name=Oracle Linux $releasever - $basearch - oracle
      baseurl=http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/oracle/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [el5_ga_base]
      name=Oracle Linux $releasever GA - $basearch - base
      baseurl=http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/ga/base/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [el5_u1_base]
      name=Oracle Linux $releasever U1 - $basearch - base
      baseurl=http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/1/base/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [el5_u2_base]
      name=Oracle Linux $releasever U2 - $basearch - base
      baseurl=http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/2/base/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [el5_u3_base]
      name=Oracle Linux $releasever U3 - $basearch - base
      baseurl=http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/3/base/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [el5_u4_base]
      name=Oracle Linux $releasever U4 - $basearch - base
      baseurl=http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/4/base/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [el5_u3_base]
      name=Oracle Linux $releasever U3 - $basearch - base
      baseurl=http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/5/base/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [el5_ga_patch]
      name=Oracle Linux $releasever GA - $basearch - patch
      baseurl=http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/ga/patch/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [el5_u1_patch]
      name=Oracle Linux $releasever U1 - $basearch - patch
      baseurl=http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/1/patch/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [el5_u2_patch]
      name=Oracle Linux $releasever U2 - $basearch - patch
      baseurl=http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/2/patch/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [el5_u3_patch]
      name=Oracle Linux $releasever U3 - $basearch - patch
      baseurl=http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/3/patch/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [el5_u4_patch]
      name=Oracle Linux $releasever U4 - $basearch - patch
      baseurl=http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/4/patch/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [el5_u5_patch]
      name=Oracle Linux $releasever U5 - $basearch - patch
      baseurl=http://<repository_server>/yum/EnterpriseLinux/EL5/5/patch/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ol5_latest]
      name=Oracle Linux $releasever - $basearch - latest
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL5/latest/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=1
      
      [ol5_u5_base]
      name=Oracle Linux $releasever U5 - $basearch - base
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL5/5/base/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ol5_u6_base]
      name=Oracle Linux $releasever U6 - $basearch - base
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL5/6/base/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ol5_u7_base]
      name=Oracle Linux $releasever U7 - $basearch - base
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL5/7/base/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ol5_u8_base]
      name=Oracle Linux $releasever U8 - $basearch - base
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL5/8/base/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ol5_u5_patch]
      name=Oracle Linux $releasever U5 - $basearch - patch
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL5/5/patch/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ol5_u6_patch]
      name=Oracle Linux $releasever U6 - $basearch - patch
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL5/6/patch/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ol5_u7_patch]
      name=Oracle Linux $releasever U7 - $basearch - patch
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL5/7/patch/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ol5_u8_patch]
      name=Oracle Linux $releasever U8 - $basearch - patch
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL5/8/patch/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      

      Oracle Linux 6:

      [ol6_latest]
      name=Oracle Linux $releasever - $basearch - latest
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL6/latest/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=1
      
      [ol6_addons]
      name=Oracle Linux $releasever - $basearch - addons
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL6/addons/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ol6_oracle]
      name=Oracle Linux $releasever - $basearch - oracle
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL6/oracle/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ol6_ga_base]
      name=Oracle Linux $releasever GA - $basearch - base
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL6/0/base/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ol6_u1_base]
      name=Oracle Linux $releasever U1 - $basearch - base
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL6/1/base/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ol6_u2_base]
      name=Oracle Linux $releasever U2 - $basearch - base
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL6/2/base/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ol6_ga_patch]
      name=Oracle Linux $releasever GA - $basearch - patch
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL6/0/patch/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ol6_u1_patch]
      name=Oracle Linux $releasever U1 - $basearch - patch
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL6/1/patch/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ol6_u2_patch]
      name=Oracle Linux $releasever U2 - $basearch - patch
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleLinux/OL6/2/patch/$basearch/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      

      Oracle VM 2.1:

      [ovm2_latest]
      name=Oracle VM 2 - i386 - latest
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM2/latest/i386/
      gpgcheck=1
      enabled=1
      
      [ovm2_2.1.0_base]
      name= Oracle VM 2.1.0 - i386 - base
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM2/2.1.0/base/i386/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ovm2_2.1.1_base]
      name= Oracle VM 2.1.1 - i386 - base
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM2/2.1.1/base/i386/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ovm2_2.1.2_base]
      name= Oracle VM 2.1.2 - i386 - base
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM2/2.1.2/base/i386/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ovm2_2.1.5_base]
      name= Oracle VM 2.1.5 - i386 - base
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM2/2.1.5/base/i386/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ovm2_2.1.0_patch]
      name= Oracle VM 2.1.0 - i386 - patch
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM2/2.1.0/patch/i386/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ovm2_2.1.1_patch]
      name= Oracle VM 2.1.1 - i386 - patch
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM2/2.1.1/patch/i386/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ovm2_2.1.2_patch]
      name= Oracle VM 2.1.2 - i386 - patch
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM2/2.1.2/patch/i386/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ovm2_2.1.5_patch]
      name= Oracle VM 2.1.5 - i386 - patch
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM2/2.1.5/patch/i386/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      

      Oracle VM 2.2:

      [ovm22_latest]
      name=Oracle VM 2.2 - i386 - latest
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM22/latest/i386/
      gpgcheck=1
      enabled=1
      
      [ovm22_oracle]
      name=Oracle VM 2.2 - i386 - oracle
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM22/oracle/i386/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ovm22_2.2.0_base]
      name= Oracle VM 2.2.0 - i386 - base
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM22/2.2.0/base/i386/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ovm22_2.2.1_base]
      name= Oracle VM 2.2.1 - i386 - base
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM22/2.2.1/base/i386/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ovm22_2.2.0_patch]
      name= Oracle VM 2.2.0 - i386 - patch
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM22/2.2.0/patch/i386/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      [ovm22_2.2.1_patch]
      name= Oracle VM 2.2.1 - i386 - patch
      baseurl=http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM22/2.2.1/patch/i386/
      gpgcheck=1
      enabled=0
      
      
    2. Oracle VM 3 の構成の場合、「Tools」 -> 「Server Update Management (YUM)」を選択し、次の情報を入力して、リポジトリ URL を Oracle VM 3 Manager の構成に追加します。

      表8:リポジトリの追加
      Yum リポジトリ名 Yum ベースURL*
      My OVM3 Mirror http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM3/3.0/latest/x86_64/

      * ミラー構成によって、Yum ベース URL として次のいずれかを使用できます。

      http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM3/3.0/base/x86_64/
      http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM3/3.0.2/base/x86_64/
      http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM3/3.0.3/base/x86_64/
      http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM3/3.0/patch/x86_64/
      http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM3/3.0.3/patch/x86_64/
      http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM3/3.1.1/base/x86_64/
      http://<repository_server>/yum/OracleVM/OVM3/3.1.1/patch/x86_64/
      
      
      
  4. up2date または yum を次のように使用して、ローカル Yum リポジトリからファイルのインストールや更新を行うことができます。
    up2date -u
    
    yum update
    
    

参照

著者について

Jared Greenwaldは、オラクルのSenior Developerであり、Unbreakable Linux Network のプロジェクト・リードの1人です。

リビジョン1.1、11.06.12

オラクルのすべてのテクノロジーに関するシステム管理関連のコンテンツについては、OTN Systems の FacebookTwitter をフォローして確認してください。