Global Data Services


レプリケート・データベースの自動化されたワークロード管理

 


 

Oracle Global Data Serviceの概要


Oracle Database 12c Global Data Services(Oracle GDS)は、レプリケートされたデータベース(Oracle Active Data GuardやOracle GoldenGateなどのレプリケーション・テクノロジーを使用)向けの完全に自動化されたワークロード管理ソリューションです。  Oracle GDSは、グローバルに分散されているものや同じデータセンター内に配置されている一連のレプリケートされたデータベースに対して、以下の重要な機能を提供します。

>  リージョン・ベースのワークロード・ルーティング
>  接続時ロードバランシング
>  ランタイム・ロードバランシング・アドバイザリのOracle統合クライアントへの提供
>  データベース間でのサービスのフェイルオーバー
>  Oracle Active Data Guard向けのレプリケーション遅延を考慮したワークロード・ルーティング
>  Oracle Active Data Guard向けのロール・ベースのグローバル・サービス
>  ワークロード集中管理フレームワーク

Oracle Global Data Serviceのメリット


Oracle GDSは、スケーラビリティと可用性を向上させるOracle Database 12c独自の新機能です。GDSによって、Oracle GoldenGateとOracle Active Data Guardを使用しているお客様が繰り返し行ってきた投資のROIが向上します。また、GDSは、システム利用率を改善するとともに、レプリケートされたデータベース上で実行されるアプリケーション・ワークロードに対して、より優れたパフォーマンス、スケーラビリティ、可用性を提供します。お客様は、OracleスタックからGDSを直接使用してこれらのメリットを実現できるようになり、複数のポイント・ソリューションや内製製品を統合する必要がなくなりました。Oracle GoldenGateとOracle Active Data Guardを使用しているお客様の場合、そのOracle Maximum Availability Architecture(Oracle MAA)において、GDSはなくてはならない重要なコンポーネントとなっています。

技術情報