FastConnect

FastConnectを使用すると、専用のプライベートな高帯域幅接続を介して、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)の仮想クラウド・ネットワークに直接接続できます。そうすれば、お客様はデータ量に基づいて適切なポート速度を選択して毎月一定の低料金を支払うだけです。他のプロバイダは移動したデータ量に対して課金しますが、これは高額になる可能性があり、予測できません。

  • Oracle Cloudへの専用接続

    世界のトップキャリアおよびネットワーク・プロバイダーを代表する50を超えるFastConnectパートナーを選択して、オンプレミス環境をOracle Cloudに拡張し、クラウドベースのワークロードへの応答性の高いアクセスを取得します。

  • Oracle Cloudへのフレキシブルな接続

    FastConnectパートナー、サードパーティ・プロバイダーを使用して、またはコロケーション環境内からOracle Cloudに接続します。

FastConnectサービスの特長

専用のプライベート・クラウド接続

必要に応じたスケーリング

現時点でのビジネス・ニーズとデータ転送プロファイルに基づいてポート速度のアップグレードやダウングレードを実行し、要件の変化に応じて変更します。

プライベートかつ高速

FastConnectは、データ移動用に事前定義されたパスを提供し、パブリック・インターネットを介したデータ転送に固有の衝突、パケット整列、セキュリティ、レイテンシの問題を回避します。FastConnectを介したサイト間IPSec VPNで、オプションの暗号化を追加できます。

組み込みのベストプラクティス

業界標準のボーダー・ゲートウェイ・プロトコルをルーティングに活用し、Oracle Cloud Infrastructureとネットワーク間のルート交換を管理します。

1つのネットワークに統合

FastConnectは、仮想クラウド・ネットワーク機能を使用し、OCIテナンシとプライベート・ネットワーク全体で信頼できる定義済みエンドポイントを介してデータ・トラフィックを確実に通過させます。

低料金かつ一貫性のある料金設定

プライベート・クラウド・ネットワーキング市場をリードする低料金

他のクラウド・プロバイダと比較して最大80%の節約を実現し、Oracle Cloudのネットワーク・エグレスとネットワーキング・コストにおける優れた経済性を活用します。

全世界の定額料金

お客様がFastConnectの回線を通るデータ量に応じて請求される料金に驚くことはありません。なぜなら、データ転送料のない(選択したポート速度あたりの)定額料金に基づいて請求されるからです。その結果、低コストかつ予測可能になっています。使用時間とキャリア・コストに基づいた料金がキャリア・パートナーから直接請求されます。

Azure Interconnectの価格

Oracle Cloud and Microsoft Azure Interconnectの価格はOCI FastConnectとAzure ExpressRoute Local Circuitにプロビジョニングされたポートの容量のみに基づいています。インバウンドとアウトバウンドの帯域幅消費には、追加料金が発生しません。

柔軟な接続オプション

パートナー経由での接続

Oracleには50を超えるFastConnectパートナーがあり、グローバル・リージョン全体で事前設定済みの接続を今すぐ使用できます。

同じデータ・センター内でのクロスコネクト

お客様がOracleリージョンの場所に存在する場合は、お客様とOracleは直接接続します。

プライベート・パートナー接続

現在FastConnectサービス・プログラムのメンバーではない優先キャリアをお持ちの場合は、専用回線を使用して、お客様の優先ネットワーク・プロバイダとOracle間の直接接続を提供できます。

プライベート・ピアリングおよびパブリック・ピアリング

ワークロードが異なれば、ニーズも異なります。要件に合わせて、FastConnectプライベート・ピアリング・オプションまたはFastConnectパブリック・ピアリング・オプションから選択、または両方を選択します。

