Oracle Site Guard

Oracle Enterprise Manager Cloud Controlの一部であるOracle Site Guard(OSG)では、Oracleスタック全体(Web、アプリケーション、データベース、ストレージ層)に対するエンド・ツー・エンドのディザスタ・リカバリの自動化が可能です。管理者はSite Guardを使用して、Oracle Fusion Middleware、Oracle Fusion Applications、およびOracleデータベースのサイトのフェイルオーバー/スイッチオーバーを自動化できます。Oracle Site Guardは柔軟性が高く、Oracle ExalogicとOracle Exadataを含む、さまざまなプラットフォームと容易に統合できます。また、オラクル製品以外のインフラストラクチャ・コンポーネントと統合するために拡張をすることも可能です。

Oracle Site Guardのおもな利点は次のとおりです。

  • サイト・レベルのディザスタ・リカバリ・ワークフロー管理の簡素化
  • コンポーネントの起動順序に関わる依存関係の管理
  • 計画的イベントおよび計画外イベントにおけるエンド・ツー・エンドのリカバリの効率化
  • ディザスタ・リカバリの調整時に人的エラーが発生する可能性の軽減


       



ホワイト・ペーパー



Oracle Site Guardのドキュメント



Oracle Site Guardの概要



デモンストレーション