該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle DNS

ドメイン・ネーム・システム(DNS)は、人間が判読できる形式の名前(www.Oracle.comなど)をIPアドレスにマッピングし、お客様のデジタル・サプライ・チェーンの最初のリンクとして機能する分散型インターネット・システムです。オラクルのグローバルに分散されたDNSサービスにより、DNSのパフォーマンス、復元力、およびスケーラビリティが改善され、エンド・ユーザーがどこにいてもお客様のアプリケーションにできるだけ早く接続できるようになりました。

Oracle Cloud InfrastructureでDNSゾーンを作成する方法について説明します。

DNSの機能

お客様のデジタル資産を最適化し、ユーザーができるだけ早くそれらにアクセスできるようにします。

DNSの応答性

お客様は、業界をリードするDNSクエリ応答時間(30ミリ秒未満)を活用して、アプリケーションとデジタル資産のパフォーマンスを最適化できます。新規のDNSレコードや変更されたDNSレコードを1分以内にグローバルにプロパゲートします。

 

 

サポートされているレコード

オラクルでは27の一般的なDNSリソース・レコード・タイプをサポートしています。これには、A、AAAA、CNAME、DNSKEY、MX、NS、PTR、SOA、TXTが含まれます。

 

 

 

信頼できるDNS

お客様は、オラクルの標準ベースの信頼できるDNSサービスを介してDNSの更新とドメイン名を管理します。このサービスでは、Webベースのプロパティに対する低レイテンシでグローバルなDNS解決と、ドメイン名のIPアドレスへの自動変換を提供します。

 

セカンダリDNS

お客様のプライマリDNSサービスへの冗長な補完としてセカンダリDNSを設定しても、重要なアプリケーションを引き続き利用することができ、エンド・ユーザーはアプリケーションにすばやくアクセスできます。

 

 

 

DDoS保護

DDoS保護機能は、一般的なDDoSボリューム攻撃に対して常に検知が有効になっている攻撃対策プラットフォームです。このサービスでは、SYNフラッド、UDPフラッド、ICMPフラッド、NTP増幅攻撃などの一般的なレイヤー3および4攻撃からの保護を提供します。DDoS保護機能はすべてのOracle Cloud Infrastructure(OCI)アカウントに含まれているため、構成や監視は必要ありません。追加費用なしで、悪意のあるアクティビティがないか24時間監視されます。

 

グローバル・エニーキャスト・ネットワーク

エニーキャスト・アドレスを指定することでDNSのパフォーマンスが最適化され、世界中で一貫したユーザー・エクスペリエンスを実現できます。エニーキャスト・ネットワーク内では、DNSリクエストに対してリクエストを行っているユーザーに最も近いポイント・オブ・プレゼンス(PoP)が応答します。そのため、可能な限り最速のDNSパフォーマンスを実現できます。

 

 

Telenor社のロゴ

北欧の大手通信プロバイダーがDNSにオラクルを選択

“実に簡単に立ち上げて作業できます。トライアル・アカウントでは素晴らしい経験をしました。ただ製品ドキュメントを読む代わりに、早い段階で製品のすばらしい感触を得ることができました。”
Telenor、システム・マネージャー、Hakon Smeplass氏


DNSのユース・ケースと利点

  • インテリジェントなトラフィック・ルーティング

    お客様はDNSトラフィック管理を活用して、ジオロケーション・ステアリング、ロード・バランシング、ASN、およびIPプレフィックス・ステアリングを実現することで、ユーザー・トラフィックをインターネットを介してインテリジェントにルーティングできます。これにより、Web向けアプリケーションの応答時間が最適化され、ユーザーができるだけ早くアプリケーションにアクセスできるようになります。このサービスは、エンドポイント監視用のOracle Health Checkサービスと統合されています。

    続きを読む

  • 高可用性

    Oracle DNSは、地理的に分散された高可用性データ・センターの個別の送電線、氾濫原、断層線上で運用され、完全に冗長な接続を複数のISPに展開して、サービスが中断されないようにします。セカンダリDNSによって、Web向けアプリケーションの冗長性が作成されます。

    続きを読む

  • 使いやすいAPI

    お客様は、DNSとWeb向けアプリケーションとの統合を合理化し、コンソール、OCI API、Terraform、および複数のSDKを使用してルーチンのDNS構成タスクを自動化します。

    DNSの使用を開始する

価格

Oracle Cloud Infrastructure DNSの価格

製品
単価
課金単位
DNSサービス(1,000個のサポート対象ゾーン、ゾーンあたり25,000レコード)

請求期間あたり1,000,000クエリ
DNS Traffic Management

請求期間あたり1,000,000クエリ
2019年6月25日

Oracle DynのDNS、Web Application Security、およびEmail DeliveryサービスがOracle Cloud Infrastructure Edge Servicesと完全に統合

オラクル、製品マーケティング担当副社長、Ashish Mohindroo

DynとZenedgeの買収以来、Oracle Engineeringチームは、Dynの製品とサービスをOracle Cloud Infrastructureプラットフォームに統合するために熱心に取り組んできました。企業は、Oracle Cloud Infrastructure内のDNS、Web Application Security、およびEmail Deliveryサービスを活用し、クラウド・インフラストラクチャを構築、拡張、および運用するための包括的なプラットフォームでアプリケーションを強化できるようになりました。

全文を読む

始めよう


Oracle Cloud Free Tier

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、導入します。一度サインアップすると、2つの無料オファーにアクセスできます。


Oracle Cloud Infrastructureプラットフォームの概要

パフォーマンス重視のエンタープライズ・アプリケーションのコストを削減しながら、パフォーマンスとセキュリティを向上させます。


Oracle Cloud Infrastructureのクラウド・トレーニング

Oracle Cloud Infrastructureトレーニングビデオ、セルフペース・ラーニング・ラボ、認定などのクラウド・トレーニング・リソースをご覧ください。


Oracle Cloud Infrastructureの詳細を見る

Oracle Cloud Infrastructureは、パブリック・クラウドの伸縮性および利便性と、オンプレミス・コンピューティング環境のコントロール、セキュリティ、パフォーマンス、予測可能性を兼ね備えています。