Oracle Critical Patch Update Advisory - April 2016


概要

Critical Patch Update(CPU)はセキュリティ脆弱性のための複数のパッチをまとめたものです。 Critical Patch Updateは通常は累積的なパッチですが、各回のアドバイザリでは、前のCritical Patch Updateアドバイザリ以降新たに追加されたセキュリティ修正のみが案内されています。そのため、過去のセキュリティ修正の情報については、これまでにリリースされたCritical Patch Updateアドバイザリを確認する必要があります。以前のCritical Patch Updateアドバイザリは、以下のURLから参照いただけます。

Critical Patch Updates and Security Alerts日本語翻訳ページ

オラクル社は、すでに修正を提供済みである脆弱性を突いた、悪意ある攻撃に関する報告を周期的に受け取り続けています。いくつかの例では、利用可能なオラクルのパッチの適用を怠っていたため、攻撃者が成功をしたと報告されています。そのため、オラクル社は、メンテナンス中のバージョンで運用し、滞りなくCritical Patch Updateの修正を適用する事を強く推奨します。

本Critical Patch Updateでは、以下に記載の全ての製品を通じて136の新たなセキュリティ修正が含まれています。本Critical Patch Updateの内容および他のOracle Softwareの安全性保証のアクティビティを要約したブログは、The Oracle Software Security Assurance Blogよりご覧ください。

2016年3月23日にオラクル社は Security Alert for Java SE for CVE-2016-0636 を公開しています。影響のあるオラクル製品をお使いのお客様は、CVE-2016-0636 にてアナウンスされた修正の適用を強く推奨します。

また、本 Critical Patch Update の脆弱性は Common Vulnerability Scoring Standard (CVSS) バージョン 3.0 と 2.0 を使用してスコアされています。将来の Critical Patch Updates および Security Alerts では CVSS バージョン 3.0 のみを使用してスコアされます。

Critical Patch Updateアドバイザリは、Common Vulnerability Reporting Format (CVRF) version 1.1のXMLフォーマットで参照することもできます。 CVRFの詳細はこちらをご参照ください。


影響を受ける製品及びコンポーネント

本Critical Patch Updateで対応がなされているセキュリティ脆弱性は、下記のカテゴリーで案内された製品に影響を及ぼします。記載されたバージョン用のパッチの製品エリアは、Products and Versionsカラムに対応するPatch Availabilityカラムに示されています。パッチに関する文書は、下記のPatch Availabilityカラムか、Patch Availability Tableのリンクをクリックしてご参照ください。

Oracle Lifetime Support Policy日本語翻訳ページ)における Premier Support または Extended Support 期間中で、影響を受ける製品とそのバージョン:

