従来型の解決アプローチ

既存のビジネス・アプリケーション間の連携を取るために、従来はそれぞれのシステム間のインターフェースとなる連携プログラムを個別に作りこんでいく手法が取られます。

簡単には連携できない既存のアプリケーション

アプリケーション間の連携を行うために、一般的には、連携プログラムを使用します。連携プログラムは、一連のプロセスをアプリケーションから別のアプリケーションへと整合性を保ちながら処理しますが、このようなプログラムを開発するには、繊細で厳密な基本設計と実装が不可欠です。これは技術的に非常に難しい作業で、この問題を解決するには高度なスキルをもった人材と、異なる部門間のコミュニケーション調整の時間も含めて膨大な開発期間が必要となります。これは、とりもなおさずコストの増大を意味します。さらに、必要に応じてアプリケーション間の連携を増やすことで、企業システム全体が複雑化してしまうと、システム全体の信頼性や品質の低下を招くばかりか、将来のシステム拡張に向けた柔軟性を失ってしまうおそれも生じます。さまざまな意味から、従来の手法では、既存のアプリケーションの連携は難しいと言わざるを得ません。

アプリケーション統合アーキテクチャ(AIA)による2つの解決アプローチ

1. あらかじめ用意されているビジネスプロセス統合テンプレート(プロセス統合パック:PIP)なら驚きの開発スピードを実現!
2. さらに、旧来お使いのシステムや他社製品との連携など、より柔軟なビジネスプロセスを自由に構築!

変化に強い、次世代のIT基盤を手に入れたい方はぜひお電話ください

Oracle Direct フリーダイヤル0120-155-096
ライセンスのご案内から、ソリューションのご提案まで、ご購入に関するあらゆるご質問・ご相談にお応えしています。お客様や、お客様のご担当ユーザー様がご希望のシステム要件に最適な製品や機能、システム構成のご案内・ご提案を、担当営業が無料で行います。
Oracle Direct とは