AIAによる解決アプローチ1

Oracle AIAでは、プロセス統合パック(Process Integration Pack:PIP)によってあらかじめ用意されているビジネスプロセスを利用することで、目的に応じたビジネスプロセスと、そのためのビジネス・アプリケーション連携を実現できます。

PIPによってアプリケーション連携をスピードアップ

PIPは、特定の目的のビジネスプロセスを定義、記述したテンプレートで、既存のアプリケーション機能の連携を実現します。今回は、受注管理の一連の業務プロセスをサポートするプロセス統合パック「Siebel CRM Integration Pack for Oracle E-Business Suite Order Management」を利用しました。
「Siebel CRM Integration Pack for Oracle E-Business Suite Order Management」は、複雑な製品構成や使用可能な在庫、自動注文プロセス、価格の同期およびリアルタイムの注文ステータスなどに対応しているため、必要な機能を選ぶだけで注文から入金までのビジネスプロセスを構築できます。アプリケーション連携機能を0から作る時のような、ビジネス部門とIT部門のコミュニケーションによるリスクはありません。また、Oracle AIAが提供する共通サービスや共通オブジェクト、オープンスタンダード・ベースの基盤としての「Oracle Fusion Middleware」などを利用することで、他のアプリケーションの機能や動作への影響なしに、アプリケーション連携を実装できます。これにより、ビジネスプロセス開発にかかる期間を大幅に短縮し、開発費の削減も実現しました。

変化にも強いプロセスの構築が可能

いったんPIPを使って構築されたプロセス連携は、将来ビジネス環境が変わっても、プロセス定義に手を入れるだけで、簡単に修正や追加ができます。もちろん、システムを改変する必要はありません。また、個別のアプリケーションがアップグレードされてもそのまま使い続けられます。PIPを用いることで「持続的な変化」に対応できるビジネスのしくみが構築できます。

プロセス統合パックの利用で、開発期間&コストを削減
あらかじめ定義された最適な業務プロセスを利用することで、プロセス開発の時間・コストを削減

Oracle AIAによる基板構築で、高信頼のSOA環境を実現
あらかじめ検証された共通サービス、共通オブジェクトを利用することで、業務実行環境としての信頼性を向上

柔軟なアプリケーション連携により、システム投資の価値を最大化
変更、拡張が容易なビジネスプロセスの開発手法により、既存アプリケーションの価値を永続化

改変・追加に柔軟に対応できる、変化に強いシステムを構築
プロセス連携とサービス、共通機能の分離により、「持続的な変化」に対応できるアプリケーション開発を実現

解決アプローチ2 さらに、旧来お使いのシステムや他社製品との連携など、より柔軟なビジネスプロセスを自由に構築!

変化に強い、次世代のIT基盤を手に入れたい方はぜひお電話ください

Oracle Direct フリーダイヤル0120-155-096
ライセンスのご案内から、ソリューションのご提案まで、ご購入に関するあらゆるご質問・ご相談にお応えしています。お客様や、お客様のご担当ユーザー様がご希望のシステム要件に最適な製品や機能、システム構成のご案内・ご提案を、担当営業が無料で行います。
Oracle Direct とは