Affected Products and VersionsPatch Availability
Oracle Database Server, version(s) 11.2.0.4, 12.1.0.1, 12.1.0.2Database
Oracle API Gateway, version(s) 11.1.2.3.0, 11.1.2.4.0Fusion Middleware
Oracle BI Publisher, version(s) 12.2.1.0.0Fusion Middleware
Oracle Business Intelligence Enterprise Edition, version(s) 11.1.1.7.0, 11.1.1.9.0, 12.2.1.0.0Fusion Middleware
Oracle Exalogic Infrastructure, version(s) 1.0, 2.0Fusion Middleware
Oracle GlassFish Server, version(s) 2.1.1Fusion Middleware
Oracle HTTP Server, version(s) 12.1.2.0, 12.1.3.0Fusion Middleware
Oracle iPlanet Web Proxy Server, version(s) 4.0Fusion Middleware
Oracle iPlanet Web Server, version(s) 7.0Fusion Middleware
Oracle OpenSSO, version(s) 3.0-0.7Fusion Middleware
Oracle Outside In Technology, version(s) 8.5.0, 8.5.1, 8.5.2Fusion Middleware
Oracle Traffic Director, version(s) 11.1.1.7.0, 11.1.1.9.0Fusion Middleware
Oracle Tuxedo, version(s) 12.1.1.0Fusion Middleware
Oracle WebCenter Sites, version(s) 11.1.1.8.0, 12.2.1Fusion Middleware
Oracle WebLogic Server, version(s) 10.3.6, 12.1.2, 12.1.3, 12.2.1Fusion Middleware
Oracle Application Testing Suite, version(s) 12.4.0.2, 12.5.0.2Enterprise Manager
OSS Support Tools Oracle Explorer, version(s) 8.11.16.3.8Enterprise Manager
Oracle E-Business Suite, version(s) 12.1.1, 12.1.2, 12.1.3, 12.2.3, 12.2.4, 12.2.5E-Business Suite
Oracle Agile Engineering Data Management, version(s) 6.1.3.0, 6.2.0.0Oracle Supply Chain Products
Oracle Agile PLM, version(s) 9.3.1.1, 9.3.1.2, 9.3.2, 9.3.3Oracle Supply Chain Products
Oracle Complex Maintenance, Repair, and Overhaul, version(s) 12.1.1, 12.1.2, 12.1.3Oracle Supply Chain Products
Oracle Configurator, version(s) 12.1, 12.2Oracle Supply Chain Products
Oracle Transportation Management, version(s) 6.1, 6.2Oracle Supply Chain Products
PeopleSoft Enterprise HCM, version(s) 9.1, 9.2PeopleSoft
PeopleSoft Enterprise HCM ePerformance, version(s) 9.2PeopleSoft
PeopleSoft Enterprise PeopleTools, version(s) 8, 8.53, 8.54, 8.55, 54PeopleSoft
PeopleSoft Enterprise SCM, version(s) 9.1, 9.2PeopleSoft
JD Edwards EnterpriseOne Tools, version(s) 9.1, 9.2JD Edwards
Siebel Applications, version(s) 8.1.1, 8.2.2Siebel
Oracle Communications User Data Repository, version(s) 10.0.1Oracle Communications User Data Repository
Oracle Retail MICROS ARS POS, version(s) 1.5Oracle Retail MICROS ARS POS
Oracle Retail MICROS C2, version(s) 9.89.0.0Oracle Retail MICROS C2
Oracle Retail Xstore Point of Service, version(s) 5.0, 5.5, 6.0, 6.5, 7.0, 7.1Oracle Retail Xstore Point of Service
Oracle Life Sciences Data Hub, version(s) 2.1Health Sciences
Oracle FLEXCUBE Direct Banking, version(s) 12.0.2, 12.0.3Oracle FLEXCUBE
Oracle Java SE, version(s) 6u113, 7u99, 8u77Oracle Java SE
Oracle Java SE Embedded, version(s) 8u77Oracle Java SE
Oracle JRockit, version(s) R28.3.9Oracle Java SE
Fujitsu M10-1, M10-4, M10-4S Servers, version(s) prior to XCP 2290Oracle and Sun Systems Products Suite
Oracle Ethernet Switch ES2-72, Oracle Ethernet Switch ES2-64, version(s) prior to 2.0.0.6Oracle and Sun Systems Products Suite
Solaris, version(s) 10, 11.3Oracle and Sun Systems Products Suite
Solaris Cluster, version(s) 4.2Oracle and Sun Systems Products Suite
SPARC Enterprise M3000, M4000, M5000, M8000, M9000 Servers, version(s) prior to XCP 1121Oracle and Sun Systems Products Suite
Sun Storage Common Array Manager, version(s) 6.9.0Oracle and Sun Systems Products Suite
Oracle VM VirtualBox, version(s) prior to 4.3.36, prior to 5.0.18Oracle Linux and Virtualization
Sun Ray Software, version(s) 11.1Oracle Linux and Virtualization
MySQL Enterprise Monitor, version(s) 3.0.25 and prior, 3.1.2 and priorOracle MySQL Product Suite
MySQL Server, version(s) 5.5.48 and prior, 5.6.29 and prior, 5.7.11 and priorOracle MySQL Product Suite
Oracle Berkeley DB, version(s) 11.2.5.0.32, 11.2.5.1.29, 11.2.5.2.42, 11.2.5.3.28, 12.1.6.0.35, 12.1.6.1.26Berkeley DB


