該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

マルチクラウドとは

マルチクラウドが企業に適したソリューションになる可能性がある理由

マルチクラウドとは何でしょうか。クラウド・インフラストラクチャの機能と支出を最適化しようとする企業にとって、マルチクラウド環境は世界最高のアプローチになる可能性があります。マルチクラウドとは、異なるベンダーの複数のクラウドの複数のインスタンスを使用することです。マルチクラウドでは、さまざまなベンダーを使用するため、ベンダーのサービスに固有のさまざまな機能、基礎的なインフラストラクチャ、セキュリティなどの要素にアクセスできます。マルチクラウドが、このようなすべてを関連付けるため、企業は複数のベンダーでアクセスできます。このため、機能に最も適した環境にデータを配置できます。

Oracle Cloud Infrastructure(OCI)はマルチクラウド環境で動作するInfrastructure-as-a-Serviceプラットフォームの一つです。この特定のケースでは、OCIとMicrosoft Azureは、AzureとOracle Cloudの両方でエンタープライズ・ワークロードを移行および実行できる相互運用性パートナーシップに基づいて、シームレスに連携しています。


マルチクラウド環境のこの例を詳細に検討するために、OCIとAzureの間のパートナーシップの実例を挙げましょう。国際的に有名な衣料品小売業者のGapはAzureとOracleの両方のデータベースでカスタム・アプリケーションを運用しました。オラクルとマイクロソフトの連携によって、マルチクラウドの相互運用性を強化し、簡単なスケーリングおよびデリバリ機能を複数のチャネルで提供できました。このケースでは、Gapは、さまざまなベンダーでマルチクラウド環境を使用して、ユーザー・エクスペリエンスを効率化するために、ユーザー・アクセス、接続、およびガバナンスを効率化しました。

マルチクラウドが適切である理由

マルチクラウドがお客様にとって実現可能である場合、マルチクラウドを導入する理由は何でしょうか。マルチクラウドには、下記の多くの利点があります。

  • 特定のサービスのベンダー・ロックインを回避できる
  • ディザスタ・リカバリ・オプションの堅牢性
  • 移行の容易性
  • スケーラビリティとアジリティの容易性
  • 競争力のある価格または新しいサービス競争を活用できる

マルチクラウド・ニーズを満たす強力なプロバイダは、柔軟性と汎用性を提供しながら、エンタープライズ・ワークロードを運用できる必要があります。高パフォーマンスのワークロード、特定のデータベースまたは仮想化スタックの運用が含まれます。最適な状況では、マルチクラウド環境を使用する企業は、柔軟性を維持し、データ・セキュリティと相互運用性を確保しながら、サービス、価格、およびリソースを最適化できます。このような最適化を実現するには、多くの考慮事項が必要ですが、このような最適化を正しく行うと、マルチクラウド環境によって、企業が発展する能力を強化できます。

マルチクラウド、ハイブリッド・クラウド、およびインタークラウド

複数のコンピューティングおよびデータ・プラットフォームの使用は新しくありません。多くの企業は、さまざまなユース・ケースに対応する広範なデータセンターにオンプレミス・インフラストラクチャを導入しました。現在、IT部門がマルチクラウドへの移行をどのように選択しているかは特定のニーズによって異なります。それぞれ長所と短所があります。つまり、マルチクラウドはハイブリッド・クラウドが実行できないことを実行でき、同じことはインタークラウドにも言えるということです。このようなオプションのそれぞれの特徴は下記のとおりです。

