Oracle Interconnect for Azure

Microsoftとオラクルは提携し、業界初の相互接続されたクラウド・エクスペリエンスを実現しています。2つの主要なクラウド・プロバイダー間で低レイテンシかつ高スループットのプライベート接続を実現することで、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)とMicrosoft Azureのメリットをシームレスに相互運用できるようになりました。

Microsoft AzureとOCIの間の直接的な相互接続の設定(18:46)
ヨーロッパでOracle Database@Azureを発表

Microsoft Azureドイツ西部中部リージョンでOracle Database@Azureにサインアップできるようになりました。オラクルとMicrosoftは、インド、イタリア、スウェーデン、アラブ首長国連邦を含む追加のクラウド・リージョンでサービスを提供し、計画済みのOracle Database@Azureの利用拠点を世界の15のリージョンに展開する計画を発表しました。

オラクルとマイクロソフトには、すべての業種で多くのお客様がいらっしゃいます。このパートナーシップとインターコネクトにより、両社のお客様は、複雑な再設計や再プラットフォーム化を必要とせずに、ワークロードをOracle Cloud Infrastructure(OCI)とMicrosoft Azureに移行できます。

Dave McCarthy氏IDC、リサーチ・バイスプレジデント

Oracle Interconnect for Azureが使用される理由

2つのクラウドベンダーの機能を組み合わせる

機能、パフォーマンス、価格に基づいて、オラクルとマイクロソフトのクラウド・サービスの最適な組み合わせを使用し、イノベーションを実現します。

プライベートおよび低レイテンシの接続の使用

OCIとMicrosoft Azure間の直接的な相互接続を利用することで、2ミリ秒未満のレイテンシを実現し、優れたマルチクラウド・ネットワーク・パフォーマンスを実現します。

Azureベースのアプリケーションを、高速なオラクルのOracle Databaseで実行

OCIでOracle Autonomous Database、 Exadata Database Service、MySQL HeatWave環境に直接接続し、アプリケーションのパフォーマンスを最大化します。

クラウド全体の管理を統合

OCIとMicrosoft Azure上の分散データストアを使用し、Oracle E-Business Suiteを含むアプリケーションをOCI上で実行します。

Oracle Interconnect for Azureの機能

  • コスト効率に優れた接続

    Oracle Interconnect for Azureを使用したり、OCIとAzure間でデータを移動したりするための追加料金は必要ありません。


  • 高スループット

    Integra LifeSciencesは、Interconnectを使用して、毎夜ごとに数TBのデータを転送しています。


  • 共同サポート

    My Oracle Supportで問題を提起できます。両方のサポートチームが、問題の解決に迅速に取り組みます。


  • Terraformによる自動化

    OCI Architecture CenterMicrosoft Azureのリソースを使用してプロビジョニングを自動化します。

Oracle Cloudデータセンターの世界分散マップとその詳細

オラクルのデータセンターは世界中に分散しています。

リージョン別のオラクルのデータセンター
リージョン 現在の地域 新たに加わるリージョン Azure 相互接続
北米 13 0 4
南米 4 1 1
ヨーロッパ 15 0 3
中東とアフリカ 5 3 1
アジア太平洋 9 1 3

Oracle Interconnect for Azureの詳細

テクノロジー統合

お客様は、Oracle FastConnectとAzure ExpressRouteを使用すると、OCIとMicrosoft Azureの環境間にプライベートな相互接続をシームレスに構築できます。また、この相互接続により、両社のお客様は、統合されたID・アクセス管理プラットフォームを活用して、コストを削減できます。クラウド・エンジニアは、PeopleSoft、JD Edwards EnterpriseOne、E-Business Suiteなどのオラクルのアプリケーションに対して、Microsoft AzureとOCI間のSSOを設定できます。フェデレーテッドSSOを使用すると、統合がシームレスになり、ユーザーは、各アプリケーションに個別にサインインせずに、複数のアプリケーションにアクセスするために1回のみ認証できます。

  • OCIとMicrosoft Azure間のトラフィックの往復レイテンシは約2ミリ秒
  • OCI FastConnectとAzure ExpressRoute Local Circuitのポート容量のみに基づく価格設定

アプリケーション相互運用性

Oracle Interconnect for Azureを使用すると、パッケージ・アプリケーション、クラウドネイティブ・アプリケーション、カスタム・アプリケーション、サードパーティ・アプリケーション向けにテスト、検証、サポートされている環境にアクセスでき、既存の環境を活用しながら継続的なイノベーションを支援できます。AzureとOracle Cloud間のトラフィックは、プライベートな物理接続を介して直接送信され、ラウンド・トリップ・レイテンシは約2ミリ秒です。お客様は、ネットワーク・セキュリティ・グループ(NSG)とセキュリティ・リストを使用して、トラフィック・フローをさらに制限できます。

  • Oracle Autonomous DatabaseをOCIに導入し、Microsoft Power BIをMicrosoft Azureに導入
  • OCIとMicrosoft AzureのフロントエンドにOracle Exadata Database Serviceを導入できます。
  • Microsoft Database Service with HeatWave on OCIとマイクロサービス・ベースのアプリケーションをMicrosoft Azureに導入
  • Oracle WebLogicOracle DatabaseをOCIに導入し、Microsoft Azure上の.NETアプリケーションとMicrosoft SQL Serverに接続します。

総合サポート・モデル

Oracle Interconnect for Azureは、問題発生時にMicrosoftまたはオラクルを通じて開始できるシームレスな問題解決プロセスを提供します。オラクル・ソフトウェアのライセンスとサポートをお持ちのお客様の場合、オラクルはWindows Server Hyper-VとMicrosoft Azureでオラクル・ソフトウェアを実行しているお客様に直接サポートを提供します。このパートナーシップにより新しいサービスが追加された場合、サポートモデルの詳細をお知らせします。

