JavaおよびJavaScript  

  


クラウドおよびオンプレミスでのOracle Database 12c Release 2のJavaおよびJavaScriptの新機能の概要

  • Java 8:JDBC/UCPおよびOJVMでのJava 8、JDBC 4.2
  • NashornでのJavaScript:JDBC/UCP、OJVM
  • パフォーマンス :JIT(OJVM)、WAN経由でのネットワーク圧縮(JDBC)、構成可能な接続状態チェック頻度(UCP)、PL/SQLコールバック・インタフェース(JDBC)
  • スケーラビリティ:マルチテナント・データベース用の共有プール(UCP)、シャード・データベース用の共有プール(UCP)、シャーディングの主要API(JDBC、UCP)、DRCPプロキシ・セッション共有、複数ラベルのDRCPサポート 
  • 高可用性:FANイベント用Java API(SimpleFan.jar)、ドライバの計画メンテナンス(JDBC)、XAデータソースでのアプリケーション・コンティニュイティ、XAデータソースでのトランザクション・ガード
  • セキュリティ:SSL v1.2 / TLS v 1.2(JDBC)
  • 管理性:XMLconfiguration(UCP)、レベル・ロギングの有効化/無効化/一時停止/再開機能(JDBC)、実行中のトランザクションのMAX_THINK_TIME(DRCP)、新しい統計ビューとAWRレポート  
  • 操作性:Webサービス・コールアウト(OJCM)、長い識別子(OJVM)、PL/SQLブール(JDBC)、OJVM用デバッガ(Java Debug Wire Protocol) 
詳しくは、最新のホワイト・ペーパーを参照してください。

重点領域

 JDBCとUCP
 データベースでのJavaおよびJavaScript(OJVM、Nashorn) 
 Webサービス・コールアウト(SOAPおよびREST)

ホワイト・ペーパー

 Oracle Database 12c Release 2で提供されているJavaおよびJavaScript開発者向け機能 - NEW 
 Java Performance, Scalability, Availability, Manageability & Security with Oracle database 12c
 JDBC Memory Management with Oracle database 12c
 Unleash the Power of Java Stored Procedures
   

ディスカッション・フォーラムおよびブログ

 JDBC、UCP
 Java  and JavaScript in the Database

書籍

 Oracle Database Programming Using Java and Web Services(Kuassi Mensah著) (サンプルはこちら)