  • マルチクラウド: 上記のとおり、マルチクラウドは1つの企業で複数のクラウド・ベンダーが使用される構成です。理想的には、クラウドは、ユーザーが相互運用性と接続を簡単に活用できるように、この両方を実現します。ただし、この実現はマルチクラウドの構成が成功するための最も重要な課題の一つです。マルチクラウドについて考える簡単な方法はテレビにたとえることです。つまり、Netflix、Amazon Prime、およびHBO Maxは、それぞれの世帯が契約しているそれぞれ異なるクラウド・ストリーミング・サービスであるということです。
  • ハイブリッド・クラウド: ハイブリッド・クラウドでは、オンプレミス・ハードウェアとクラウド・ホスティングを組み合わせて使用します。企業がハイブリッド・クラウドを選択する可能性がある理由は多くあります。この事実はパブリック・クラウドへの段階的な移行の一環になる可能性があります。また、オンプレミスのハードウェアに機密資料を保管することによる規制上の必要性になる可能性もあります。


  • インタークラウド: マルチクラウドが1つの企業で使用される複数のクラウドを1つにまとめる一方、インタークラウドは複数のクラウド・ソリューション内のデータをアクティブにマージします。インタークラウドは、複数のシステムが連携しているという点ではハイブリッド・クラウド環境に類似していますが、すべてのシステムがクラウドに存在しているという点では異なっています。

適切な構成がどれであるかは、ニーズによって異なります。規制上のニーズ、予算などの実際的な要因をレイテンシ、アクセシビリティなど、技術的な問題と比較検討する必要もあります。

マルチクラウド戦略に関する考慮事項

IT部門は、マルチクラウド戦略への移行を検討する場合、自社の重要な要素を評価して、このような要素が特定のニーズに適した選択肢であるかどうかを確認する必要があります。お客様の目標を定義するために、下記の4つの条件を検討してみましょう。

ニーズを満たすクラウド・サービスはありますか?

おそらく、この条件はクラウド・プロバイダを戦略の一環として選択する最大の理由です。簡単に言うと、クラウド導入計画によって、目的を簡単に果たすことができるでしょうか。テレビ・ストリーミング・サービスの上記のたとえに話を戻すと、この条件はストリーミング・サービスに希望の番組があるかどうかということです。このケースでは、このサービスまたは機能は、お客様が希望しており、他では実現できません。(あるいは、他のプロバイダからのオプションが、リソース/コストを使い果たす、それほど柔軟ではない、など。)また、既存の環境と連携するように、導入できます。

相互運用性を実現できますか?

最新のクラウドは、相互運用性を実現するために、構築されています。マルチクラウドの場合は、ネットワークとアイデンティティ管理を統合する必要性が重視されています。マルチクラウド環境では、このようなニーズを満たして、ユーザーと管理の両方の物流上の障害を最小限に抑制するように、クラウド間の円滑な通信を実現します。オープン標準の活用は相互運用性を実現するためのカギです。この好例は、オープンソースのInfrastructure as CodeプラットフォームであるTerraformなど、一般的なオープンソース・テクノロジーのサポートを提供することです。また、クラウド間の低レイテンシ接続は重要なタイプのワークロードを円滑に運用するために非常に重要です。

ただし、このような接続は実現可能とはかぎらず、他のサービスから離れてサイロ化されたままのクラウド・サービスもあります。複数のクラウド・ソリューションが密接に連携できない場合は、リソース上の単純なドレインからワークフロー内の問題とボトルネックまで、すべてのタイプの障害が生じます。生じる問題の方が解決される問題より多いクラウド・サービスはマルチクラウド環境に適した選択肢ではありません。

予算に合っていますか?

ITプラットフォームの統合の実際的な要因は予算です。統合によって、コストに見合う時間と労力を十分に節約できるでしょうか。また、統合が予算内に収まらない場合は、統合が機能するように、スケールダウンできるリソースが他にあるでしょうか。あるいは、クラウド・サービスが、さらに多くのものを実際に求めることができる十分な価値を提供していると証明できるでしょうか。また、マルチクラウド環境が稼働した後は、予算を超過しないように、すべてのコスト変数を効果的に監視できるでしょうか。この最後の質問は相互運用性の問題にも関連しています。適切なAPIによって、クラウド・サービスを使用状況、リソース、および予算の全体像を把握する他のツールと統合できるため、すべてをお客様の予算内に簡単に収めることができます。

セキュリティまたはガバナンスの懸念はありますか?

