該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Java

Java SEの概要

Java Platform, Standard Edition( Java SE)を使用すると、デスクトップやサーバーでJavaアプリケーションを開発し、デプロイできます。Javaは、今日のアプリケーションに求められるリッチなユーザー・インタフェース、パフォーマンス、汎用性、移植性、セキュリティのすべてを備えています。

最新情報

  • Java Platform, Standard Edition 8

    Java SE 8u311は、Java SE 8プラットフォームの最新リリースです。Java SE 8を使用しているすべてのユーザーがこのリリースにアップグレードすることを強くお勧めします。

    JDK for ARMのリリースも、他のプラットフォームのダウンロードページと同じページから入手できます。

  • ダウンロード
  • リリースノート
  • Advanced Management Console

    Java Advanced Management Console(AMC)を使用すると、システム管理者は、企業内のデスクトップおよびJavaベースのアプリケーションとソリューションを利用しているISVのJavaバージョンの互換性とセキュリティ更新プログラムをより細かく簡単に管理できます。

  • 参考資料
  • ドキュメント
  • JDK Mission Control

    JDK Mission Control(JMC)は、Javaアプリケーションを管理、監視、プロファイリング、およびトラブルシューティングするための高度なツールセットです。JMCは、プロファイリング・ツールや監視ツールで通常発生するパフォーマンス・オーバーヘッドを発生させることなく、コードのパフォーマンス、メモリ、レイテンシなどの領域について効率的で詳細なデータ分析を実現します。

  • Java Management Service

    Oracle Cloudのこの強力な新しいサービスを使用して、オンプレミスにあるかクラウドにあるかにかかわらず、Java環境を検出、監視、管理しましょう。Javaのどのバージョンがインストールされ使用されているかを、すべて1つのウィンドウで確認できます。

  • デプロイメント・ルールセット

    デプロイメント・ルールセットを使用すると、デスクトップ管理者が組織全体でJavaクライアントの互換性とデフォルトプロンプトのレベルを制御できます。


製品とトレーニング

Oracle Java SE Subscription

Javaの専門家が企業やISVのJavaベースのアプリケーションを監視、診断、集中管理します。

Oracle Java SEのトレーニングと認定資格

Java SE 11ラーニング・サブスクリプション

Java SE 11ラーニング・サブスクリプションを活用すると、Javaでのプログラミング、学習した内容に基づくアプリケーションの構築、ビジネス環境でのJavaの使用方法を効率的に学ぶことができます。

Java SE 11認定資格

およそ100万人の人々がOracle認定資格を取得し、Javaテクノロジーの専門家としての地位を確立しています。試験内容を見て、認定資格の取得に必要なものを確認してください。認定資格に投資してJava SE 11開発者としてのキャリアを築きましょう。

Javaソフトウェアについて詳しく知る

Javaを活用すると、コストが削減され、イノベーションを促進し、アプリケーション・サービスを改善できます。


コミュニティ

OpenJDKコミュニティに加入する
OpenJDKでは、共にJavaの未来を形作るコントリビューターを求めています。

SNSでOpenJDKとつながる
TwitterでOpenJDKをフォローして最新情報をチェックしてください。

Javaプラットフォームのニュースを読む
Oracle Javaプラットフォーム・チームのメンバーが提供するニュースや最新情報をご覧ください。