Patch Availability Tableとリスク・マトリクス

Patch Availability Table

お客様が管理されている各オラクル製品について、以下に記載の表からパッチの提供状況及び適用手順を確認して下さい。本Critical Patch Updateに関する文書の概要は、Oracle Critical Patch Update April 2016 Documentation Map, My Oracle Support Note 2031792.1をご参照ください。

Product GroupRisk MatrixPatch Availability and Installation Information
Oracle DatabaseOracle Database Risk MatrixPatch Set Update and Critical Patch Update April 2016 Availability Document, My Oracle Support Note 2102148.1
Oracle Fusion MiddlewareOracle Fusion Middleware Risk MatrixPatch Set Update and Critical Patch Update April 2016 Availability Document, My Oracle Support Note 2102148.1
Oracle Fusion ApplicationsOracle Database Risk Matrix and Oracle Fusion Middleware Risk MatrixVulnerabilities affecting Oracle Database and Oracle Fusion Middleware may affect Oracle Fusion Applications, so Oracle customers should refer to Oracle Fusion Applications Critical Patch Update Knowledge Document (April 2016) My Oracle Support Note 1967316.1 for information on patches to be applied to Fusion Application environments.
Oracle Enterprise ManagerOracle Enterprise Manage Risk MatrixPatch Set Update and Critical Patch Update April 2016 Availability Document, My Oracle Support Note 2102148.1
Oracle Applications - E-Business SuiteOracle E-Business Suite Risk MatrixPatch Set Update and Critical Patch Update April 2016 Availability Document, My Oracle Support Note 2113110.1
Oracle Applications - Oracle Supply Chain, PeopleSoft Enterprise, JD Edwards and SiebelOracle Supply Chain Risk Matrix Oracle PeopleSoft Enterprise Risk Matrix Oracle JD Edwards Risk Matrix Oracle Siebel Risk MatrixCritical Patch Update Knowledge Document for Oracle Supply Chain, PeopleSoft Enterprise, JD Edwards and Siebel Product Suite, My Oracle Support Note 2126749.1
Oracle Communications Applications SuiteOracle Communications Applications Risk MatrixCritical Patch Update April 2016 Availability Document for Communications User Data Repository, My Oracle Support Note 2061541.1
Oracle Retail Applications SuiteOracle Retail Applications Risk Matrix
Oracle Health Sciences Applications SuiteOracle Health Sciences Applications Risk Matrix
Oracle Financial Services Softwares SuiteOracle Financial Services Software Risk Matrix
Oracle Java SEOracle Java SE Risk Matrix
  • Critical Patch Update April 2016 Patch Availability Document for Java SE, My Oracle Support Note 2123093.1
  • Users running Java SE with a browser can download the latest release from http://java.com. Users on the Windows and Mac OS X platforms can also use automatic updates to get the latest release.
  • The latest JavaFX release is included with the latest update of JDK and JRE 7 and 8.
Oracle and Sun Systems Products SuiteOracle and Sun Systems Products Suite Risk MatrixCritical Patch Update April 2016 Patch Delivery Document for Oracle and Sun Systems Product Suite, My Oracle Support Note 2123591.1
Oracle Linux and Virtualization ProductsOracle Linux and Virtualization Products Risk MatrixCritical Patch Update April 2016 Patch Delivery Document for Oracle Linux and Virtualization Products, My Oracle Support Note 2118962.1
Oracle MySQLOracle MySQL Risk MatrixCritical Patch Update April 2016 Patch Availability Document for Oracle MySQL Products, My Oracle Support Note 2120034.1
Oracle Berkeley DBOracle Berkeley DB Risk MatrixCritical Patch Update April 2016 Patch Availability Document for Oracle Berkeley DB, My Oracle Support Note 2128264.1

リスク・マトリクス

リスク・マトリクスでは、本アドバイザリで示される新たな脆弱性のみをご案内しています。以前のセキュリティ修正に対するリスク・マトリクスは、Critical Patch Update advisories日本語翻訳ページ)から参照いただけます。文章形式のリスク・マトリクス(英語)はこちらから参照いただけます。

