プロセス統合パック(Process Integration Packs:PIP)とは

AIAでは、Oracle Applicationsをはじめとするアプリケーション製品を連携させることで、ビジネス・プロセスを統合しますが、そのための中核的な機能を提供するコンポーネントが、プロセス統合パック(Process Integration Packs : PIP)です。

業務ニーズに対応したプロセス連携を提供する事前構築済みの統合パッケージ

SOA手法を使って、部門をまたがる業務システムを構築するには、オブジェクトやサービスを数百個作って集め、何万通りにも組み合わせるなど、大がかりな作業が必要です。Oracle AIAでは、これらが主要なアプリケーション向けにパッケージ化された業務プロセスとして用意されています。それがPIPです。

PIPは、あらかじめ定義された一連のプロセスに従って既存のアプリケーション製品の機能を連携させ、新しい業務プロセスを実行するための事前構築済みの統合パッケージです。お客様は、オラクルから提供される個別の業務ニーズに合わせたPIPを選択するだけで、SOAに準拠した新しいビジネス・プロセスを、すばやく確実に導入することができるようになります。また、導入期間の短縮により、システム統合にかかる費用を大幅に削減できます。

次々と登場する、PIP

オラクルからは、すでに「Oracle E-Business Suite」と「Siebel CRM On Demand」の統合、「Oracle E-Business Suite Order Management」と「Siebel CRM」の統合をはじめ、8種類のPIPが出荷されています。今後、さまざまな業務向けや業界向けのPIPが登場する予定です。

変化に強い、次世代のIT基盤を手に入れたい方はぜひお電話ください

Oracle Direct フリーダイヤル0120-155-096
ライセンスのご案内から、ソリューションのご提案まで、ご購入に関するあらゆるご質問・ご相談にお応えしています。お客様や、お客様のご担当ユーザー様がご希望のシステム要件に最適な製品や機能、システム構成のご案内・ご提案を、担当営業が無料で行います。
Oracle Direct とは