該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Service Gateway

Oracle Cloud Service Gatewayは、お客様のオンプレミスネットワークにOracle Cloudサービスへのプライベートアクセスを提供します。VCNに接続すると、Service Gatewayにより、コンピューティング・インスタンス、クラウド・ストレージ、コンテナ、データベースなどのOracle Cloudサービスへの安全なプライベート接続が可能になります。

Service Gatewayの機能

Oracle Cloudへのプライベートアクセス

ネットワークトラフィックがパブリックインターネットを回避

Oracle Service Gatewayは無料で利用でき、顧客の仮想クラウドネットワーク(VCN)からOracle Cloudへの安全なプライベートアクセスを提供し、ネットワークトラフィックをパブリックインターネットに公開することなく50以上のOracle Cloudサービスにアクセスできるようにします。オンプレミスホストはプライベートIPアドレスを使用し、トラフィックは仮想プライベートネットワーク(VPN)またはFastConnectを介してOracle Cloudにルーティングされます。

設計により分離

従来のデータセンター・ネットワーク内と同様に、顧客はVCNとService Gatewayを使用して、Service Gatewayエンドポイントに合わせて分離されたサブネット、ルートテーブル、およびステートフルファイアウォールを作成します。その結果、消費者からサービスへのプライベート接続(C2S)は、パブリックインターネットを経由することなく確立されます。

簡素化された導入と管理

簡単設定

お客様は、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)コンソールを使用して、わずか5回のクリックで数分でサービスゲートウェイを作成できます。追加のService Gatewayアクセス方法には、Command Line InterfaceとOCIAPIが含まれます。

ネットワークの変更に適応

Service Gatewayは、新しいサービスの使用とネットワークトポロジまたはIPアドレスの変更に対応するように自動的に適応します。IPアドレスを使用してルートとセキュリティルールを構成する代わりに、Service GatewayはClassless Inter Domain Routing (CaIDR)を使用して、プライベートネットワークノードを介して要求とトラフィックをルーティングします。

エンドツーエンドのネットワークセキュリティ

分離されたネットワーク仮想化

Oracle Cloud Infrastructureのセキュリティファーストアーキテクチャの基本要素である分離されたネットワーク仮想化で攻撃を防ぎます。カスタム設計されたSmartNICは、ソフトウェア定義のネットワークを使用してネットワークトラフィックを仮想化し、ホストからネットワークの制御を取り除きます。

最大セキュリティゾーン

Oracleの最大セキュリティゾーンにより、オラクルは、ベストプラクティスのセキュリティポリシー施行を初日から自動的にアクティブ化した最初のパブリッククラウド・プロバイダーであるため、お客様は設定ミスのエラーを防ぎ、ワークロードを安全に導入できます。

Oracle Cloud Guard

Oracle Cloud Guardは、日常業務の場合、構成とアクティビティを継続的に監視して脅威を特定し、すべてのOracle Cloudグローバルリージョンで脅威を修正するように自動的に機能します。Oracleは、追加費用なしでクラウドセキュリティ・ポスチャ管理ダッシュボードを提供する唯一のクラウドサービス・プロバイダーであり、応答を自動化して顧客のリスクを迅速かつ効率的に削減する多数の構築済みツールを備えています。

サポートされているクラウドサービス

Service Gatewayアクセス

50を超えるOracle Cloudサービスは、Service Gatewayを介してVCNのプライベートサブネットからアクセスできます。Service Gatewayについて詳細を確認する。

追加のネットワークゲートウェイ

Oracleは、特定のネットワーク要件に対応するため、4つの追加ゲートウェイをお客様に提供しています。

  • Internet Gateway:サブネットにインターネット上のパブリックエンドポイントへの直接アクセスを提供します。接続は、サブネットまたはインターネットから開始できます。
  • Network Address Translation (NAT) Gateway:VCN内のプライベートリソースが、着信インターネット接続にリソースを公開することなく、インターネット上のホストにアクセスできるようにします。接続はサブネットからのみ開始できます。
  • Dynamic Routing Gateway (DRG):VCNのリージョン外のネットワークへの接続を提供します(たとえば、IPSec VPNまたはFastConnectを介したオンプレミスネットワーク、または別のリージョンのピア化されたVCN)。
  • Local Peering Gateway (LPG)同じOracleリージョン内のピア化されたVCNへの接続を提供します。

Oracle Service Gatewayのユースケース

  • マイクロサービスアプリケーションを主要なOracle Cloudサービスにプライベート接続

    Service Gatewayを使用して、分散アプリケーションのデータ共有のために、Oracle Cloud Infrastructure Container Engine for Kubernetes(OKE)、Object Storage、およびOracle Autonomous Database内のコンテナを接続します。

    Service Gatewayを使用したコンテナの接続の詳細を見る

  • Service Gatewayとプライベート・エンドポイント

    プライベート・エンドポイントまたはサービスゲートウェイのいずれかを使用して、VCNまたはオンプレミス・ネットワークからOracle Cloud Infrastructure内のディスクリート・サービスへのプライベート・アクセスを有効にできます。プライベートエンドポイントは、対象のOracleサービス内の単一のリソース(たとえば、Oracle Autonomous Databaseや共有Oracle Exadataインフラストラクチャ)へのアクセスを提供し、Service Gatewayは50以上のOracleサービスへのアクセスを提供します。どちらのプライベート・アクセス・オプションでも、トラフィックはOracle Cloud Infrastructureネットワーク内に留まり、インターネットを通過しません。

    Service Gatewayとプライベート・エンドポイントとの比較の詳細を見る

2019年3月12日

Service Gatewayを使用してOracle Servicesにプライベートにアクセス

Oracleのプリンシパル製品マネージャー、Vijay Kannan

Oracle Cloud Infrastructureは、柔軟で強力なサービスを幅広く提供します。Service Gatewayを使用すると、Oracle Services Network内の複数のOracle Servicesへのプライベートアクセスが可能になります。これは、Oracleのサービス用に予約され、地域のCIDRブロックのリストで構成される概念的なネットワークです。

全文を読む

始めよう


Oracle Cloud Free Tier

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、導入します。一度サインアップすると、2つの無料オファーにアクセスできます。


Oracle Cloud Infrastructureプラットフォームの概要

パフォーマンス重視のエンタープライズ・アプリケーションのコストを削減しながら、パフォーマンスとセキュリティを向上させます。


Oracle Cloud Infrastructureのクラウド・トレーニング

Oracle Cloud Infrastructureトレーニングビデオ、セルフペース・ラーニング・ラボ、認定などのクラウド・トレーニング・リソースをご覧ください。


Oracle Cloud Infrastructureの詳細を見る

Oracle Cloud Infrastructureは、パブリック・クラウドの伸縮性および利便性と、オンプレミス・コンピューティング環境のコントロール、セキュリティ、パフォーマンス、予測可能性を兼ね備えています。