該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Java

Javaは、No.1のプログラミング言語と開発プラットフォームです。コストの削減、開発期間の短縮、イノベーションの推進、アプリケーションサービスの向上を実現します。何百万人もの開発者が世界中で450億台を超えるJava Virtual Machineを稼働しているので、Javaは世界中の企業や開発者が真っ先に選択する開発プラットフォームの地位を堅持しています。

Oracle Java
Javaの現代企業との関連性:theCUBEパワーパネル

中堅企業に関する最近の調査によると、最新のJavaセキュリティパッチをアップグレードしてインストールする方法を比較すると、Oracle Java SEのお客様はOracleのJava SEサブスクリプションで平均29%のコスト削減のメリットがあることがわかりました。研究の著者とのこの活発な議論では、お客様自身のビジネスに当てはまるかもしれないいくつかの重要な発見が明らかにされます。

ライブ・ウェブキャスト:エンタープライズにおけるJava SE—イノベーションとオープンソースに関するアナリストの見解

10月14日水曜日の企業内のJava SEに関するインタラクティブなディスカッションにご参加ください。JavaとGraalVMのグローバルマーケティング担当副社長であるOracleのManish Guptaと、IDCのソフトウェア開発担当リサーチディレクターであるArnal Dayaratnaの話を聞いてください。

Javaのリーダーによる継続的なイノベーション

ビジネスの柔軟性の獲得

自身でアップグレードするのではなく、Java SEサブスクリプションでJava資産を管理することにより、総合的なコストを削減できます。Java SEサブスクリプションのお客様を対象とした調査結果で、コスト削減と投資対効果の実績をご覧ください。

中堅企業のコスト削減について学ぶ(PDF)
ビジネスの柔軟性

Javaへの投資の保護

Oracle Java SEサブスクリプションは、企業全体にわたるタイムリーな更新とアップグレードにより、Java SEサーバーとデスクトップのインストールを優れたコスト効率で管理します。これまで以上に短い開発サイクルで動いているソフトウェア開発組織が多数存在します。より効率的なJavaのリリースにより、アプリケーションの新機能と更新を今まで以上に短期間で市場に投入できます。

詳細を見る(PDF)
投資保護

継続的なイノベーション

Javaプラットフォームにより、拡張性とセキュリティに優れ、充実した次世代エンタープライズアプリケーションを作成できます。Java 15に用意された数多くの新機能をお確かめください。

オンデマンドウェブキャストを見る
継続的なイノベーション

コミュニティのサポート

Oracleは、最大規模のコミュニティとエコシステムにより、世界中の数百万人に及ぶメンバーをサポートしています。コミュニティへの参加を奨励し、資金を提供して拡大することにより、最新で活力に満ちたJavaプラットフォームが維持されています。

Javaエコシステムのインフォグラフィックを見る(PDF)
コミュニティのリーダーシップ

Javaの開発とデジタルトランスフォーメーションへの貢献

IDCは最近、JavaおよびGraalVMを含む関連テクノロジーの歴史と未来について調査しました。これは、Javaが今日の業界で最も広く使用されている言語であることを確認しています。

レポートを読む
No.1のプログラミング言語

次世代のアプリ開発にJavaで対応

Javaは今日、かつてないほど強力で関連性があります。ソフトウェア開発の主要なビジネスおよび技術トレンドに関するVDC Researchの調査結果をお読みください。世界的な調査では、Javaが引き続きNo.1のプログラミング言語であることが判明しました。

レポートを読む (PDF)
VDC Research

Java

世界で最も普及している最新の開発プラットフォーム

Java SEは、エンタープライズアーキテクチャ、財務、人事の各業務に向けた選りすぐりのプログラミング言語として、コストの削減、開発期間の短縮、イノベーションの推進、アプリケーションサービスの向上を実現します。