本Critical Patch Updateで案内された脆弱性の幾つかは、複数の製品へ影響を及ぼします。各脆弱性は、固有のCVE#で識別されています。複数の製品に影響を及ぼす同一の脆弱性は、全リスク・マトリクス内で同じCVE#で表現されています。 イタリック体で表記されたCVE#は、この脆弱性は異なる製品に影響を及ぼす事が示されており、イタリック体のCVE#がリストされている製品にも影響があります。

本 Critical Patch Update より、セキュリティ脆弱性は CVSS バージョン 3.0 を使用してスコアされます (オラクル社がどのように CVSS 3.0 を適用しているかは Oracle CVSS Scoring をご覧ください)。以前の Critical Patch Update では、CVSS バージョン 2.0 を使用してスコアされていました。 CVSS バージョン 2.0 から CVSS バージョン 3.0 スコアリングへの移行段階を補助するため、Critical Patch Update のみで両方のスコアを提供します。

オラクル社は、Critical Patch Update(CPU)によって案内されるそれぞれのセキュリティ脆弱性の分析を行います。オラクル社は、その分析結果の全てを公表しませんが、結果をまとめたリスク・マトリクスや関連する文書を通じて、脆弱性のタイプ、脆弱性を悪用するために必要な条件、脆弱性が悪用された場合の影響などの情報を提供します。オラクル社はこのようにして部分的に情報を公表しますので、お客様はご自身のオラクル製品の利用形態に基づいてリスク分析を行って下さい。詳細は、Oracle Security Vulnerability Disclosure Policies日本語翻訳ページ)をご参照ください。

リスク・マトリクスに記載されるプロトコルは、もしセキュリティ形態を持つものがある場合は、そのプロトコルも影響される事を示しています。たとえば、HTTPが影響を受けるプロトコルに記載されている場合、(使用可能であれば)HTTPSも同様に影響を受けることを示しています。セキュリティ形態のみが影響を受ける場合には、そのプロトコルのセキュリティ形態がリスク・マトリクスに記載されます。例えば、HTTPSはSSL/TLSにおける脆弱性のために記載されます。


回避策

攻撃が成功することによってもたらされる危険を鑑み、オラクル社は、出来るだけ早くCPUの修正を適用されることを強く推奨します。お客様の環境によっては、攻撃のために必要となるネットワーク・プロトコルを制限することで、攻撃が成功する危険性を軽減できる可能性があります。ある特定の権限、または、ある特定のパッケージへのアクセスを必要とする攻撃に対し、その権限を必要としないユーザーから権限またはパッケージへのアクセスを削除することで、攻撃が成功する恐れを低減できる可能性があります。これらの手法は、アプリケーションの機能を損なう可能性がありますので、オラクル社はこれらの変更を非プロダクション・システム(本番環境ではない環境)でテストされることを強く推奨します。いずれの手法も、根本的に問題を修正することにはなりませんので、長期にわたって有効な解決策として見なすべきではありません。


Critical Patch Updateの省略

オラクル社はセキュリティ修正をできるだけ早く適用する事を強く推奨しています。1つまたはそれ以上のCritical Patch Updateの適用を行っておらず、今回のCPUでセキュリティ修正のアナウンスが無かった製品について確認をする場合は、以前のCritical Patch Update advisories日本語翻訳ページ)をご確認ください。


製品の依存関係

オラクル製品は、他のオラクル製品と依存関係にある場合があります。今回のCritical Patch Updateで公開されたセキュリティ脆弱性の修正は、依存関係にある製品に影響を及ぼす場合があります。依存関係に関する詳細および依存関係のある製品のパッチ適用については、Patch Set Update and Critical Patch Update April 2016 Availability Document, My Oracle Support Note 2102148.1をご覧ください。


Critical Patch Updateを提供する製品とバージョン

Critical Patch Updateプログラムにより提供されるパッチは、Lifetime Support Policy日本語翻訳ページ)におけるPremier SupportまたはExtended Support期間にある製品バージョンに対して提供されます。オラクル社は、Critical Patch Updateプログラムにより提供されるパッチを、確実に入手可能な製品バージョンへのアップグレードを計画されることを推奨します。

