Oracle Flashback テクノロジー

Oracle Flashback Technologyは、リカバリ時間を数時間から数分に短縮します。

どんなに予防手段を講じたとしても、人的エラーは発生します。Oracle Databaseのフラッシュバック・テクノロジーは、ミスの影響を選択的かつ効率的に取り消すことで人為的エラーを無効にする、独自の豊富なデータ・リカバリ・ソリューション・セットです。フラッシュバック機能が登場する前は、データベースの損傷には数分しかかからなくても、そのリカバリには数時間かかることがありました。フラッシュバック機能の場合、エラーの修正に要する時間は、エラーが発生するのに要した時間と同じ長さです。また、このエラーからリカバリするために必要な時間はデータベース・サイズに依存しません。これは、Oracle Databaseに固有の機能です。フラッシュバック機能は、行レベル、トランザクション・レベル、表レベル、およびデータベース全体など、全レベルでのリカバリをサポートします。フラッシュバック機能には、さらに多くの機能が追加され続けており、過去の時点のデータを表示したり、巻き戻したり進めたりすることができます。

フラッシュバック・データベース:バックアップやフォワード・リカバリではなく、Oracleで最適化されたフラッシュバック・ログを使用して、データベース全体を特定の時点にリストアします。

フラッシュバック表:表を特定の時点に簡単にリカバリします。論理的破損が、データベース全体ではなく、単一の表または単一セットの表に限定されている場合に有効です。

フラッシュバック・ドロップ:誤って削除した表をリカバリします。削除された表とそのすべての索引、制約、およびトリガーがごみ箱(削除されたすべてのオブジェクトの論理コンテナ)からリストアされます。

フラッシュバック・トランザクション:1つのPL/SQL操作により、またはEnterprise Managerウィザードを使用して、1つのトランザクション、およびオプションでそのすべての従属トランザクションの影響を元に戻します。

フラッシュバック・トランザクション問合せ: 特定のトランザクションによって行われたすべての変更を参照できます。1つの誤りのあるトランザクションによって、複数の行または表のデータが変更された場合に役立ちます。

フラッシュバック問合せ:過去のある時点のデータの問合せを行います。この強力な機能を使用すると、誤って削除や変更が行われた可能性のある破損したデータを表示したり、論理的に再構築したりできます。

フラッシュバック・バージョン問合せ:一時点ではなく、指定した時間間隔における1つの行のさまざまなバージョンを取得します。

Total Recall
長期間の履歴データを効率よく管理し、問合せを行います。Total Recallでは、データベースに格納されているデータに対するすべての変更点を自動的に追跡し、安全で、効率がよく、容易にアクセスできる履歴データのアーカイブを保持します。

フラッシュバックの機能によって、データベースをオンラインにしたままで、履歴データの問合せ、変更分析の実行、セルフサービスの修復を行い、論理的な破損からリカバリできます。オラクルのフラッシュバック・テクノロジーにより、実際に過去を元通りにすることができます。


ドキュメント
トレーニング
参考資料