Oracle Employment Verification

Oracle uses the services of Emptech’s VerifyFast to allow third parties who require verification of employment and/or income to complete this process online 24/7.

米国とカナダの場合、雇用検証のみが対象:

  1. 検証者は、VerifyFastにアクセスする
  2. 検証者は、商業検証者またはソーシャル・サービス検証者を選択し、登録プロセスに従うr
  3. 登録が完了し、許容される目的が確認された後(通常1営業日)、検証者は以下の詳細をVerifyFastポータルに入力する:
    - 企業コード: 12456
    - 従業員の国民識別子(社会保障番号、社会保険番号など)
  4. 雇用検証が生成される

米国とカナダの場合、収入検証を備えた雇用検証

第三者が収入を検証するには、従業員から直接収入キーを取得する必要があります。従業員が生成した収入キーの取得方法については以下をご覧ください:

  1. 従業員は、VerifyFastにアクセスする
  2. アカウントにアクセスするには、従業員としてログインするか、または初回ログイン・プロセスを実行する
    - 企業コード:12456
    - Oracle Email (従業員のみ)または従業員ID
  3. 従業員は収入キーの生成を選択して収入キーを生成する
  4. 収入キー情報が表示される
  5. 従業員は検証者に以下を提供する:
    - Webサイト: www.verifyfast.com
    - 企業コード: 12456
    - 社会保障番号
    - 収入キー
  6. 検証者は、VerifyFastにアクセスする
  7. 検証者は、商業検証者またはソーシャル・サービス検証者を選択し、登録プロセスに従うr
  8. 登録が完了し、許容される目的が確認された後(通常1営業日)、検証者は以下の詳細をVerifyFastポータルに入力する:
    - 企業コード: 12456
    - 従業員の国民識別子(社会保障番号、社会保険番号など)
    -従業員が生成した収入キー
  9. 雇用と収入の検証は即刻実施される

国際検証(米国外):


インド、フィリピン、シンガポール、韓国、日本および台湾の従業員のみ:

雇用の検証に関する第三者への指示のみ(インド、フィリピン、シンガポール、韓国、日本、台湾):

オラクルは、「About Oracle: Employment Verification」で第三者向けにわかりやすい手順を提供しています。

検証を進める前に、検証者は、検証の対象者が正規/再雇用の従業員だった場合、または検証の対象者が合併および買収の一部であった場合に(検証者は次のいずれかのオプション(次のスクリーンショットを参照)を選択するように求められるため)、従業員/元従業員から詳細を収集する必要があります。

従業員/元従業員は次の表に示す方法を参照して、検証タイプを決定し、検証タイプに応じて検証者に通知できます。

検証タイプ 身元確認の方法 反映された入社日 入社日の参照先
正規/再雇用従業員 オラクルに直接参加 雇用主側の正式な入社日 最新/現在の正式な雇用主での従業員の入社日
合併および買収(M&A)による従業員 買収を通じてオラクルに参加 継続入社日 M&A前の前会社でオラクルにより認識された従業員の入社日

*ノート: Verifyfastは、従業員の最近/最新の在職期間からのみデータを抽出できます

検証タイプを確認した後、検証者は次のステップに従って検証を実行できます。

  1. VerifyFastにアクセスする
  2. 検証者は、商業検証者またはソーシャル・サービス検証者を選択し、登録プロセスに従うr
  3. 登録が完了し、許容される目的を確認した後(通常1営業日)、検証者は次の詳細をVerifyFastポータルに入力する:
    - 企業コード: 12456
    - 検証タイプ
    - 従業員の国民識別子
  4. 雇用検証が生成される

検証者が間違った検証タイプを選択した場合は、すべての国際検証において、従業員/元従業員はVerifyfastにログインして依頼を承認する必要があり、選択内容を検証し、必要に応じて検証者に通知することができます。


ニュージーランド、タイ、インドネシア、ベトナム、パキスタン、グアム、モルディブ、バングラデシュの場合:

Verifyfast従業員専用ソリューションは、元従業員がVerifyfastを通して雇用検証を依頼する場合に利用が可能です。

ノート: 香港、マカオ、スリランカは制限された位置情報リストに掲載されているため、雇用確認のためにVerifyfastにアクセスするためのセキュリティ・クリアランスはありません。雇用検証については、HRサービスまでお問い合わせください。

元従業員向けインストラクション:

  1. VerifyFastにアクセスする
  2. 私は従業員です
  3. 会社コード: 12456
  4. プロンプトに従う
  5. 「雇用の証明」を選択する
  6. Eメールまたは従業員IDを入力して本人確認を行う
  7. 「雇用の検証または検証概要を取得する」を選択する
  8. 「検証タイプ」を選択する
  9. 依頼者にVOEを提供する(ウォータマーク付き)

収入検証の手順

  1. 以下は、収益の検証とそのお問い合わせ先です:
    - Oracle India - payroll_in@oracle.com
    - OFSS India - ofss-payroll-in_in@oracle.com
    - Oracle Philippines - payroll_ph@oracle.com
    - Oracle Singapore - payroll_sg@oracle.com
    - Oracle Korea - payroll_kr@oracle.com
    - Oracle Japan - payroll-ocj_jp@oracle.compayroll-oisj_jp@oracle.com
    - Oracle Taiwan - payroll_tw@oracle.com

LADの場合:


メキシコを除くLAD諸国の場合:

Verifyfast従業員専用ソリューションは、元従業員がVerifyfastを通して雇用検証を依頼する場合に利用が可能です。

元従業員向けインストラクション:

  1. VerifyFastにアクセスする
  2. 私は従業員です
  3. 会社コード: 12456
  4. プロンプトに従う
  5. 「雇用の証明」を選択する
  6. Eメールまたは従業員IDを入力して本人確認を行う
  7. 「雇用の検証または検証概要を取得する」を選択する
  8. 「検証タイプ」を選択する
  9. 依頼者にVOEを提供する(ウォータマーク付き)

メキシコの従業員の場合:

  1. 第三者が雇用のみを検証する場合の手順: VerifyFastにアクセスする
  2. 検証者は、商業検証者またはソーシャル・サービス検証者を選択し、登録プロセスに従うr
  3. 登録が完了し、許容される目的が確認された後(通常1営業日)、検証者は以下の詳細をVerifyFastポータルに入力する:
    - 従業員の国民識別子
    - 企業コード:12456
  4. 雇用検証が生成される

雇用検証のプロセス