  • オラクルまたはMicrosoftによる問題の提起
  • 両クラウドベンダーから共同解決案が提供されます。
  • Oracle Supportは、お客様の許可を得た後にMicrosoftと直接やり取りをします。また、Microsoft側でも同様の解決モデルが適用されます。

ネットワーキングのユースケース

マルチクラウド接続をサポートするOracle Interconnect for Azureネットワーキングのユースケースをご紹介します。Microsoftとオラクルは、インターコネクトを使用するマルチクラウドのお客様を支援し、検証されたパターンを使用してネットワーク接続を可能にするための複数のソリューションを共同公開しています。

  • Azure Virtual WANを使用してOCI-Azureインターコネクトを拡張します。
  • ExpressRouteおよびリージョン・ピアリングを使用して、AzureとOCIの相互接続を有効にします。
  • OCI-Azureインターコネクトを有効にし、ネットワーク仮想アプライアンス(NVA)を使用してトラフィックを保護します。

ディザスタ・リカバリ(DR)

お客様が効果的なDRアーキテクチャを導入できるように、オラクルは地域ごとに複数のインターコネクト・リージョン(北米の米国東部、米国西部など)を提供することに取り組んでいます。すべてのインターコネクト回線(ExpressRouteおよびFastConnect)には、同じPOP内に冗長回線が含まれており、異なる物理ルーターに接続されています。これにより高可用性を実現します。

  • Azure ExpressRouteのコストはリージョンによって異なります。オラクルでは、個別のイングレスまたはエグレス料金がないローカル設定を使用することをお薦めします。

Oracle Interconnect for Azureのリファレンス・アーキテクチャ

すべてのリファレンス・アーキテクチャを見る

 

オラクルとAzureのマルチクラウドのお客様事例

OCIのお客様事例をすべて見る
産業用機械製造
MESTEC、Oracle Autonomous DatabaseとOracle Interconnect for Azureを活用し、最大600%高速化
ライフ・サイエンス
Integra LifeSciences、OCI-Azureのマルチクラウド展開により、パフォーマンスを最大140%向上
ハイテク
iAdvantage、Oracle Autonomous DatabaseとOracle Interconnect for Azureを活用してトランザクションの実行速度を3~4倍向上
ハイテク
Snap Vision、OCI、Kubernetes、およびOracle Interconnect for Azureを使用して小売業者によるスマートな販売を支援
=

Oracle Interconnect for Azureを使い始める

OCI-Azureインターコネクトのブログ記事を読む

Oracle Interconnect for Azureの最新情報をご覧ください。Oracle Cloud Infrastructureブログで、最新のInfrastructure as a Serviceに関する発表、IaaSのお客様およびパートナー様向けのインサイト、およびエンタープライズ・クラウドに関するニュースをご覧ください。

20以上のAlways Freeクラウド・サービスを30日間の試用版で試す

オラクルは、Compute、Storage、Autonomous Databaseなど、20以上のサービスに期限を設定せずに、Free Tierを提供しているだけでなく、他のクラウド・サービスを試すための300ドルの無料クレジットも提供しています。詳細をご確認のうえ、今すぐ無料アカウントにご登録ください。

  • Oracle Cloud Free Tierの内容

    • AMDおよびArm Compute VM
    • 200GBの合計ブロック・ストレージ
    • 10GBのオブジェクト・ストレージ
    • 2つのAutonomous Database、それぞれ20GB
    • 10TBのアウトバウンド・データ転送/月
    • 10以上のAlways Freeサービス
    • 300ドルの無料クレジットが30日間提供

ハンズオン・ラボで学ぶ

学ぶための最適な方法は自分で試すことです。Oracle Cloud Free Tier、お客様のOracle Cloudテナント、またはオラクルが提供する無料ラボ環境で選択したソリューションに関するチュートリアルとハンズオン・ラボを使用してください。

  • 仮想クラウド・ネットワーク・ピアリングの設定

    このラボでは、2つのコンピューティング・インスタンスを作成し、ルーティングを設定して、VCNピアリングを確認します。

    このラボを今すぐ始める
  • プライベート・コンピューティング・インスタンスのNATゲートウェイ・ワークショップの設定

    このラボでは、高度にスケーラブルでセキュアな完全に管理されたNATゲートウェイをOracle Cloud Infrastructure(OCI)で設定します。

    このラボを今すぐ始める
  • Oracle Cloud Infrastructureコア・サービスを始める

    このラボでは、基本的なOCIサービス(ネットワーキング、コンピューティング、ストレージなど)を確認します。

    このラボを今すぐ始める
  • プライベートDNSの設定

    このラボでは、プライベートDNSゾーンのビューとリゾルバの設定方法を学びます。

    このラボを今すぐ始める

OCIでのコスト削減を試算してみましょう

Oracle Cloudの価格は、わかりやすく、世界中で一貫性のある低価格であり、さまざまなお客様事例をサポートしています。コストを見積もるには、コスト見積ツールをチェックし、ニーズに応じて、サービスを設定します。

違いを体験してください

  • 1/4のアウトバウンド帯域幅コスト
  • コンピューティングのコストパフォーマンスが3倍向上
  • すべてのリージョンで同じ低価格
  • 長期のコミットメントなしの低価格

営業へのお問い合わせ

Oracle Cloud Infrastructureの詳細にご関心をお持ちの場合は、当社のエキスパートにお問い合わせください。

  • 次のような質問に回答できます。

    • Oracle Cloudを使い始めるには、どうすればよいですか?
    • OCIでは、どのようなワークロードを実行できますか?
    • OCIでは、どのようなサービスが提供されていますか?