迅速なサービス・プロビジョニング

コンソールまたはAPI

お客様は、使いやすく直感的なコンソール・インターフェイスを介して、またはAPIを介してプログラムで回路の構成と変更を実行して、自動化を有効にします。

本番環境への対応

FastConnectを使用すると、お客様は不可欠なアプリケーションやワークロードに必要な冗長接続をすばやく簡単に作成できるツールを利用できます。

パートナーによる迅速化

FastConnectパートナーを介して接続する場合、既存の関係が存在すれば、数分以内に仮想回線をプロビジョニングできます。

50を超えるパートナー

世界のトップ・キャリアおよびネットワーク・プロバイダを代表する50を超えるFastConnectパートナーから1つを選択して、オンプレミス環境をOracle Cloudに拡張し、クラウドベースのワークロードへの顧客応答性の高いアクセスを確保します。

サポートされているパブリック・ピアリング・サービスおよびプライベート・ピアリング・サービス

パブリック・ピアリング・オプションとプライベート・ピアリング・オプション全体でFastConnectがサポートするすべてのIaaSおよびPaaSサービスの詳細なリストを取得します。

 

FastConnectの使用事例

  • レイテンシに敏感なエンタープライズ・アプリケーション

    リレーショナル・データベース・バックエンドを備えたアプリケーションはレイテンシに対して特に脆弱であり、予測可能なパフォーマンスを必要とします。Oracle FastConnectは、一貫したネットワーク・パフォーマンスと低レイテンシを保証します。

  • ビッグ・データおよび高性能コンピューティング

    大量のデータを転送する場合、たとえば、バッチ・ジョブの実行中やリアルタイム・クエリの分析中などは、高性能と低レイテンシが必須です。専用の接続により、Oracle FastConnectは、データ集約型ジョブに必要なスループットと一貫性を提供します。

  • インターネットを経由させることができない機密データ

    FastConnectは、機密データ・トラフィックを分離してセキュリティとプライバシーを向上させます。データ・トラフィックが信頼できるエンドポイントを確実に通過するからです。オプションのサイト間IPSec VPNを使用して、データを暗号化します。

  • クラウドへのリフト・アンド・シフト

    多くの場合、アプリケーションとデータベースを移動するには専用のネットワーク接続が必要です。移行アクティビティには、通常、大規模なデータ転送と短時間での作業が必要になります。FastConnectは、市場をリードする価格で高い性能を提供することにより、両方のニーズを満たします。またに、お客様がデータ量に応じた支払いを強制されることはありません。

Oracle Cloud Infrastructure FastConnectの成功事例

さまざまな業界のお客様がOracle Cloud Infrastructure FastConnectを活用して、高帯域幅オプションを備えた専用のプライベート接続を作成しています。それによって、インターネットベースの接続よりも信頼性と一貫性の高いネットワーキング・エクスペリエンスを実現しています。

  • 7-Eleven logo
  • Darling logo
  • HAVI logo
  • LifeScan logo
  • Makro logo
  • Smiles logo
Darling logo

持続可能な原料企業がOracle Applicationsをクラウドに移行

2023年9月13日

FastConnectを介したOCIサイト間VPNを発表

オラクルは、FastConnectプライベート・ピアリングを介したOracle Cloud Infrastructure(OCI)サイト間VPNを、すべての商用リージョンで一般提供することを発表しました。サイト間IPSec VPNは、オンプレミス環境とOCI間のトラフィックを安全に保護するために頻繁に使用されます。OCIサイト間VPNサービスでは、高い耐障害性と冗長性を持つIPSec VPNマネージド・サービスを提供し、プライベート・トラフィックをOCIに送信する前に暗号化することができます。

全文を読む

始めよう


Oracle Cloud Free Tier

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、デプロイしましょう。一度サインアップすると、2つの無料オファーにアクセスできます。


クラウド・トレーニング - Oracle Cloud Infrastructure

Oracle Cloud Infrastructureのトレーニング・ビデオ、マイペースで学習できるラボ、オンボーディング、および認定資格をご紹介します。


Oracle Cloud Infrastructureの詳細

Oracle Cloud Infrastructureは、パブリック・クラウドの弾力性と利便性、オンプレミス・インフラストラクチャのきめ細かな制御、セキュリティ、予測可能性を兼ね備えています。