Java 6のJava 7への自動アップデート


一般情報とFAQ

 



原文はこちら

Java 6のJava 7への自動アップデートについて

オラクルは2012年12月、Windows(32ビット)のJava Runtime Environment(JRE)ユーザーについて、JRE 6からJRE 7への自動アップデートを開始します。

Javaの自動アップデート・メカニズムは、Javaユーザーに最新のセキュリティ問題の修正が届けられるよう設計されています。この目的を実現す るため、Javaの自動アップデート・メカニズムを使用するWindowsユーザーのJRE 6はJRE 7に置き換えられます。

2012年12月、オラクルは無作為に選ばれたごく一部のユーザーを対象に、試験的にJRE 6からJRE 7への自動アップデートを行い、自動アップデートのメカニズムやユーザー・エクスペリエンス、移行のスムーズさを評価します。その後、2013年2月に、 すべてのWindows(32ビット)ユーザーのJRE 6を対象に、Javaのアップデート・リリースであるJava SE 7 Update 11(Java SE 7u11)への自動アップデートを通知する予定です。

  • JRE 7は2012年4月より、Java.comでデフォルトバージョンとして提供されており、現在多くのユーザーにご利用頂いています。
  • JRE 5をJRE 6に置き換えたときと同様、オラクルは旧リリースのJREユーザーに対し最新のJavaの自動アップデートを通知します。
  • すべてのJavaユーザーは、公式ダウンロードで入手可能な最新のJavaバージョンにアップデートすることをお勧めします。
  • 2011年2月、オラクルはJava SE 6製品に対する公式アップデートを2012年7月で終了すると発表しました。
    2011年2月、オラクルは公式アップデートの終了を4カ月延長し、2012年11月に変更しました。
    その後、オラクルは終了を更に4カ月延長し、開発者とユーザーにJava 7への移行までのさらなる時間を提供しました。
    公開されるJava 6の最後のリリースは、2013年2月リリースのJava SE 6 Update 37(Java SE 6u37)を予定しています。詳しくは以下を参照してください。

 



よくある質問

 



Java 6からJava 7への自動アップデートの実行後にシステムに入っているのは、どのバージョンのJavaですか。

Javaの自動アップデート・プロセスにより、ユーザーのWindowsマシンのJavaは最新バージョンにアップデートされます。JRE 6からJRE 7への自動アップデート中、ユーザーが所有するJava 6のバージョンが1種類ならば、自動アップデート・プロセスでJRE 6はJRE 7の最新バージョンに置き換えられ、JRE 7だけがシステムに残ります。



複数のバージョンのJREがシステムにインストールされている場合はどうなりますか。

自動アップデート・プロセスでは、システム内の最新のJREだけがアップデートされます。最新ではないバージョンは削除されません。ユーザー(特に企業ユーザー)は、システム内に複数バージョンのJavaを必要とすることがあるためです。



自社ユーザーのコンピューターのJavaバージョンは、IT部門が管理しています。自動アップデートで何か影響を受けますか。

いいえ。ユーザーのJavaバージョンをIT部門が管理している企業の場合、自動アップデートがユーザーに影響を与えることはありません。



JRE 6をJRE 7とともにシステム内に残すことはできますか。

オラクルとのサポート契約を結んでいない限り、2013年2月以降にJRE 6のセキュリティのアップデートをオラクルから入手することはできません。そのため、旧バージョンのJavaをシステムに保持するのはお勧めしません。そ れでも両バージョンを保持し続けることを希望する場合、JRE 6とJRE 7を同一システムにインストールすることは可能です。



この自動アップデートは完全にサイレント・アップグレードですか。

いいえ。すべてのJava自動アップデートでは、新しいバージョンをシステムにインストールする前に、ユーザーの許可を求めます。



アップデート後もすべてのJavaプログラムは正常に動作し続けますか。

オラクルは、新バージョンのJavaについて、以前のバージョンとの下位互換性を保つように努めており、古いバージョンのJava向けに記述された Javaアプリケーションのほとんどは、何の変更もなく、新しいバージョンのJREで正常に動作します。ただし、一部例外はありえます。



JRE 6にロールバックすることはできますか。可能な場合、その方法を教えてください。

JRE 7からJRE 6に戻すには、まずJRE 7をアンインストールし、次に、JRE 6の最新バージョンを再インストールします。2013年4月まで、JRE 6の最新バージョンは、OTNのJava SEセクションのダウンロードタブ内にあります。2013年4月を過ぎると、JRE 6のさらなるアップデートはMy Oracle Supportを通じてのみ提供され、アップデートの利用にはオラクルとのサポート契約を必要とします。