現在のデータドリブンの世界では、セキュリティは常に最大の懸念の一つです。マルチクラウド環境では、新しい独自の課題が発生し、多くの場合、相互運用性という概念に関連しています。認証と承認がカギです。つまり、この2つが特定のプロバイダに限定されていると、アクセスの問題の影響を受ける可能性があるということです。また、すべてのAPIは、さまざまなクラウドとインフラストラクチャ全体のリスクを最小限に抑制するように、動作する必要があります。リスクを最小限に抑制し、適切なデータ・ガバナンスを確保するには、管理ビュー全体を完全に使用できる必要があります。相互運用性が適切な場合は、ログ、監視、およびセキュリティ管理ツールが複数のクラウドで動作して、この労力を効率化できます。

マルチクラウドのお客様事例

Oracle Cloud Infrastructureは、IaaSプラットフォームをマルチクラウド戦略の一環として実現するために、さまざまな独自のニーズのあるすべての規模の企業で使用されています。下記はオラクルのマルチクラウド分野のお客様事例の一部です。

Murad

Muradは、世界的に認められたスキン・ケア・ブランドであり、科学ベースの治療および製品を市場で区別しています。同社は自社の複雑なビジネス・モデルにはERP、SCM、プランニング、およびBIプラットフォームで迅速なバックオフィス運営が必要であると認識していました。また、コストを削減し、ハードウェア管理を軽減するだけでなく、ビジネス継続性を向上しようとしていました。最終的に、Muradは、Oracle Cloud InfrastructureをAWSと連携するマルチクラウド・ソリューションの一環として統合した結果、パフォーマンスを30%向上しました。

SI Groupの画像
SI Group

100年以上、SI Groupは化学のイノベーションを推進しています。同社は2,800以上の工業製品と消費財を提供しているため、データ・ニーズは社内のすべてのグループで重要です。同社は、マルチクラウドの帯域幅を増加するだけでなく、コスト全体を削減し、効率を向上することを求めていました。SI Groupは、この目的を果たすために、オラクルのSD-WANソリューションを使用しました。

Tanium

要件の厳しいIT環境向けのエンドポイント管理およびセキュリティのプロバイダであるTaniumはTanium-as-a-Serviceという主要なSaaSプラットフォームを使用するパートナーを求めていました。Taniumは、顧客がIT環境のセキュリティを強化できる強力なコストパフォーマンスによって、強力な組み込みのセキュリティと高可用性を提供するパートナーを必要としていました。最終的に、Taniumは、マルチクラウド戦略を実現するために、Oracle Cloud Infrastructureを選択したため、価格競争力のあるソリューションとゼロ・インフラストラクチャによって、ユーザー・ベースを拡大できました。

TruGreen

TruGreenは全国に13,000人の従業員を擁する米国最大の芝生管理会社です。TruGreenが親会社からスピンオフしたことはJD Edwardsのレガシー・システムなどの非推奨のデータベース・ソリューションから移行する機会になりました。目標は、必要なレガシー投資を維持しながら、プロセスを統合および効率化する最新のプラットフォームに移行することでした。最終的に、TruGreenは、Infrastructure-as-a-ServiceとPlatform-as-a-Serviceの両方のソリューションをハイブリッド・クラウド・アプローチ全体で提供するために、オラクルの追跡レコードが強力であることを理由に、Oracle Cloud Infrastructureを選択しました。

マルチクラウドによる柔軟で先進的なソリューション

クラウドベースのサービスとソリューションが多い世界では、多くの場合、マルチクラウド環境は企業が価格、パフォーマンス、およびアジリティのバランスを取るための適切な選択肢です。Oracle Cloud Infrastructureは、堅牢なマルチクラウド・ソリューションをサポートするため、管理を簡素化するだけでなく、統合の複雑性とセキュリティ・リスクを最小限に抑制できます。