課題解決のためのシステム要件とは?

A社では、顧客問合せによるオーダー作成から、注文の確定、在庫確認、出荷、請求書発行など、受注から入金までのサイクル全体にわたる自動化、ワークフロー、およびデータの共有化を行いたいという要望がありました。

複雑な製品構成の中でいかに顧客のオーダーを確定し、在庫状況を確認したらいいのか。業務管理者がリアルタイムのオーダー状況を把握するしくみをどう作ったらいいのか。さらには自動オーダー処理を実現するためには、どうしたらいいのか。問題は山積していました。これらを実現するためには、既存の顧客管理システム(Siebel CRM)とOracle E-Business Suiteの受注管理モジュールをむすび、受注から売掛回収までのプロセスを統合することが不可欠だったのです。

Next従来型の解決アプローチだと・・・

変化に強い、次世代のIT基盤を手に入れたい方はぜひお電話ください

Oracle Direct フリーダイヤル0120-155-096
ライセンスのご案内から、ソリューションのご提案まで、ご購入に関するあらゆるご質問・ご相談にお応えしています。お客様や、お客様のご担当ユーザー様がご希望のシステム要件に最適な製品や機能、システム構成のご案内・ご提案を、担当営業が無料で行います。
Oracle Direct とは