Oracle JDeveloper 10.1.3について

Oracle JDeveloper 10g は、Java、XML、Web サービス、SQL の最新の業界標準を使用して、サービス指向型アプリケーションを構築するための統合開発環境(IDE:Integrated Development Environment)です。

統合された開発環境で、PIP開発を効率化

Oracle JDeveloper は、SOA(サービス指向アーキテクチャ)およびJava開発のための総合的な統合開発環境(IDE)です。アプリケーションのモデリングから、コーディング、デバッグ、テスト、プロファイリング、チューニング、配布まで、視覚的かつ宣言的な開発アプローチによって、開発ライフサイクル全体を強力にサポートします。オラクルの開発フレームワークであるOracle Application Development Framework(Oracle ADF)を合わせて利用することにより、日常的なコーディング作業を大幅に軽減し、アプリケーション開発をよりシンプルにすることができます。

JDeveloper はJava の開発ツールですが、関連言語や環境での開発にも広範囲なサポートを提供します。JDeveloper はJava 機能だけでなく、XML スキーマ・モデラー、XML コード入力支援、視覚的編集、XSLT デバッギングなどの機能により、XML ベース・アプリケーションの開発にも対応しています。もちろん、Foundation Packを利用したビジネスプロセス(PIP)の開発においても威力を発揮します。

Oracle JDeveloper 10.1.3 では、 J2EE 1.4 および J2SE 5.0 に対するサポート、Javaコーディング・ユーザーのコード修正作業を軽減する強力なリファクタリング機能、JAXBにも対応したXML関連開発機能など、数多くの機能強化をおこなっています。これら最新機能を搭載したOracle JDeveloper 10.1.3は、日本オラクルWebページから無償でダウンロードし、使用することができます。ここ数年でもっとも大幅な改良が加えられた新しいリリースをいち早く体験ください。

ファウンデーション・パック構成要素

変化に強い、次世代のIT基盤を手に入れたい方はぜひお電話ください

Oracle Direct フリーダイヤル0120-155-096
ライセンスのご案内から、ソリューションのご提案まで、ご購入に関するあらゆるご質問・ご相談にお応えしています。お客様や、お客様のご担当ユーザー様がご希望のシステム要件に最適な製品や機能、システム構成のご案内・ご提案を、担当営業が無料で行います。
Oracle Direct とは