エンタープライズ・ビジネス・オブジェクト(EBO)について

プロセス統合パック(PIP)に従って、アプリケーションが連携するために必要なオブジェクトの定義を提供するコンポーネントです。 ファウンデーション・パックにも含まれています。

業界標準フォーマットで定義された共通オブジェクト

SOA手法においてアプリケーション同士が協調動作するためには、オブジェクト(データモデル)の定義やサービスの動きまで共通化しておく必要があります。それを実現するのが、共通オブジェクト(エンタープライズ・ビジネス・オブジェクト)や共通サービス( エンタープライズ・ビジネス・サービス )です。 エンタープライズ・ビジネス・オブジェクトは、アプリケーションの機能要素を1つ1つオブジェクト化したデータモデルです。複数のアプリケーションの最大公約数的な要素やISOといった標準を採用したデータモデルを活用することで、複数のシステムを柔軟にスピーディに連携させることができます。また、業界標準のフォーマットに基づき定義しているため、レガシー製品まで含めた異なるアプリケーション間の共通言語(共通のデータモデル)として用いることができます。

ファウンデーション・パック構成要素

変化に強い、次世代のIT基盤を手に入れたい方はぜひお電話ください

Oracle Direct フリーダイヤル0120-155-096
ライセンスのご案内から、ソリューションのご提案まで、ご購入に関するあらゆるご質問・ご相談にお応えしています。お客様や、お客様のご担当ユーザー様がご希望のシステム要件に最適な製品や機能、システム構成のご案内・ご提案を、担当営業が無料で行います。
Oracle Direct とは