該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Java

Javaはナンバーワンのプログラミング言語であり開発プラットフォームでもあります。Javaにより、コストが減り、開発期間が短くなり、イノベーションが進み、アプリケーション・サービスが向上します。Javaは世界中で何百万人もの開発者が利用しており、510億を超えるJava Virtual Machineが実行されており、引き続き企業や開発者に最適な開発プラットフォームです。

Oracle Java
Java Management Serviceの発表

この強力な新しいOracle Cloud Serviceを使用して、Java環境を検出、監視、および管理します。

Java SE SubscriptionでOracle GraalVM Enterpriseを利用できるようになりました

これにより、Java SE Subscriptionには、追加費用なしでGraalVM Enterpriseによる高性能ランタイムサポートが含まれることになります。

Java 16を発表

Javaの最新リリースでイノベーションをお確かめください。リリースサイクルは通常、6か月となっています。最新リリースは今すぐダウンロードできます。

このライブ・ウェブキャストでJava Management Serviceについて学ぶ

最近発表されたJava Management Serviceの詳細については、2021年6月16日のライブ・ウェブキャストをご覧ください。ライブQ&Aでぜひエキスパートにご質問ください。

Javaのリーダーによる継続的なイノベーション

継続的なイノベーション

Javaプラットフォームで、次世代の豊富でスケーラブル、かつ安全なエンタープライズ・アプリケーションを作成できます。Java 15の多くの新機能について詳細をご覧ください。

オンデマンド・ウェブキャストを見る

コミュニティ・スチュワードシップ

オラクルは、最大のコミュニティとエコシステムの1つにより、世界中の何百万ものメンバーをサポートしています。コミュニティへの参加を奨励して資金提供し、拡大させることにより、Javaプラットフォームの最新で活気に満ちた状態が保たれています。

Javaエコシステムのインフォグラフィックを見る(PDF)

開発とデジタル・トランスフォーメーションへのJavaの貢献

IDC社は最近、Java、およびGraalVMなどの関連テクノロジーについて歴史と未来を調査しました。その結果、Javaが確かに今日の業界で最も広く使用されている言語であることが判明しました。

レポートを読む

Javaによる次世代アプリケーション開発への対応

Javaは今日、かつてないほど強力かつ重要になっています。ソフトウェア開発の主要なビジネスおよび技術トレンドに関するVDC Research社の調査結果をお読みください。この世界的な調査で、Javaが引き続きナンバーワンのプログラミング言語であることが判明しました。

レポートを読む (PDF)

Java

世界で最も人気のある最新の開発プラットフォーム

世界で最も人気のある最新の開発プラットフォーム、Java SEは、エンタープライズ・アーキテクチャ、財務、人事に最適なプログラミング言語として、コストの削減、開発期間の短縮、イノベーションの推進、アプリケーション・サービスの改善を実現します。追加費用なしでGraalVM Enterpriseも利用できるようになったOracle Java SE Subscriptionで、あなたのJavaへの投資を保護しましょう。

製品

最新のマイクロサービスを対象とした高性能ランタイム

アプリケーションのパフォーマンスと効率を大幅に向上させる高性能ランタイム。GraalVM Enterpriseは、パフォーマンスの新たな最適化により、オンプレミスおよびクラウドでマイクロサービスを構築するための最も優れたソリューションを提供します。

特長
  • 実行時コンパイラの高度な最適化
  • 事前コンパイラ(Javaネイティブ実行ファイルをコンパイル)
  • ポリグロットアプリケーションのシームレスな相互運用性
  • エンタープライズクラスのOracle Java SE上に構築
  • 24時間年中無休のOracle Premiere Support(My Oracle Support)

世界をリードするエンタープライズJavaアプリケーション開発および実行プラットフォーム

オンプレミス・アプリケーションやクラウド・アプリケーションに最適な基盤を構築するための基礎となるJava EEプラットフォーム。Oracle WebLogic ServerとOracle Coherenceは、統合型Javaアプリケーションサーバー製品に比類のないパフォーマンス、拡張性、管理性をもたらします。

製品

Internet of Things(IoT)エッジデバイスのセキュリティを向上

Java Cardは、スマートカードやその他の改ざん防止セキュリティチップなどのセキュリティ要素による、Javaテクノロジーに基づくアプリケーションのホスティングを実現します。リソースに制約のある単一のデバイスで複数のアプリケーションを保存したり更新したりできます。

特長
  • 相互運用可能
  • 安全な実行環境
  • マルチアプリケーション、マルチテナント
  • 拡張可能で更新可能

Sabre

Javaによるグローバル・イノベーション


Sabre社は、Oracle Java SE Subscriptionの助けを得て世界を動かし続けています。

Sabre社は旅行業者と買い手を非常に大規模な形で結び付けています。アプリケーションをメインフレームから移動してJavaを使用して導入するにあたって、Sabre社はJavaが提供する豊富なライブラリとフレームワークを活用し、コア・コンピテンシーに注力することができました。

2021年3月16日

Java 16の登場

Java SE製品管理担当ディレクター、Sharat Chander

2020年は、25周年を迎えたJavaにとって思い出に残る年となりました。20年以上にわたるイノベーションのなか、Javaは、プラットフォーム非依存のまま、下位互換性を保つことで信頼性を維持し、セキュリティを犠牲にすることなくイノベーションを加速することでパフォーマンスを維持しながら、変化するテクノロジー環境に適応することで柔軟性を維持してきました。

注目のブログ

すべて表示する

リソース

ドキュメント

技術文書とリソース

Java SEの現在のリリースとこれまでのリリースの詳細をご確認ください。Java SEを使用すると、デスクトップやサーバーでJavaアプリケーションを開発および導入できます。Javaはリッチ・ユーザー・インターフェイス、パフォーマンス、汎用性、移植性に加えて、現在のアプリケーションに不可欠なセキュリティを提供します。

カスタマー・コミュニティ

エンタープライズ向けのJava SEに関するアナリストの見解

Constellation Research社のHolger Mueller氏とOracleのJavaおよびGraalVMのグローバル・マーケティング担当副社長Manish Guptaが、25周年を迎えたJavaの歴史と未来について率直な意見を交わします。Guptaは、Oracle Java SE Subscriptionが今日の最新ビジネスにとってさらに重要なメリットを提供する理由についても説明しています。

学習

詳細を見る

マンスリー・ウェブキャストでは、専門家からのニュースをお届けしています。ライブイベントで質問したり、オンデマンドで回答を得たりできます。Oracle UniversityのJavaラーニング・ソリューションをチェックして、スキルの習得と専門知識の検証にお役立てください。

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、導入しましょう。

ここから始めよう


ウェブキャスト・シリーズを見る

Java SEの裏にいるエキスパートの声をライブやオンデマンドのウェブキャストでお聴きください。


Javaへの投資を保護する

企業全体でJava SEのインストール、更新、アップグレードをよりコスト効率の優れた方法で管理します。


今すぐJavaを購入する

Javaライセンスのメリットと、コードを記述したJavaのエキスパートによるサポートをご覧ください。


営業担当者に問い合わせる

Oracle Java SE Subscriptionのメリットについて、Javaチームメンバーにご相談ください。