Premier SupportまたはExtended Support期間では無い製品リリースでは、本Critical Patch Updateで示されるセキュリティ脆弱性に関する検証を実施しておりません。しかしながら、影響を受けるリリースの、より初期(earlier)のバージョンでは、これらの脆弱性の影響を受ける恐れがあります。そのため、サポート中のバージョンへのアップグレードをお勧め致します。

Database、Fusion Middleware、Oracle Enterprise Manager Base Platform(旧"Oracle Enterprise Manager Grid Control")およびCollaboration Suiteでは、Software Error Correction Support Policy, My Oracle Support Note 209768.1日本語翻訳文書)に従ってパッチが提供されます。また、各サポートフェーズやサポート方針については、Technical Support Policies日本語翻訳ページ)をご確認下さい。


Extended Support期間の製品

Critical Patch Updateプログラムにより提供されるパッチは、Oracle Lifetime Support Policy日本語翻訳ページ)におけるExtended Supportをお持ちのお客様にのみ提供されます。有効なExtended Supportのご契約をお持ちでない限り、Extended Support期間の製品のCritical Patch Updateプログラムにより提供されるパッチをダウンロードいただくことはできません。


謝辞

本Critical Patch Updateに含まれる脆弱性は、次の方々により発見・報告されました(敬称略)。
Alex Gaynor; Alexander Innes of Necurity; Bees Bobo of CloverSec Labs; bo13oy of Trend Micro's Zero Day Initiative; Daniel Bleichenbacher of Google; David Cash of NCC Group; David Litchfield of Google; Dennis Tighe of Amazon Web Services IT Security; Discovered by Aleksandar Nikolic of Cisco Talos; Jacob Baines of Tenable Network Security; Jakub Palaczynski from ING Services Polska; Joshua Maddux; Marcin Wo?oszyn of ING Services Polska; Mark E D Thomas; Martin Petran of Accenture; Matias Mevied of Onapsis; Paul Kehrer; Pierre Ernst of Salesforce.com; Quan Nguyen of Google; s?x and m4xk from Docler Holding IT Security Team; Steffen Gurtler of Bosch Software Innovations GmbH; Sule Bekin of Turk Telekom; and Thomas Van Tongerloo of Hewlett Packard Enterprise.


Security-In-Depth Contributors

オラクル社は、弊社のSecurity-In-Depthプログラム(FAQ)に貢献して下さった方々に謝意を表明します。このSecurity-In-Depthプログラムとは、Critical Patch Updateでの対応までは必要としないものの、将来のリリースにおける製品コードやドキュメントの大幅な改変に結びつくようなセキュリティ脆弱性に関する情報の提供、提言、示唆をして下さった方々に、特別の謝意を表明するプログラムです。

本Critical Patch Updateアドバイザリでは、オラクル社は、次の方々のSecurity-In-Depthプログラムへの貢献に謝意を表明します(敬称略)。
Alexander Kornbrust of Red Database Security; Bees Bobo of CloverSec Labs; Christopher Lamberson; David Litchfield of Google; and John Page (hyp3rlinx)


On-Line Presence Security Contributors

オラクル社は、弊社のOn-Line Presence Securityプログラム(FAQ)に貢献して下さった方々に謝意を表明します。このOn-Line Presence Securityプログラムとは、Oracleの外部向けオンライン・システムの大幅な改変に結びつくようなセキュリティ脆弱性に関する情報の提供、提言、示唆をして下さった方々に、特別の謝意を表明するプログラムです。

この四半期では、オラクル社は、次の方々のOn-Line Presence Securityプログラムへの貢献に謝意を表明します(敬称略)。
Adam Willard of Raytheon Foreground Security; Ali Tabish; Kenan Gumu?; Khair Alhamad; Muzammil Abbas Kayani; and Xmiss Moroccan


Critical Patch Updateのスケジュール

Critical Patch Updateは、1月、4月、7月、10月の17日に最も近い火曜日に公開されます。今後4回のCPUの予定です(米国時間におけるOracle Technology Networkへの公開)。

  • 2016年7月19日
  • 2016年10月18日
  • 2017年1月17日
  • 2017年4月18日

参照情報


参考情報


原典


修正履歴


2016年4月19日Rev 1. Initial Release

Risk Matrixはこちらからご覧ください。