Oracle Database In-Memory Advisor



Oracle Database In-Memory


Oracle Database 12.1.0.2ではOracle Database In-Memoryが導入されており、分析ワークロードとトランザクション・ワークロードを一緒に1つのデータベースで効率的にサポートできます。 Database In-Memoryを使ってOracle Databaseを構成すると、リアルタイムな分析とレポートを同時にサポートしながら、トランザクションのパフォーマンスを最適化できます。

Oracle Database In-Memoryについて詳しくは、oracle.comのOracle Database In-Memoryのページを参照してください。

Oracle Database In-Memory Advisor


Oracle Database In-Memoryは、データベース内の分析処理が最適化されるように設計されています。 In-Memory Advisorでは、データベース内の分析処理のワークロードを分析し、分析ワークロードを最適化した場合のデータベースのメリットを、全体的に見積もります。

In-Memory Advisorによって、SQL計画のカーディナリティ、アクティブ・セッション履歴(ASH)、パラレル問合せの使用、およびその他の統計情報に基づいて、分析処理が他のデータベース・アクティビティから区別されます。

In-Memory Advisorでは、経験則の圧縮要素に基づいて、インメモリのオブジェクト・サイズを見積もります。

In-Memory Advisorでは、次の内容に基づいて、分析処理のパフォーマンス向上要素を見積もります。

  • ユーザーのI/O待機、クラスタ転送待機、バッファ・キャッシュ・ラッチ待機などの解消。
  • 特定の圧縮タイプに関連する特定の問合せ処理の利点。
  • 特定の圧縮タイプごとの圧縮解除コストの経験則。
  • SQL計画の選択性、結果セットの列数など。


Advisorでは、推奨事項レポートが作成されます。 このレポートには、いくつかのインメモリ・サイズとそのパフォーマンス上の利点、特定のインメモリ・サイズのインメモリ列ストアに配置されるオブジェクト、およびこれらのオブジェクトの推奨圧縮要素が表示されます。また、SQLPLUSスクリプトの作成によって、オブジェクトの変更とインメモリへの配置が行われます。

このホワイト・ペーパーでは、Advisorを使用する場合のベスト・プラクティスについて説明しています。

Advisorの入手については、My Oracle Support(MOS)Note 1965343.1を参照してください。

最新バージョンについては、こちらを参照してください。