システム開発のリスクヘッジを考える 
第2回 Oracle Application Testing Suiteの新バージョンのポイント

前回はOracle Application Testing Suiteに含まれる、Oracle Functional Testing及びOracle Load Testing、そしてOracle Test Managerのそれぞれのプロダクトを解説しました。今回はこの統合テスト環境の最新版として昨年末にリリースされた「Oracle Application Testing Suite 9.2」について、新たに搭載された新機能を中心に解説していきます。(編集部)
 
tech_110103-02_00.png
日本オラクル
テクノロジー製品事業統括本部
データベースソリューション本部
プリンシパルエンジニア
中島良樹


 
■Oracle Databaseへのダイレクト接続をサポート
 
 Oracle Application Testing Suiteはソフトウェア開発において品質を大きく左右する、テスト工程の効率化を実現するソリューションです。その新バージョンとして昨年末に「Oracle Application Testing Suite 9.2」がリリースされました。
 
 このバージョンアップにおいて、大きな目玉となっているのがOracle Load Testingに追加された「Oracle データベース テスト アクセラレータ」です。この機能を利用することにより、Oracle Load Testingからダイレクトにデータベースに接続し、負荷テストを行うことが可能になります。ユーザーは直接データベース/SQLをテストするスクリプトを作成することが可能なほか、Oracle Databaseのオプションとして提供されている「Oracle Real Application Testing」のデータベース・リプレイでキャプチャされたトランザクションログ、あるいは独自のSQLスクリプトをインポートして利用することができます。
 
tech_110103-02_1.png
 
 データベースを直接テストできる大きなメリットとして、システム開発の早い段階からデータベース性能の検証が可能なことが挙げられます。たとえばデータベースに対して負荷テストを実施する場合、従来ではWebサーバ上で動作するアプリケーションが完成しなければテストができないという課題がありました。しかしOracle データベース テスト アクセラレータが追加されたことで、フロントエンドが完成していない段階でもテストを実施することが可能です。またアプリケーションがボトルネックになり、データベースに十分に負荷を掛けられないといったケースにも有効でしょう。
 
 またWebシステムに限らず、アプリケーションの負荷テストで結果が思わしくなかった場合に、その原因がフロントのアプリケーション側にあるのか、それともバックエンドのデータベースなのかが判断できないといった場面でも有効でしょう。このように考えていくと、データベース単体で負荷テストを実行できるOracle データベース テスト アクセラレータは、Oracle Application Testing Suiteの幅を大きく拡げるものと言えるでしょう。
 
■Adobe Flexに対するテストをサポート
 
 さらに新バージョンで注目したいポイントとして、Adobe Flexを利用したアプリケーションの機能テストや負荷テストの自動化がサポートされていることが挙げられます。Adobe FlexはGUIのリッチコンポーネントを利用してWebアプリケーションが開発できるフレームワークとして幅広く活用されています。
 
 Oracle Application Testing Suite 9.20では、このFlexで開発されたWebアプリケーションのアクションを取得/再生することが可能になり、HTMLのフォームで実現されたインターフェイスと同様に、Flex上の各種操作をスクリプトとして記録し、自動実行してテストすることができるようになりました。
 
tech_110103-02_2.png
 
 さらにAdobe Flex/Flashアプリケーションの負荷テストにも対応しています。プロトコルはHTTPに加え、Flex/FlashがHTTP上でバイナリ通信を行うために利用するAMF3/AMF0も利用できます。特にFlexを利用しているWebシステムでは、手軽に負荷テストを実施できるメリットは大きいのではないでしょうか。
 
 そのほか新バージョンでは、Oracle Enterprise Manager 11gとの親和性の向上やOracle Forms 11gのサポートなど、さまざまな点でアップデートが図られています。
 
 なお、Oracle Wikiでは製品の情報を提供しているほか、Webシステムのテストに役立つさまざまな情報を提供しています。ぜひアクセスしてみてください。