Java Logo


 


Java Mission Control


Java Flight RecorderとJava Mission Control は低レベルかつ詳細なランタイムの情報を継続的に収集し、事後インシデント分析を可能とする完全なツール・チェーンとなります。Java Flight RecorderはOracle JDKに組み込まれたプロファイリング、イベント収集フレームワークです。Java管理者や開発者はJava Virtual Machine(JVM)とJavaアプリケーションがどのように動作しているかについての詳細な低レベルの情報を収集することができます。Java Mission ControlはJava Flight Recorderによって収集されたデータを効率的かつ広範囲に分析を可能とする高度なツール・セットです。このツール・チェーンは開発者や管理者がローカル、あるいは本番環境にデプロイされ実行しているJavaアプリケーションデータを収集、解析することを可能とします。

Oracle JDK 7 Update 40 (7u40)リリースから導入されたJava Mission ControlはJDKの中に含まれていますので、追加でのダウンロードは必要ありません。

Oracle JRockit Mission Controlに関する情報はこちらのページを参照してください。


概要