JRE 6をシステムで有効にするためにはJRE 7を削除する必要がありますか。または、両方を残すことができますか。

それぞれの場合によって異なります。デフォルトでは、WebブラウザやWeb Startを介してアクセスするJavaアプリケーションは、システム上の最新バージョンのJavaを使用します。必要とするJavaのバージョンをアプ リケーションで指定することは可能です。アプリケーションがどのバージョンを使用するのか、実行しているシステムによって判定される場合、JRE 6とJRE 7を所有しているときにはJRE 7だけが使用されます。アプリケーションでJRE 6の使用を指定してある場合、JRE 6とJRE 7の両方を所有していてもJRE 6が使用されます。



開発者が自分のアプリケーションで使用するJavaのバージョンを、7ではなく6に指定することはできますか。

はい。ただし、2013年2月を過ぎると、ユーザーは公式のセキュリティ・アップデートを受け取れなくなることに注意してください。アプレットのJREバージョンの設定については、Applet Deployment documentationを参照してください。Web StartアプリケーションのJREバージョンの設定方法については、JNLP File Syntax documentationを参照してください。API、開発者ガイド、リリース・ノートなどについては、Java SE documentationを参照してください。



自動アップデート・プロセスの前にJRE 7を入手できますか。

もちろん、できます。Java.comから、JRE 7の最新アップデートをダウンロードおよびインストールできます。最新バーションのJDK 7を希望するソフトウェア開発者は、OTNのJava SE ダウンロードページにアクセスしてください。



JRE 6からJRE 7への自動アップデートはいつ実行されますか。

2012年12月、オラクルはまず、無作為に選ばれたごく一部のユーザーで、JRE 6からJRE 7への自動アップデートを試験的に実施します。すべてのユーザーを対象としたJRE 6からJRE 7への完全な自動アップデートは、2013年2月に実施される予定です。



つまり、2012年12月末までに、多くのWindowsユーザーがJRE 7に自動アップデートされるということですか。

そういうわけではありません。2012年12月末の、JRE6からJRE7への自動アップデートまでに、ほとんどの32ビットWindowsユー ザーは最新のJRE6ないしJRE7にアップデートし終わっているとオラクルは予想しています。そうしたユーザーに対しては、この2012年12月末の自 動アップデートが実行されることはありません。JRE 6の最新バージョン(2012年10月リリース予定の6u35以降)のユーザーは、2013年2月19日に予定されている次のセキュリティ・アップデート が公開されるまで、自動アップデートを求められることはありません。その時点で初めて、大部分のユーザーがJRE 7に自動アップデートされると予想されます。



Java 6を必要とし、Java 7での動作がまだ保証されていないアプリケーションを所有している場合、どうすればいいですか。

アプリケーションの提供者に直接お問い合わせください。なおここで言う"アプリケーション"は、OSやWebブラウザを含みます。Java 7 の動作環境についてはこちらをご参照ください



Java 6を必要とし、Java 7での動作がまだ保証されていないOracleアプリケーションを所有している場合、どうすればいいですか。

2013年2月まで、オラクルは公式ダウンロード・サイトでJRE 6のアップデートを継続的に提供します。2013年2月の公式アップデートの終了後、Javaを必要とするオラクル製品のサポート契約、またはOracle Java SE 製品ライセンスを保有している場合、My Oracle SupportからJavaのサポート・バージョンをダウンロードできます。オラクルはJRE 6の公式アップデート終了後も、サポート契約を締結しているお客様に対してJRE 6のアップデートを継続して提供します。詳細については、Oracle Java SE サポート・ロードマップを参照してください。



使用しているシステムが32ビットWindowsシステムではありません。JRE 7への自動アップデートは実行されますか。

いいえ。ほかのオペレーティング・システムについては、Java.comのJava Downloads for All Operating Systemsページを参照して、JREの最新バージョンをインストールしてください。開発者は、Oracle Technology Networkからすべての対象オペレーティング・システムのJDKをダウンロードできます。



Java技術者必読! Java Magazine 最新号公開中

Left Curve
Java SDKとツール
Right Curve
Left Curve
Javaリソース
Right Curve