DMUロゴ

Oracle Database Migration Assistant for Unicode: ダウンロード

 
必ずOTN Developer Licenseに同意のうえダウンロードしてください。
 ライセンスに同意する |   ライセンスに同意しない
 

Oracle Database Migration Assistant for Unicodeをダウンロードするには、上部にある適切なラジオ・ボタンを選択してOTN使用許諾契約に同意してから、このページの下部にあるダウンロード・リンクをクリックしてください。

Oracle Database Migration Assistant for Unicode(Oracle DMU)は、Javaで記述されており、Java SE Development Kit 6を利用できる一部のMicrosoft WindowsおよびUnixベースのプラットフォームでサポートされます。 詳しくは、Supported Configurationsページを参照してください。 ダウンロード・パッケージはプラットフォームに依存しませんが、パッケージにはMicrosoft Windows固有の4つのスタートアップ実行可能ファイル(dmu32.exedmuW32.exedmu64.exe、およびdmuW64.exe)とUnix固有のスタートアップ・シェル・スクリプト(dmu.sh)が含まれています。 Oracle DMUのインストールと起動について、詳しくは、Getting Startedページを参照してください。

JDKのサポート

Oracle Database Migration Assistant for Unicodeには、Java SE Development Kit(JDK)のバージョン6以降が必要です。 JDKがインストールされていることを確認してください。 64ビットのMicrosoft Windowsプラットフォームでは、64ビットのOracle JDKと64ビットのOracle DMU実行可能ファイル(dmu64.exeまたはdmuW64.exe)を使用してください。 32ビットのMicrosoft Windowsプラットフォームでは、32ビットのOracle JDKと32ビットのOracle DMU実行可能ファイル(dmu32.exeまたはdmuW32.exe)を使用してください。 ダウンロード手順については、Getting Startedページを参照してください。

データベース・パッチ

Oracle Database Migration Assistant for Unicodeを利用してデータベースを移行するために、まず、専用のパッチをデータベースのOracleホームにインストールする必要がある場合があります。 パッチ番号についてはSupported Configurationsページを、ダウンロードおよびインストール手順についてはGetting Startedページをそれぞれ参照してください。

DMUのダウンロード

 
ダウンロード

Oracle Database Migration Assistant for Unicodeリリース2.1.1 (70 MB)