製品

最新のマイクロサービス向けの高性能ランタイム

アプリケーションのパフォーマンスと効率の大幅な向上を実現する高性能ランタイムです。GraalVM Enterpriseは、新たなパフォーマンス最適化により、オンプレミスとクラウドでのマイクロサービス構築に最適のソリューションを提供します。

特長
  • 適時最適化を実現する高度なコンパイラ
  • 事前コンパイラ(Javaネイティブの実行可能ファイルをコンパイル)
  • 多言語アプリケーションでのシームレスな相互運用性
  • エンタープライズクラスのOracle Java SEを構築
  • 年中無休のOracle Premiere Support(My Oracle Support)

エンタープライズJavaアプリケーションの開発と実行のための世界トップクラスのプラットフォーム

Java EEプラットフォームは、オンプレミスアプリケーションとクラウドアプリケーションに最適な基礎の構築に不可欠です。Oracle WebLogic ServerにOracle Coherenceを組み合わせることで、統合したJavaアプリケーションサーバー製品に比類のないパフォーマンス、スケール、管理性が得られます。

製品

Internet of Things(IoT)エッジデバイスのセキュリティ強化

Java Cardは、スマートカードをはじめとする改ざんに強いセキュリティチップなどのセキュアコンポーネントにより、Javaテクノロジーに基づいてアプリケーションをホストできるようにします。リソース制限のある単一デバイスに複数のアプリケーションを格納、更新できます。

特長
  • 相互運用可能
  • セキュアな実行環境
  • マルチアプリケーション、マルチテナント
  • 拡張可能で更新可能

Sabre

Javaによるグローバルなイノベーション


Sabreは、Oracle Java SEサブスクリプションを活用して世界を変え続けています。

Sabreは、旅行業者とその旅行商品の購入者を広範囲に結び付けています。Sabreは、アプリケーションをメインフレームから解放してJavaで導入するとき、Javaが提供する充実したライブラリとフレームワークを活用することで、核心的な能力の整備に活動を集中できました。

2020年8月26日

2020年のJava

Manish Gupta
Java and GraalVMのグローバルマーケティング担当副社長

最近、世界のJavaのスタミナ、強さ、普及率にスポットライトを当てる新しいデータと指標が登場しました。このブログは、これらの調査結果のいくつかを強調し、 興味のある読者をさらなる調査のための一部研究へ導きます。

全文を読む

注目のブログ

すべて表示する

リソース

ドキュメント

テクニカルドキュメントとリソース

Java SEの最新リリースとこれまでのリリースを入手できます。デスクトップとサーバー上でJavaアプリケーションを開発して導入するにはJava SEが効果的です。Javaは、今日のアプリケーションが必要とするユーザーインタフェース、パフォーマンス、汎用性、移植性、およびセキュリティを豊富に提供します。

顧客コミュニティ

企業向けのJava SEに関するアナリストの見解

Constellation ResearchのHolger Muellerが、Javaマーケティングの副社長であるManish Guptaと、25周年におけるJavaの過去と将来の関連性について率直な会話を交わします。オラクルのJava SEサブスクリプションサービスを今日の現代のビジネスにさらに関連性のあるものにするインサイトをご覧ください。

学習

バーチャルイベント

毎月のウェブキャストでは、JavaやGraalVMをはじめとする最新アプリの開発プラクティスを紹介するエキスパートが新着情報と更新を提供しています。ライブイベントで質問できるほか、収録されたイベントを見ることもできます。

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、導入できます。

始める


ウェブキャストシリーズを見る

ライブおよびオンデマンドのウェブキャストで、Java SEの進展に尽力しているエキスパートの話をお聞きください。


Javaへの投資の保護

これまで以上に優れたコスト効率でJava SEのインストール、更新、アップグレードを管理できます。


今すぐ購入する

コードを作成したJavaエキスパートの話をお聞きいただき、Javaのライセンスとサポートの利点をご確認ください。


営業担当者に問い合わせる

Oracle Java SEサブスクリプションの利点について、Javaチームメンバーにご相談ください。