Oracle Workspace Manager




Oracle Databaseの機能の1つ、Oracle Workspace Managerにより、アプリケーション開発者およびDBAは、現行バージョン、予定バージョン、過去のバージョンのデータを同じデータベース内で管理できます。

アプリケーションおよびDBA操作では、複数のバージョンのデータ処理は日常的に行われています。データの複数バージョンを使用する一般的な理由は3つあります。同時処理、監査およびシナリオ作成です。

Oracle Workspace Managerでは、本番データに対する一連の変更の切離し、データの変更履歴の保存、what-if分析用の複数のデータ・シナリオの作成を行うための作業領域を仮想環境として提供します。また、従来のアプローチと比べ費用、時間、労力が節約できます。



技術情報


Oracle Database 12c  (US) Oracle Database 11g


関連情報 (US)