Enterprise Manager
ハイブリッド・クラウドの管理

Oracle Enteprise Manager は、既存のIT運用管理のスキルと手法を100%再利用しながら、ハイブリッド・クラウド全体にわたる管理、移行、テストおよびデプロイを実行する包括的な機能を提供します。

 

ソリューションの概要

Oracle Enterprise Manager は、クラウド・ライフサイクル全体にわたる複雑な管理タスクを効率化して自動化します。オンプレミスの管理者は、パブリック・クラウド・サービスを監視して管理でき、その逆も可能です。Oracle Cloudサービスは、顧客がOracleデータベース、エンジニアド・システム、Oracleアプリケーション、Oracleミドルウェア、およびさまざまなサード・パーティ・システムを監視、プロビジョニングおよびメンテナンスするためにオンプレミスで使用するのと同様のOracle Enterprise Managerツールによって管理します。そのため、エンタープライズ・ハイブリッド・クラウドを管理するためにコストをかけて新しい多数のツールを購入して習得する必要はありません。

ハイブリッド・クラウド全体にわたる管理、移行、テストおよびデプロイ

Enterprise Manager Cloud Controlでは、オンプレミス・デプロイメントとOracle Cloudデプロイメントの監視と管理に同じインタフェースが提供されており、すべて同一の管理コンソールから実行できます。Oracle Cloudサービスを提供するOracle Cloud仮想ホストに管理エージェントをデプロイすることにより、Oracle Cloudターゲットを他のターゲットと同様に管理できます。管理エージェントとオンプレミスのOracle管理サービス・インスタンスの間のコミュニケーションは、外部から干渉される恐れはありません。サポートは、Oracle DatabaseおよびFusion Middleware PaaSのターゲットの管理に加え、Oracle Cloud仮想ホスト上のJVMの監視用のJVMDのサポートにも提供されます。

Oracle Cloud Managementには、以下のおもな機能が含まれます。

  • 自動化されたエージェントのデプロイおよび構成
  • データベースおよびJava PaaSインスタンスの監視
  • 通知とチケット発行の統合を含むインシデント管理
  • 検索とインベントリ、オンプレミス・インスタンスとクラウド・インスタンス間の比較、構成履歴、コンプライアンスなどの構成管理
  • オンプレミスとOracle Cloud間のクローニング
  • Oracle Cloudデータベース・インスタンスのワンオフ・パッチ適用

 

追加情報



ビデオ ホワイト・ペーパー:Hybrid Cloud Management Architecture(近日追加予定)