該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Virtual Cloud Network

Oracleの仮想クラウドネットワーク(VCN)は、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)でカスタマイズ可能なプライベートなクラウドネットワークを提供します。従来のデータセンターネットワークと同様に、VCNはお客様にクラウドネットワーク環境の完全な制御を提供します。これには、プライベートIPアドレススペースの割り当て、サブネットとルートテーブルの作成、ステートフルファイアウォールの構成が含まれます。

Virtual Cloud Networkの機能

カスタマイズ可能な仮想ネットワーク

柔軟なIP割り当て

お客様は、特定のワークロードIPアドレス要件に従ってVCNを定義し、プライベートサブネットまたはパブリックサブネットを使用してVCNをより小さな範囲に分割したり、単一のVCNに複数のIPアドレスを割り当てたりすることができます。

既存のネットワークを拡張

仮想ルーターとゲートウェイを使用して、既存のオンプレミスネットワークと相互接続を拡張します。お客様は、ピアリングゲートウェイを使用して、テナンシー内のさまざまなVCNを接続したり、他のテナンシーに安全に接続したりします。

サイト間の接続性

オンプレミスネットワークを、冗長VPNゲートウェイ(VPN Connect)を使用してOracle Cloud VCNに拡張します。

“独自のパブリックIPアドレスを用意

ホワイトリストに登録されたIPアドレスまたはレピュテーションに依存するIPアドレスをOracle VCNに用意し、Oracle Cloudへの移行中に中断したりIPアドレスを変更したりしないようにします。

定額、高速接続

FastConnectを使用すると、お客様は専用のプライベートな高帯域幅接続を介してOCI仮想クラウドネットワークに直接接続できます。次に、データ量に基づいて、顧客は適切なポート速度を選択し、毎月一貫した低価格を支払うだけです。他のプロバイダは移動したデータ量に対して課金しますが、これは高額になる可能性があり、予測できません。

エンドツーエンドのネットワークセキュリティ

分離されたネットワーク仮想化

分離されたネットワーク仮想化により、顧客テナントへの攻撃を防止します。OCIのセキュリティファースト・アーキテクチャの基本要素であるこの設計は、カスタム設計されたSmartNICを使用してマルウェアを阻止し、ネットワークを分離して仮想化します。

最大セキュリティゾーン

Oracle Maximum Security Zonesにより、Oracleは、ベストプラクティスのセキュリティポリシー実施を初日から自動的にアクティブ化する最初のパブリッククラウドプロバイダーになるため、顧客は設定ミスのエラーを防ぎ、ワークロードを安全に導入できます。

Oracle Cloud Guard

日常業務の場合、Oracle Cloud Guardは、構成とアクティビティを継続的に監視して脅威を特定し、すべてのOracle Cloudグローバルリージョンで脅威を修正するように自動的に機能します。Oracleは、追加費用なしでクラウドセキュリティポスチャ管理ダッシュボードを提供する唯一のクラウドサービスプロバイダーであり、応答を自動化して顧客のリスクを迅速かつ効率的に削減する多数の構築済みツールを備えています。

サービスゲートウェイ

顧客は、パブリックインターネットを経由せずに、サービスゲートウェイを介したOCIおよびプラットフォームサービスの全範囲へのプライベートアクセスでVCNを拡張します。

低遅延ネットワークが高性能をもたらす

高帯域幅、低遅延環境

Oracleのクラスターネットワーキングは、コンバージドイーサネット(RoCE)v2および100 Gbpsネットワークを介したリモート・ダイレクト・メモリ・アクセス(RDMA)を提供し、マイクロ秒の遅延を備えた高性能コンピューティングクラスターを作成します。これは最も要求の厳しいワークロードに最適です。

フラットなネットワーク

オラクルの非常にスケーラブルでフラットなネットワーク設計により、コンピューティングとストレージ間のネットワークホップ数が最大2つまで制限されます。Oracleはネットワークリソースをオーバーサブスクライブしないため、顧客は予測可能なパフォーマンスを備えた低遅延ネットワークを体験できます。

パフォーマンスSLA

Oracleは、ネットワーキング用のパフォーマンスSLAを提供する唯一の大規模なクラウドサービスプロバイダーです。お客様がアプリケーションのワークロードに対する予測可能なネットワーク応答に依存できるよう、一貫したネットワークパフォーマンスを保証します。

重要なワークロードの保護

災害保護とハイブリッド接続

お客様は、VPNまたは専用のFastConnect接続を使用して、オンプレミスのデータセンターからOracle Cloudにワークロードを拡張することにより、オフサイトのディザスタ・リカバリ(DR)計画を実施します。または、ピアリングゲートウェイを使用して複数のリージョンにVCNを導入し、地理的なワークロードの冗長性を提供することもできます。

Oracle Webアプリケーションファイアウォール

クラウドベースかつPCI準拠のグローバルWeb Application Firewall(WAF)サービスによって、悪意のある不要なインターネット・トラフィックからアプリケーションを保護します。脅威インテリジェンスと一貫したルール施行を組み合わせることで、このサービスは防御を強化し、インターネットに接続されたアプリケーションサーバーを保護します。

マルチクラウドの相互運用性

お客様は、Oracle Cloud InfrastructureとMicrosoft Azureの間の高速で安全で信頼性の高い接続を直接利用します。米国東部(アッシュバーン)からAzure米国東部、カナダ南東部(トロント)からAzure Canada Central、英国南部(ロンドン)からAzure UK South、オランダ北西部(アムステルダム)とAzure West Europe、および日本東部(東京)で利用できます。

Gonzaga Universityのロゴ

Gonzaga UniversityがOracle Cloudのセキュリティを拡張

ゴンザガ大学は、VPNを介したリモートアクセスを介してオンプレミスのセキュリティソリューションを拡張するようにOracle Cloud Infrastructureの仮想クラウドネットワークを構成することで、機密データとアプリケーションを保護します。

Virtual Cloud Networkのユースケース

2020年6月26日

ヨーロッパのOracle Cloud Infrastructureでの複数地域のピアリングとレイテンシのテスト

Oracleのプリンシパルプロダクトマネージャー、Alexander Koenig

このブログでは、複数の地域アーキテクチャについて説明しています。多くのお客様から、ヨーロッパでのレイテンシ予想と、アプリケーションを別のリージョンで実行しながらデータベースを1つのリージョンにデプロイする機能について質問がありました。このブログ投稿では、フランクフルトのOracle Autonomous Data Warehouseとアムステルダムのビジネスインテリジェンスアプリケーションを使用しています。

全文を読む

リソース

始めよう


Oracle Cloud Free Tier

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、導入します。一度サインアップすると、2つの無料オファーにアクセスできます。


Oracle Cloud Infrastructureプラットフォームの概要

パフォーマンス重視のエンタープライズ・アプリケーションのコストを削減しながら、パフォーマンスとセキュリティを向上させます。


Oracle Cloud Infrastructureのクラウド・トレーニング

Oracle Cloud Infrastructureトレーニングビデオ、セルフペース・ラーニング・ラボ、認定などのクラウド・トレーニング・リソースをご覧ください。


Oracle Cloud Infrastructureの詳細を見る

Oracle Cloud Infrastructureは、パブリック・クラウドの伸縮性および利便性と、オンプレミス・コンピューティング環境のコントロール、セキュリティ、パフォーマンス、予測可能性を兼ね備えています。